忍者ブログ
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
文系は比較すること自体失礼でしょう。
ねえ、彰君!
Kaizer Soze 2006/05/16(Tue)19:43:00 編集
でも、スゲーなあ。こんなくだらないこと、「真面目に」やってんだから。さすがの私も負けました。w
Kaizer Soze 2006/05/16(Tue)19:51:00 編集
いや、これ、敬服に値しますよ。とくに、折田像撤去後のハリボテがいい。

それに、大学当局の対応も、それなりに粋じゃないですか。これが東大だったら、たぶんこうはいきませんよ。
はやし 2006/05/18(Thu)03:16:00 編集
確かに、当局の対応では、そうかもしれませんね。
しかし、自由すぎるのと、怠慢こいてラクチンできる ってのは、違いますからね。
あそこは、結構、実績をあげている理系はキツイのに、ほんと、実績がいまいちな 文系はどちらかといえばラクチンすぎるでしょう。ねえ、彰君、彰君。
そいで、この偽胸像立てたり、色塗りしたりしているのは、おそらく時間を持て余してる文系の連中だと思います。 主犯は彰君?? いや、彼はもはや当局側か。w
しかし、それにしても、「立看板にヘルメット」も消えて、なんと紳士的な当局と、学生なのか。
京都大学が、えらく改装したとは聞いていましたが、それにしても、ほんと綺麗になったんですね。
根からの京都人の私ですが、ちょっと見ていて、久しぶりに京都がなつかしくなりましたよ。
Kaizer Soze 2006/05/18(Thu)06:03:00 編集
そうそう、東大の駒場寮潰したの、蓮実さんでしたね。だいたい、寮潰し=自治会潰し なわけですが、まあ、そのとき、学生のご機嫌とるために、柄谷やんまで、寮の連中と野球の親善試合したりして。色々と笑わせてもらいましたよ。
百万遍交差点の南東の角にしっかり、電話ボックス2つ残ってるんだ。
あの石垣の前って、昔は、必ず、新左翼が「成田殲滅」とか書いて掲げていましたが、だいだい、ああいうものが、最後の最後まで、関西エリアで存在したのは、京都大学でしたね。他の大学では、私が京都に最後にいたころもうほとんど消えていました。
それを見て、ここの大学は、時代が止まっているのか、それとも本当に自由なのか?と思いました。
Kaizer Soze 2006/05/18(Thu)06:24:00 編集
ここは、かつて、こわーーい白ヘル中核のおじさんが、必ずタテカン立てて、マスクしてゲバ棒もって、立っていらした場所です。●田先生が、お若いころ、出版された2冊の本が、逃走じゃなかった、斗争の無い平和な日本社会の夜明けを告げることとなりました。ここにドゥルージアン一同、●田先生の功績をたたえ、像を寄贈いたします。

って書いて、頭がでかくて、背が低くて、眼鏡かけて、おでこが広い張りぼて作っておいてこようかな?
Kaizer Soze 2006/05/18(Thu)22:46:00 編集
京大にさる高名なセンセ(もちろん京大卒・理系)が特別講義にきたときのこと、その高説に触れようと学生たちが講義会場にわっと押し寄せたらしいのですが、そのセンセがそういう光景を目にして一言、「君たち、ここで何やってんの? 講義なんて受けにきてないで勉強したら?」。

この話自体、けっこう昔のことなので単純に比較することは出来ませんが、でも、京大には、文系・理系の別を問わず、学問的なことに関しても「自治の精神」ってのはあるように思います。「理系はキツい」ってのも、けっして講義とか課題でキツいのではなく、本人たちが好んで「キツい」ことをしていたのでしょう。そして、その「好きこそものの」こそが、京大理系の強み、でもあると思います。

で、ぼく個人としては、あの一連の「悪行」の主犯者は、現役学生ではないような気もします(とくに、ハリボテヴァージョンになってからは、その気がつよい)。
はやし 2006/05/19(Fri)05:32:00 編集
駒場寮騒動はほんと茶番でしたねえ……あれは、攻守それぞれの側が自分の役割を演じているだけで、何の実りもないものでした。

