忍者ブログ

世界一ドラムがうまいのって吉田達也なんじゃないか、と思うことがときどきある。

上に挙げたのは、吉田氏があらかじめ作った上ものに、ライブ会場でドラムをかぶせるという形態のRUINS Alone(ひとりRUINS。これにベースも加わる、「Alone」ではないRUINSは、過去に何回か見たことあり)での演奏なんだけど、曲のべらぼうな複雑さにもかかわらず、ほんと「やすやす」といったふうにドラムを叩いてる様子は、一種「神懸かり」的でもある。

ただ、おれがじっさいに見たなかでいちばんすごかったのが、「RUINS Alone」としてではなく、ソロの「吉田達也」名義でのステージで、そこで彼は、片手で上もの(シンセ)を操作しつつ、残った片手と両足でドラムをプレイしてたんだけど、その「ハンデ付き」のドラムプレイですら、ふつうの人よりも手数がよゆうで多いプレイだった。

手数が多ければ「いい」、あるいは「うまい」とはいちがいに言えないけど、でも、これぐらいの境位に到っちゃうと、やっぱり圧倒される。もしお近くで吉田氏がからむ何か(RUINS AloneやRUINS以外にも、吉田氏は数多くのユニットでドラムを叩いている)がライヴをすることがあれば、ぜひ見に行くことをおすすめします。

ちなみに、吉田氏の、トータルでのベストプレイが聴ける音盤は、YBO2のAlienation とRUINSの初期音源集1986-1992 所収のトランスから出た1st(あるいは、Shimmyからの2nd)、だと個人的には思う(じつに古くさいセレクトではあるけど)。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
吉田達也はすんごいですよねぇ。僕は音源も持ってなくてYouTubeや他で動画で見たことしかないのですが(ヤフオクみたら結構でてるんで買おう)、異常なほど叩いて叩いて叩きまくってますね。ヒステリックに思えるのにデタラメじゃないってのは、不思議と快感があります。
長谷部 2008/01/21(Mon)03:19:00 編集
ほんと、吉田達也はすごいよ。そして、その「すごさ」は、いみじくもべーやんも指摘しているように、たんに手数が多いだけの「でたらめ」ではなく、異様なほど決め打ちなところも資すること大、だと思う。これは、山本精一も言ってたけど、「たんじゅんに恣意的なのはあんまクるもんがなくて、即興と決め内の合の子、これがいちばんおいしい」というのにも通ずるな。「でも、吉田達也はぜんぜん即興じゃないじゃん!」と思われるかもしれないけど、内橋和久とのインプロ作品は、まさに「即興と決め内の合の子」の嵐のような作品なんで、これも機会があればぜひ。
はやし 2008/01/21(Mon)10:58:00 編集
訂正。分かるとは思うけど、文中2度ほど出てくる「決め内」は「決め打ち」のことね。
はやし 2008/01/21(Mon)11:01:00 編集
デニス・チェンバース や デイヴ・ウェックルと比べても負けてないですね。 ここいらと比べてみたくなるくらいなので、「日本一」は絶対に間違いないでしょうね。音だけ聞こえて手が消えちゃうのは流石だなと思います。
兄貴(of ARAI師匠) 2008/01/22(Tue)05:41:00 編集
デニス・チェンバースとかデイヴ・ウェックルって、レコ屋さんの棚構成で言うと、いっぱんに「フュージョン」とかそこらに配架されてる人たち、ですよね?(ちがうかな)おれ、前にも言ったことがあるかもしれませんが、フュージョンってちょっと(だいぶ?)苦手で、構造的に言えば、いわゆる「プログレ」と呼びならわされる音とそれほどのちがいはなかったりするにもかかわらず(プログレに関しては、言うまでもなく、「相当好き」と言ってもかまわない、と思います)、トータルでの音像が受け付けられない、んですよね。ゆえに、デニス・チェンバースもデイヴ・ウェックルも、それと自覚して聴いたことがないので何とも言えませんが(いまPCのHDを漁って、デニス・チェンバースが参加してると思しきジョン・マクローリンの音盤と、デイヴ・ウェックルが参加してると思しきチック・コリアの音盤を聴いてみましたが……やっぱりダメでした)、でも、フュージョン系とか、そしてプログレの人とか、うまいドラマー多そうですよねえ(プログレくくりですぐに思いうかぶ人で言うと、もちろんビル・ブラフォードとか、何より、吉田達也も影響を受けているクリスチャン・ヴァンデルとか)。ただ、やはり、吉田達也がそういう人たちに比べてもすごいのが、こんだけ叩きまくってて、かつ、それと同時に、CCBばりに歌もうたっちゃってること、ですねえ。しかも、歌に関してもデタラメうたってるわけではないですし。
はやし 2008/01/22(Tue)13:22:00 編集
訂正。「ジョン・マクローリン」は、当然ジョン・マクラフリンのことです。「マクローリン展開」とか、その手のことを日ごろ頭におきすぎているゆえのまちがえかと。
はやし 2008/01/22(Tue)13:27:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/28 ウブロ激安ブランド館]
[07/28 adidas running shoes women]
[07/28 韓国ブランドコピー時計]
[07/28 gennick[Kifiquqibunoocgi]]
[07/28 adidas x tubular]
[07/28 adidas white cleats]
[07/28 360 frontal]
[07/27 ブランド激安市場時計激安]
[07/27 AlbertRox]
[07/26 adidas neo lite racer mens]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]