忍者ブログ

言葉が上手く出てこない。

もちろん、いつもだって、何かを言おう、というときには、それをどう言ったものか、ということに呻吟するわけだし、そもそも、言うべき「何か」を見つけるのに苦労するわけだが、というか、言う「べき」とつよく主張されるような何ごとも、おれのなかからは出てきやしないので、どうしようもない。

ただ、いつも、と言うのははばかられるにしても、ふだんはそれなりに、何らかの題材をでっちあげさえすれば、あとは、読むべきは読み、調べるべきは調べて、何とはなしに何かを言っている「かのように」みえる一文を書くことは、それほどむずかしいことではない。以前に言ったように、文章を書く、というのは、ほとんど技術的な問題であり、書かれるべき「何か」さえ定まってしまえば、あとは「文章」という容れ物に入れるだけ、なのだから。

そういう「容れ物」さえも毀たれたような、言葉はたしかにそこにあるのだけど、その言葉と自分との重心が2ミリほどずれているような、そんな失語状態に陥るときが、たまに、ある。語彙の選択、句読点の位置、段落の分け方など、すべての文章作成技法にかんして、拠ん所ないきもちになり、言葉が流砂となる。

こういう失語状態のときに、たいていの人がリファーするのはドゥルーズの『消尽したもの』と相場は決まっており、おれもそうした顰みに倣おうと(ちなみに……この「顰みに倣う」という言い回しは、その「倣う」べき行いの意図がよく分かっておらずに、にもかかわらずそうした行いをする、という意が原義であり、つまり、おれもなぜそうするのか分からずに、この『消尽したもの』を持ち出そうとしているのだが、ともあれ)書棚を漁ってみるのだが、あいにく見つからない。Helas!とちょっと気どってつぶやきながら(『暮らしの手帖』のなかにある「ちょっとしたヒント集」のようなコーナーで、「詩をちょっと気どって朗読すると、思いのほか楽しいので、やってみてはどうか」と、頓痴気と言えば頓痴気な提言がなされていた……)、何が書いてあったのかを思い出そうとする。

たしか、ドゥルーズは「消尽epuiséは疲労fatiguéとは違う」ということから語りおこし(ちなみに……このように、よく似ている、と考えられる二者A、Bを持ち出し、でもそれらは違うんだ、と言うやりくちは、ドゥルーズにあってはおなじみのものである。たとえば、『プルーストとシーニュ』における「記憶mémoire」と「思い出réminiscence」、『アンチ・オイディプス』における「メカニックなものméchanique」と「マシニックなものmachinique」……)、そうした「消尽」という状態からベケットの言葉は繰り出されている、という筋書きだったと思う。

とするなら、おれのこの失語状態は「消尽」からのものではない。なぜなら、消尽するほど言葉を使ったとは、とても言えないから。それでは、「疲労」なのか? いや、それも違う。睡眠も十分に摂り、飯もたらふく食い、おまけに糞まで放ったところだ。それにしても、なぜ、おれの腹はいつもゆるいのか? いや、そもそも、「ゆるい」のは「糞」であって、「腹」ではないはずだ。腹はむしろしまっている、というか、「ゆるい」とか「しまっている」とか、そういう形容が冠されるべき「肉」それ自体がない……腹筋でもするか。いや、運動はめんどくさいな。それ以前に、腹筋をするような「場所」がない。いや、あるか。でも。



こうして言葉は空転する。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
単なる言語環境変化を伴ったタイムラグかも。私は翻訳作業をやって、どうにかこうにか対応しとります。肉体的エヴォルーションのほうは、年齢かもね。スイミングとヨガをお勧めします。ども。
猫屋 2007/01/30(Tue)08:37:00 編集
猫屋さん、ご助言はありがたいのですが、ここで言われているのはそういう話ではないのですよ。
はやし 2007/01/30(Tue)08:57:00 編集
冬によくみられる「うつ症状」とかはないでしょうか? この年のいつもこのくらいの時期にといったようなことはあるんでしょうかねえ?
島田 2007/01/30(Tue)11:52:00 編集
>言葉が流砂となる。

