忍者ブログ

隊長のニート投稿(その1その2)に端を発する、ここのところの一連のニートを巡る記事を読むと、語る側と語られる側が、「ニートである、ということは問題だ」という視点を概ね共有しているように 思える。語る側は「お前ら社会に迷惑かけとる! 働けるんなら四の五の言わずに働け!」と言い、もう少しニートに歩み寄った語り手 は「そういう君たちも働けるように、この社会をどうにかして……」と言う。かたやニートは、「働きたいんだけど、働けなくて……」と 言葉を詰まらせるか、「自分はなぜ働けないか」について滔々と語り始める。でも、ニートであることは、社会にとっても、そして本人 にとっても、それほど問題なのか? 社会も、ニート本人も、ニートをニートのまま肯定することは出来ないんだろうか? そういう夢物語のような、でも何かしら景気のいい話の展開をさせている人はいないかな、と思って、隊長のニート投稿についたTBを見ていったけど、そういう記事には出会えないまま、メンドクサくなって挫折。しようがない。浅学非才とそもそものムリを承知で、わたくしめが、と名乗りを上げた次第でございます。(念のために付言しておくと、当の隊長は、さすがに、というかなんというか、「無業者の持つ光の面」という表現で、「ニート肯定」への道筋も示唆しております)

まずは、自身はニートではなくニートを問題とする人は、いったい何を問題視しているんだろうか? ニートから「下層階級」に転落した ものたちが引き起こす治安の悪化や、国の財を食いつぶすフリーライド行為といった、社会的・経済的なもの? それとも、「ニート問題 」をうまく捌けない社会の「犠牲者」として、ニートを不憫に思って? 前者に関しては、それってどれぐらい実証的な裏付けがある危惧 なの?という観は免れないし、後者に関しては、「働きたいけど、働けない」ニートってのは、「やりたいことはあるけど、できない」か「やりたいことがわからない」か、それ以外の、本当にどうすることもできない「生粋のニート」、という人たちであって、最後の類以外はある意味「自発的」にニートを選択しているともいえるわけで、それだったらほっといたら?と正直思ってしまう。「働きたい」とは思っているわけだし、その人たちがニートを脱することに社会がかけるコストが、果たして適正に社会に還元されるか、ということも限りなくアヤシゲだし。そう考えると、そんなに問題なのかなあ、と思うのだ。

それだったら、悶々としているニートたちは思い切って、「いずれはどうにかして社会復帰」というケチくさい考えを捨てて、今ある境遇 を全肯定してみたらどうだろうか? さらには、ニートがニートであるだけで非難ムードが漂ってしまうことが因ってきたる「労働」を否 定してはどうだろうか? だって、時間をもてあまして、かつ考えがその場でぐるぐる回りながら悶々としてるんでしょ? なら、その時 間を「ニートがニートのまま肯定される社会」の構想のために振り充ててはどうだろう。今のままの考えでいくと、どの道先行きは暗いん でしょ? だったら、一か八かの「一」を取りにいくってのもありなんじゃない? ここはいっちょ、ニートの四類型のうちの一つである 「ヤンキー型」(反社会的で享楽的。「今が楽しければいい」というタイプ、だそうです。でも、「ヤンキー型」って類型があるってこと は、隊長! 「族上がりニート」がいるのかもしれませんぜ!)に徹してさ。

って、チラッと思ったんだけど(ごめんなさい。やや逃げ打ってます。すんませんねえ、ヘタレで)、こういうことをネグリ系の人たちと かが、アウトノミア運動と絡めてアジる、って筋書きがもっと見られてもいいのに、全然だねえ。「ニート ネグリ」とか「ニート アウ トノミア」とかでググってもさっぱり。せいぜい、某分厚い本を書いた人が慶応でやってるゼミに提出された、くっだらねー、というか、 こんなんで点くれたわけ?ってなレポートぐらいが関の山で。もっとさあ、だめ連の人たちが復活したり、高円寺ネグリ系の人たちが暴れ まくったり、(そもそも日本にはあんまりいないけど)シチュアシオニストかぶれの人たちがしゃしゃり出て来たりして、もっ と楽しませてくれよお、とおもう。何か、ほら、違う展開が見えるかもしれないし。

