忍者ブログ

プリントアウトしただけで読んでないんだけどな。



一応リンク張っときますけど、学外からアクセスできるかどうかよく分からんので、もしリンクが有効でない場合はすんません、つことで。

  • Amartya Sen, "Sraffa, Wittgenstein, and Gramsci", Journal of Economic Literature (Dec., 2003)
    センさん、何ひそかにオモロそうなもん書いてまんのや!という一編。スラッファとウィトゲンシュタイン、という結びつきはけっこうよく語られるところだけど、ここにグラムシをからめてきたのがミソ、かな。
  • Mark van Atten and Juliette Kennedy, "On the Philosophical Development of Kurt Gödel", The Bulletin of Symbolic Logic (Dec., 2003)
    「フッサールとゲーデル」という副題が付けられててもおかしくないような一編。ビブリオ含めて50ページほどの力作。これはかなりオモロそうですよ。
  • Martin Davis, "What did Gödel Believe and When did He Believe it", The Bulletin of Symbolic Logic (Jun,. 2005)
    ゲーデルの哲学的立場、つまり、そのプラトニズム、について。上記のものに比べると、やや小粒な印象は免れえないけど、範囲が絞られている分読みやすそう。



あと、ちなみに、このあいだ「理想の世界、について」でサマライズしなきゃ、と言っていたのは、つぎの論文。

  • Sven ove Hansson, "Ideals Worlds: Wishful Thinking in Deontic Logic", Studia Logica (Apr., 2006)
    「理想の世界」というタイトルだけで内容を判断したらほぼ確実に外すこと間違いなしな一編。それなりにテクニカル、なんで、少なくとも様相論理の基礎的な知識は必須、でおじゃりまする。だから、このあいだいきなり、このペーパーについて口頭発表しろ、と言われたときは、けっこうあせった。おかげで、論理学の基本(シンタクスとセマンティクスの区別、とか)と、様相論理の基本の基本の一歩前ぐらい(可能世界意味論を中心に)を駆け足で解説し、何とかつつがなく発表を終え、同級生にもlike a professorと好評(?)でありました。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]