忍者ブログ

「ニヒリズム……それは強さの兆候でありうる」

フリードリヒ・ニーチェ

「いったいこれはありうべきことだろうか。この老いた超俗の人が森にいて、まだあのことをなにも聞いてはいないとは。神は死んだ、ということを」

フリードリヒ・ニーチェ

「もし神の死が起こったとすれば……何よりもまずわれわれの腕に神の死骸が残される……」

ジャック・デリダ





まずは、「ニート」と言っても、その統計的実態は未だ藪の中であり、そうした統計的実態が詳らかになってもその様態は千差万別であろうことを確認しておこう。その上で、ネット上でのニートを巡る議論において、ある種のニヒリズムに陥っていると見られるニートが前景化されているように見える、というのもまた認めざるを得ない。そして、そうしたニヒリズムに陥る要因の一端が、山田昌弘が「希望格差社会」と呼ぶものにあるということも、あながちはずれた話とは言えないだろう。

学校で、職場で、家庭で、あらかじめ希望を奪われたものたち。その上、日本自体の先行きも、どう考えたって明るいとは思えない。そのくせ、メディアには「成功者たち」の雄姿が溢れ、「誰もが頑張れば成功できる」かのような幻想を煽り立てる。そして、人生が勝ち負けのアナロジーで語られ、「成功者」になれるべくもない、と悟ったものたちは自らを「敗北者」として位置づけてしまう。「働くこと」が人生における至高の価値となり、働くことから得られる対価がその人の価値となる。その「至高の価値」が「低いもの」として否定された場合、人はニヒリズムに陥るしかなくなる。

しかし、ニーチェによれば「ニヒリズム」は「受動的ニヒリズム」と「能動的ニヒリズム」に分けられる。受動的ニヒリズムは、その「至高の価値」の欠如に打ちひしがれるだけだが、能動的ニヒリズムはそうした状態を「永劫回帰」として引き受ける。「永劫回帰」とは、つまるところ、「人生そのものには、何の意味もない。それは、醜悪で、不気味で、誤謬で、虚偽で、無であり、無目的なまま、永遠に同じ形でくり返されるだけである」ということを認め、それでもそのことを全肯定してその生を生きていくことである。そして、「超人」とはそうした永劫回帰の最中、自ら価値や意味を定立していくものの謂いなのだ。

このことを、「希望格差社会」に打ちひしがれニヒリズムに陥ったニートに適応するとどうなるか? そこから帰結されることは、職能や生涯賃金といったもので判定される「勝ち負け」を振り払い、「今生きて、ある」そのことを肯定せよ、そしてその「虚無」の中で自ら意味や価値を打ちたてよ、ということだろう。そしてこれは、私が「ニートを肯定する」で語ったこととも重なる。

しかし、このことは言うほど簡単なことではない。というか、下手をすれば「凝っと受動的ニヒリズムを耐える」ことよりも困難だろう。何よりも「神の死骸=『至高の価値』を把持し続ける現実」が立ちはだかっている。だが、その「肯定」の向こうには、「ただ生きて、ある」ことの持つ晴れやかさが拡がっていることもまた確かなのである。

そこでは「希望」は、時間の向こう側(「将来に対する希望……」)に定位されるものではない。「希望」は「いま、ここ」にあるのである……。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
はやしさん、こんにちは。トラックバックありがとうございました。
それで返信やら逃げるやらにはもうちょっと時間を下さい。
それで議論を茶化すつもりは全く無いのですが、「永劫回帰」のご説明、これは以前ドゥルーズ「ニーチェ」でも読んだ記憶があって、その時は分かったような分からないような騙されたような気分になったというものですが、改めてはやしさんの説明を読んでみるとそれはうんこについても、
つまり「人生」を「うんこ」に当てはめて読んだ場合にも見事に符合するような気がして、だからなんだといわれても困るのですが。
とりあえずはふざけたつもりは全然無いのですが、正直に告白すると多少はあったのですが、このようなふざけたコメントですいませんでした。
スターリン閣下 2005/01/14(Fri)13:53:00 編集
閣下、こんちは。

いやあ、もう返信やら何やら、全然気にせんでいいですよ。つか、勉強大変なのでは?

とはいえ、これに触発されて壮大な「うんこ哲学」が開陳されたりなんかすると、おもれーなー、とは思うんで、まあ、勉学に疲れた頭を休めるときとかに、かる〜く書く程度でいいんじゃないですか、書くにしても。

そゆわけで、コメントありがとうございました。
はやし 2005/01/14(Fri)15:32:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 打倒!ニヒリズム!!
中途半端に哲学をかじった人や物事を深く考え始めた人が ほぼ例外なく一度は陥るのが 「この世の中はつきつめれば全て無だ」 「人はただ生まれて死んでいくだけだ」 「神様なんていない」 「生きることに意味なんてない」 といったニヒリズムです。 現実を見ていると 努力は必ずしも報われるわけではないし、何も悪い事を していない人が何の脈絡もなく事故や事件で死んでしまうし、 いくら神様に祈っても願いは叶えられないし、 そう考えたくなってしまうのもわかります。 まさか僕が、努力は必ず報われる、なんていうおめでたい事を 信じているわ...
URL 2005/04/07(Thu)15:19
» 『キリスト教は邪教です!』
ニーチェの現代語訳 『キリスト教は邪教です!』が講談社新書の三日間の売上げで第1位になりました。ありがとうございます。  好評の連絡がたくさんきました。この場をかりて、お礼申し上げます。...
URL 2005/04/22(Fri)15:28
» <私>という統合的な概念
昨日も、ギャンブルはお休み。 ジャスコに行って、ごはんを食べながら、仕方なしにタバコの吸えないスタバでコーヒーを飲みながら、ドゥルーズ「ニーチェ」のニーチェ選集の部分を読む。ニーチェ本人の言葉をたどりながら、さて、「永遠回帰」の意味がわかるのだろうか。 この本でだめだったら、ニーチェのほかの本を読んでみる? 永遠回帰と反復−−え? ドゥルーズの「差異と反復」を読む? どっちも、楽しそうには思えない。 ジャスコを出て、携帯からお店に電話して、イトーヨーカ堂に行って、マックで100円コーヒーを買って、コーヒー...
URL 2005/07/26(Tue)09:33
» マリリン・マンソン VS ニーチェ 第二戦 2003.6.X 初出
というわけで、マリリン・マンソンが ニーチェを読んでいた事を僕は発見したのです。...
URL 2005/07/26(Tue)22:45
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]