あと、意外だったのが、ベーシック・インカム(「生きてることに賃金を!」という感じで、すべての人に無条件で最低限の所得を保障しよう、という構想。小沢修司『福祉社会と社会保障改革』によると、一人当たり月額8万でいけるそうです)を持ち出してニート擁護・肯定、って人がいなかったこと。ま、そもそも「肯定」ってひとがあんまいないんだけど。

でも、正直にいうと、何がどうあれ、どうでもいいなあ、というのが偽らざる感慨。そういう私は「働きたくないから、働かない」ニートです。


関連書

ネグリ関係
ネグリ/ハート 『帝国』
矢部史郎/山の手緑 『無産大衆神髄』
『現代思想 2003年2月号』(ベーシック・インカムについての、非常にいいサーヴェイ、山森 亮「基本所得」も所収)

アウトノミア関係
ハキム・ベイ 『T.A.Z. - 一時的自律ゾーン』

シチュアシオニスト関係
アンテルナシオナル・シチュアシオニスト 『アンテルナシオナル・シチュアシオニスト 1巻 2巻 3巻 4巻 5巻 6巻
ギー・ドゥボール 『スペクタクルの社会』

ベーシック・インカム関係
小沢修司 『福祉社会と社会保障改革』

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
 あちらでコメントありがとうございます。私も20代前半にエフスキーはしかに罹った一人でして、文庫化しているものは全部読んでます。地下室の手記の特に前半部分と悪霊の前半なんかは最高に好きでした。なもので、ああいう文脈になるとそんな言葉を使いたくなるのはもう性というか病気みたいなもんですね。
 一連のニート議論に関しては、もうあらかた言い尽くされたし私は特に言う事もないし、ゴミ箱さん所に書かれたはやしさんのご意見に禿同って感じです。
めむひ 2004/12/24(Fri)07:51:00 編集
めむひさんへ。

あちらでのコメント、差し出がましい、というか、いきなり横合いから失礼だよなあ、とは思いつつも、言わずにはおれませんでした。「ドストエフスキーも読んでないのかよ、ケッ」とはもちろん思いませんが、めむひさんのあのコメントの書き方からして、明らかにポエティックというか、ある種のフィクティヴなものを孕んだものなのに、それに気づかないなんて……という感じです。

ニートを巡るあれこれ、ですけど、ほんとは議論をしていたってしようがないんですよねえ……。ただ実践あるのみ、とまでは申しませんが、私も「どうすればみんなが楽しく愉快に人生を送れるか」について、考えるべきは考え、やれるべきはやる、ということを、ほそぼそとでも続けていきたいと思います。今後の趨勢としては、ネットでよく見られる一過性の盛り上がり、ということで、この議論も風化していき、誰もそれを省みなくなるのでしょうが、だからといってニートもそれにつれいなくなる訳ではないのですから……。
はやし 2004/12/24(Fri)09:04:00 編集
オイラが問題視してるのは、非就労者の親たちや兄弟たちがかわいそうだということです。

その心労を考えたとき、胸が苦しくなります。

「こんな風に育ててしまった自分が悪いのか」
「この先自分が倒れたらどうなるのか」
と、常に思い続けるのは重圧で、「楽しく愉快な人生」とは言えません。

兄弟なら、そんなのが身内にいることが心配で、好きな人との結婚に踏み切れないといったケースも聞きました。(特に兄や弟が非就労者の女性)