にもかかわらず、言葉をパラパラ落とすと砂山みたいにかたちが形成され、そのかたちが逆に何らかの意味をはらんでしまう。

おれは、ときどき対象のない破壊衝動に包まれます。
ケイタロウ 2007/01/30(Tue)16:58:00 編集
カテゴリーが<電波>なのが楽しい。科学もプログラムも枯れなきゃ安心して利用できないんだけど…それは伝統あるいは歴史に刻印されたことを意味する。先端的な仕事をしたい人には痛し痒し。
藤崎達哉 2007/01/31(Wed)06:02:00 編集
「言葉の小恐慌」に関しては、時期を問わずけっこうしょっちゅうですね。ただ、ときに「大恐慌」がやってくることがあり、これはちょっとしんどいもんです。これも、たとえば季節の変わり目とか、そういう定期的なものではなく、いつも不意打ちなのでたちが悪い。とはいえ、大勢に影響なしなので、心配無用、であります。
はやし 2007/01/31(Wed)08:27:00 編集
人間というのは、本性的に、と言っていいのかどうかよく分からないにせよ、取り立てたる意味情報もないところからでも意味情報を読みとってしまう生き物なので、そういう「砂山」には隠されてある「深遠」な何かがある、もしくはそこまでいかずとも、解釈者を離れて「砂山」それ自体に意味がある、というのは、湖はたんなる湖なのに、その湖がこちらを見ていると思い込むようなもんですよ。
はやし 2007/01/31(Wed)08:33:00 編集
カテゴリーが「電波」……そこに、このエントリの真意がこめられてる、のかもしれません。
はやし 2007/01/31(Wed)08:34:00 編集
言葉が出てこないなんてのは、私にとっては日常茶飯なので、「Helas!」と呟きうろうろする姿を想像しながら、比べるべくも無いけど、はやしさんもかァと安心したりして。
で、意味付けってことで、ツボに入って笑っちゃったのが、「はい、人は魂をもっています。でもそれはたくさんのちっちゃなロボットでできているのです。」というジュリオ・ジョレッリの言葉。
Sita 2007/01/31(Wed)19:16:00 編集
正確に言えば、言葉自体は出てこないではないんだけど、それが自分の身にフィードバックしてこないと言うか、ものすごく空疎なものに思えてしまう、という感じかな。

もちろん、じゃあそういう「失語状態」でないときは、書いていて思わず身が震えてしまうような、「何か」が充填されたものを書いているのか、と言われれば、全然そんなことはないんだけど、ただ、「失語状態」時の自分の言葉に対する「心ない」感じは、有意につよいな。

で、ジュリオ・ジョレッリ、たしかデネット本で名前を見かけた覚えがあるけど、じっさいのところ誰なんだろ?
はやし 2007/02/01(Thu)09:30:00 編集
そうなの。検索してもデネット本の中の引用しか出てこないのだけど、唯一 Yahoo Italiaで探したら、
Giulio Giorelli (professore di Filosofia della scienza)
Sita 2007/02/01(Thu)13:35:00 編集
ふうむ、科哲の人ではあるのか……のわりに、"Candelai ed eroici furori"っつうのは論文のタイトルだと思うんだけど、それは全然科哲っぽくないのもふしぎだ……。
はやし 2007/02/02(Fri)14:18:00 編集
なんで、チャンドラーなのかよけい興味津々。
Sita 2007/02/02(Fri)16:32:00 編集
ねえ?
はやし 2007/02/03(Sat)01:23:00 編集
みーつけた! って、しつこいんだけど、Giorelliじゃなくて多分Giorelloかと思うのだが。
同一人物だろうか・・・・・・。
<a href="http
<a href="http
<a href="http
Sita 2007/02/03(Sat)15:58:00 編集
おお! すばらしい! これは間違いないでしょう。でも、publishしているのはほとんどイタリア語で、なのか。うむむむむ。
はやし 2007/02/03(Sat)16:27:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]