この件については、それなりに色々差し障りがあるんで、こんなもんで。
はやし 2006/05/19(Fri)05:34:00 編集
ハリボテで浅田彰を作って、というところまではいいんですが、タテカンの文言がいただけませんね。要再考、です。
はやし 2006/05/19(Fri)05:35:00 編集
スッパマンの位置にいつも立っていた中核のおじさん達も、実は、京都大学の学生でなくて卒業生、それも大半は、他大学の卒業生だったらしいです。
マスクをつけていたのは、面が割れるより、年が割れることを恐れてという笑えぬような笑い話もちらほら。
だからとは言いませんが、その後の位置に立ったスッパマンも、部外者の可能性大だと私も思います。
それにしても、スッパマン、最高ですね。家内も大笑いしてました。
京都大学の理系は、結構、センセイが押し付けるのでなくて、好きに研究させてくれるとは聞いたことがあります。(・・・真偽は定かでありませんが。)
京都大学の学生が授業に出ないのは、結構有名みたいですね。
出席とるような野暮なセンセイは極めて少ないみたいですし。
ハリボテ浅田彰像の文言は、ちょっと、また考えます。
Kaizer Soze 2006/05/19(Fri)05:53:00 編集
●田先生が流布されたニュー「アカ」により、かつてここに君臨した「アカ」い「中核」思想は消滅し、「核」が消えたハリボテのような思想のイマージュが立像されました。そのあだ花として、ドゥルーズの翻訳作業が、先生のいざ知らぬ所で「進んでしまった」ことを称え、ここに●田先生のハリボテ像を寄贈いたします。   ドゥルージアン一同。
Kaizer Soze 2006/05/19(Fri)23:11:00 編集
あの手の活動家の人たちは往々にして現役学生じゃなかったりしますからねえ。というか、この業界は近年人材不足が厳しく、だからなのかどうか知りませんが、二次試験の会場にまで潜り込んで勧誘活動を繰り広げているのを見てビビった覚えがあります。

で、浅田像に添える文言、それで行きましょう。あとは、実際の造形をどうするか、ですね。おれはけっこう本気で考えてますよ!
はやし 2006/05/20(Sat)05:54:00 編集
はやしさん、これ、本当にやったら面白いでしょうね。
まず、哲学の業界関係者の中で話題になる。
また、今の京都大学の教授、助教授なら、ニューアカ=浅田彰現象を知らない人はいないから、大学側がどう反応してくるか、それは見もの。その反応で、京都大学の学風ってのがよく判明するでしょう。
そして、なによりも、浅田彰がどう反応するか楽しみです。このハリボテ像を上回る笑わせ方で、やり返して欲しいですね。きっと、彼なら、その手のことはお手のものだと思います。少なくとも、アッキーは名誉毀損だとか野暮なことを言ったりは絶対にしないでしょう。(誰が読んでも事実しか書いてないし。w)

さてと、問題のハリボテ浅田彰像なのですが、私、結構こういうのを作るのは苦手でして。

その手のプロの、荒井師匠とシータさんに、お願いいたしましょう!
Kaizer Soze 2006/05/20(Sat)06:28:00 編集
ははは!はやしさん、導火線に火つけちゃった!
ソゼさん、「張りぼて」作るから、ホントにやってください。実践あるのみ!
Sita 2006/05/20(Sat)10:45:00 編集
シータさん
導火線に火がついた とは 私が爆発モードということですか? いや確かに、本当のカイザーソゼは、はやしさんで、私は踊らされている雑魚かもしれませんなあ。 って、ことで、「大物」の荒井師匠に2階から立て看板じゃなかった、立ち×便してもらって、導火線の火を消していただきましょう。カイザーはやしソゼは、導火線の火を消すどころか、煽るのみでしょうから。
Kaizer Soze 2006/05/20(Sat)11:25:00 編集
あれ? カイザー兄貴、私が「大物」だってなんで知ってるんですか? 見せたことありましたっけ?
ストイック・ソルジャー 2006/05/20(Sat)19:40:00 編集
ストリップ・ソルジャー師匠、いや、物は拝見したことはありませんが、ブログの顔写真を拝見する限りにおいて、そう推定しています。

はやしさん、ところで、これ、本気で実行したいのですが、しかし、まずいことが一点だけ。
これ、えらく、ちゅうかくの活動家を刺激しちゃいませんか。?  はやしさんは、そのうち、テロ屋さんが入りにくい国へ高飛びというところでしょうが、やったら、俺、ほんと、命狙われそう。これ、真剣、やばい、やばい。(笑)
Kaizer Soze 2006/05/21(Sun)17:39:00 編集
こんなもの見つけたので、貼っておきます。
浅田さんの自作自演なら面白いと思いますが・・・。
しかし、なんか、タイトルがいけませんなあ。(笑)
一体どこに、東大や天才科学者の話が出てくるやら。
タイトルは、やはり「京大の文系にしか、浅田彰は居られない」くらいでいいのでは?
<a href="http
Kaizer Soze 2006/05/21(Sun)18:08:00 編集
いやいや、導火線にはもともと火はついていましたよ。ぼくがしたことと言えば、その火が消えぬよう、少しばかり覆いを作ったことぐらいです。