これが果たして楽しく愉快でしょうか。

オイラがあつかましいと思いつつも、首を突っ込んでいくのは、こういう痛みがあるからです。

失礼いたしました。
くぬ 2004/12/24(Fri)13:08:00 編集
くぬさんへの返事、コメントで投稿するにはちと長すぎるものになってしまったので、新しいエントリとして投稿します。そちらをご覧ください。
はやし 2004/12/25(Sat)05:54:00 編集
 ご来訪、コメント有り難うございました。
 幾つかTBさせて頂きます。
れんや 2004/12/25(Sat)08:35:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» またまた、ニートについて
切込隊長の記事からたどった「ニートを肯定する@はやしのブログ」を読んで思った。 別にニートはニートのままでいいんじゃない? 多くの人はこういう考え方をしていると思う。 世の中には、ちゃんと仕事しているいわゆる「普通の人」がいて、 それに対して働かない「ニート」ってのがいる。 ニートは普通の人になるべきであって、 彼ら自身もそれを望んでいるはずだ。 日本人は自分と違う種類の人間を非難したがる傾向がある。(偏見50%) だからニートに関しても適当な理由をひっぱってきてあーだこーだ言ってるだけなんじゃないの? ま、...
URL 2004/12/23(Thu)16:54
» 国益だって・・・どーしましょ
 国益ねえ。 某所によると我々プロ奴隷、しかしセンスねえネーミングやね、罵倒目的なんだからしょうがないけど何とかならんか。対義語なら”プロ”が被ってるのも美しくない。が大好きなんだそうだけれど、正面切ってこれを論じる、まあネタにする、とトーンダウンしと...
URL 2004/12/25(Sat)08:37
» ヒトゴロシハイケナイコトデスカ
 あたりまえじゃヴォケ。何なら御前から殺してやろうかとギャクギレする前にもう一歩踏み込もう。「では、人間以外なら殺してもいいのか」、と。 岩本隆雄氏の「星虫」じゃないけど、本来、「殺す」能力は捕食行動の必要から与えられたものだ。だから先の問いで「ベジタ...
URL 2004/12/25(Sat)08:42
» ニートだけか、生き方の迷い子たち [ブログ時評01]
 2004年5月にフリーター問題の陰に隠れて見えなかった働かぬ若年層「ニート」(NEET:Not in Employment, Education or Training)の存在が表面化し、秋になると各種の統計データが出され、ブログの世界あちこちで議論が盛り上がっている。厚生労働省のまとめでは2003年現在、15〜34歳層で、フリーター217万人、働く意欲はある失業者164万人に対し、働くことも学ぶことも放棄しているニートは52万人とされる。  最新のヒットは「R
URL 2004/12/26(Sun)16:44
» ニートとか メモ程度に
それではやしさんなどのニート関係のエントリー http それでアウトノミアなるものをネットで調べてみると、要するに辛くて辛くてしょうがない過酷な労働やら家事やらの一切放棄しようみたいな大衆運動のことかと理解しました。 でもそれすら拒否しちゃったらどうやって食べていくんだろうとかいう疑問も生まれますが。エミネムみたいにみんながみんな工場労働しながら詩を書...
URL 2004/12/29(Wed)23:49
» 引きこもり、NEETなる言説の意図---そこに張り巡らされた微視的権力のいやらしさ
◆TB先のめむひぱにげさんのNEET論読ませていただきました。同氏は自分を自己の殻を破り、堂々と分析のまな板に自己をのせ、こう言い放ちます。 「劣等感や肥大した自己や愛情への飢えや自己評価値の低さや自信のなさ」が引きこもりの一因だと。実に冷静にご自身を分析されています。  私はこの「引きこもり」や「NEET」という言説を生み出した側の意図が見えてしまい、それに右往左往させられたり、あたかも国民的危機を惹起する解決しなければならない最重要議題であるかのような今の私たちをからめとろうとする微視的な権力(フーコ...
URL 2005/01/10(Mon)07:07
» NEETなる言説の意図---そこに張り巡らされた微視的権力のいやらしさ(一部差替版)
◆TB先のめむひぱにげさんのNEET論読ませていただきました。同氏は自分を自己の殻を破り、堂々と分析のまな板に自己をのせ、こう言い放ちます。 「劣等感や肥大した自己や愛情への飢えや自己評価値の低さや自信のなさ」が引きこもりの一因だと。実に冷静にご自身を分析されています。  私はこの「引きこもり」や「NEET」という言説を生み出した側の意図が見えてしまい、それに右往左往させられたり、あたかも国民的危機を惹起する解決しなければならない最重要議題であるかのような今の私たちをからめとろうとする微視的な権力(フーコ...
URL 2005/01/10(Mon)10:01
» ニートをめぐって
 最近「ニート」という言葉を知りました。「働かない」人のことのようです。詳しいことはわからないのですが、以前かかわったことがある「登校拒否」と同根の問題であると直感的に理解しました。たまたま、ぽいんつさんという方の記事が目にとまり、ちょっと気になることが書かれていたのでコメントしたのですが、結局私の考えを文字にしてゆくと、まとめても長いものになってしまったので、TBという形にさせていただきます。一読いただければ幸いです。  ぽいんつさんは、ニートの人たちが働かず、税金すら払わないのに、あれこれ主...
URL 2005/01/10(Mon)11:32
» NEETに対して肯定? 否定? おいらの立場を説明し忘れていた。
◆ここ数日なんだか盛り上がっていた「NEET」に関する皆様のBlogの中で、はやし氏が書いたBlogの題名が『ニートを肯定する』という、ある意味非常にわかりやすい、読み手にとってありがたい表題がついてました。  同氏のその文章を精読すると、実は「ニートをニートのまま肯定することは出来ないんだろうか?」という希望的意見なんだよね。でもバイアスとしてはそういう風にできないのかという可能性を模索する方向で書いているので、同氏の立場は基本的には「NEETに対して肯定」と読み取れる。少なくともおいらには。  ひるがえって...
URL 2005/01/11(Tue)20:23
» ロバート=キヨサチ、『金持ちニートん貧乏ニートん』を出版
 ロバート=キヨサチは、新著『金持ちニートん貧乏ニーとん』を執筆し、出版業界の注目を集めている。2000年発売のサヨキチ氏のベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』では、不労所得により毎月の給与をまかなえるほどになれば、労働から脱し資本家としての道を歩めると...
URL 2005/04/01(Fri)14:26
» NEETという言葉について
下で出てきたNEETという言葉。 この言葉について補足したいことがありますので書いておきます。 僕はこの言葉があまり好きではありません。 NEETとは(Not in Employment,Education or Training)の 頭文字をとったもので、 直訳すると 〓仕事もしてない〓教育も受けてない〓職業訓練も受けてない という事になります。イギリスでできた概念の輸入だそうです。 ちょっと考えて欲しいのですが、全部否定で語られる概念って 変じゃありませんか? こんな例はどうでしょう? あるケーキ屋さんが新製品のケーキを開発しました。 「どんなケーキ...
URL 2005/04/07(Thu)15:14
» 寒い晩といえば〜トーゼン、、親友のニートからの復帰♪
デビュー+1 ここで、私の親友S君(31歳)を紹介します。 Sとは、建築の仕事で知り合ったガテン系の元ボクサーである。 ヤンチャで、神戸のスナックでヤクザ屋さん4人に因縁をつけられ、ボクシングでノックアウトしたほどケンカも強い。 相手の前歯まで折ってしま....
URL 2005/11/29(Tue)20:40
» 郵便局の親切な不親切・・・便利だけれど不便なモノ・・・そしてニート
昨日ポストに投函されていたピンクの不在通知を持って、今朝、郵便局にゆうパックを取りに行ったら、「配達に出ています」と言われました。 よくよく紙を見ると、翌日、翌々日に再配達を行うという内容が書かれているではありませんか。 以前はゆうパックというと、配達の不在通知を持って直接郵便局に出向くか、再配達の希望時間を電話連絡するものと決まってましたので、今回もそのつもりで取りに行ったんですが、いつの間にシステムが変更されたのでしょう?システムが変わったのならもっと大きく書いていただかないと、いつ、どの部分...
URL 2005/12/12(Mon)01:25
» ニートについて
昨日、ゆうパックを届けに来た自家用車のオジサンのお話を最後に書きました。 ただ、お年寄りというわけではありませんでしたので、シルバー人材センターあたりからの派遣ではないと思われます。 >夜間配達をやめてもっと早く家に帰れたならば、家族団らんのひとときを過ごすこともできるでしょうに(´・ω・`) 郵便局はまだ身分保障があるだけマシな職場といえるかもしれませんが、晩婚化・非婚化・少子化が進む背景には、時間帯も季節感も無視して長時間、安月給で勤務を続けなければならない負け組職場の存在があるような気がしてなりま...
URL 2005/12/12(Mon)11:44
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/23 ブランド激安市場タグ・ホイヤー]
[07/19 ウブロ 時計]
[07/18 ロレックスブランドコピー]
[07/18 ウブロ激安ブランド館]
[07/17 pixel gun 3d cheats download]
[07/16 高級ブランド時計コピー]
[07/15 ロレックスブランドコピー]
[07/15 Ann Weaver]
[07/01 はやし]
[07/01 はやし]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]