それで、何、これぐらいのことをするぐらいでは、別段活動屋さんの不興は買いませんよ。むしろ、快哉を叫んだ末オルグられるぐらいで……って、それがいちばん鬱陶しいか。
はやし 2006/05/21(Sun)23:23:00 編集
いやあ、みなさんほんと、浅田彰のことが好きなんですネ!
はやし 2006/05/21(Sun)23:26:00 編集
「ストイックな戦士」さん、相変わらずですなあ……。

それはともかく、「京大に浅田彰像を!」計画遂行の際には、陰に日向にのご協力を賜りたく存じますので、よろしくお願いもうしあげておく次第でございます。
はやし 2006/05/21(Sun)23:26:00 編集
はやしさん、やっと、私がアッキーのこと、何も憎んでないことをご理解いただけたようで、何よりです。
でも、好きかといわれるとね。
私にとっては、哲学思想ギョーカイで、もっとも、さわって遊ぶには、もってこいのキャラの人 ってのが正解でしょうか.
Kaizer Soze 2006/05/22(Mon)06:08:00 編集
あ、いや、カイザーさんに向けての言葉、というより、提示してもらった掲示板に書込んでいる人たちへの言葉、だったんですが、何にせよ、ある一定の関心を持たれ続けている、ということで。
はやし 2006/05/22(Mon)10:47:00 編集
はやしさん、おれ、ちゅーかくにオルグられるのは、さすがに嫌だから、ちょっとまた、文言考えてみます。しかし、浅田彰のハリボテ像、いいですね。彼の思想、思考にぴったりだと思います。前に、荒井さんのところで書きましたが、彼を見ていると、どういうわけか、クラゲを思い出します。それも中身に脳みそが詰まっているクラゲ。
しかし、それより、やはり、ハリボテって感じですね。彼は。
しかし、断じて言いますが、私は彼のことを少なくともそんなに嫌いではありません。彼は、少なくとも「人畜無害」ですので。
Kaizer Soze 2006/05/25(Thu)02:18:00 編集
はやしさん、なぜか、文章が思い浮かびません。私に代わって、はやしさん、希更さん、一度考えてみてださい、お願いいたします。知識的にアッキーの元ネタは、はやしさんなら豊富でしょうし、この手のノリのコピーを作るなら希更さんが、何となくお得意そうに見えますし。勿論、他のどなたでも歓迎します。
Kaizer Soze 2006/05/27(Sat)07:04:00 編集
永遠小僧さんなんかもこの手のパロディは得意そうなので召還してみましょう。
はやし 2006/05/28(Sun)08:31:00 編集
梅干食べて、スッパマン。
んっちゃ、おっさん、だーれー.
決まっているじゃないか 正義の味方 いや天才スッパマンだよ.
ねえねえ、これ、なーにー
こいつ何を言ってるんだ。哲学書に決まっているじゃないか。
これ、構造と力でしょ。
だから、哲学書といってるんだ。
あれ、がっちゃんがまた、食べている。  バリバリバり
ああ、この ガジラ、この俺のこの大切な哲学書を。
あれ、もう、がっちゃん食べないの? お腹いっぱい?
トゥラピポ。
ガッチャン、おいしくないっていっている。
哲学食って旨いはずないだろ!!
トゥラピポ。
ガッチャンが、中身がスカスカで、おいしくないって。

誰か、書いてくれないかな。いい、コピーを。どうも、浮かばん、いいのが。
Kaizer Soze 2006/05/31(Wed)23:03:00 編集
「トゥラピポ」……この部分は採用です。
はやし 2006/05/31(Wed)23:35:00 編集
??? なんで、がっちゃん語だけOKなんですか? (わたくし的には、駄作すぎて、全部却下ですが・・・。)まあ、がっちゃん語って、アラレちゃんが解説しないと誰にも分からない言語なので、使い勝手がいいと言えばまあそうなんですが。 あ、もしかして、はやしさんは スッパマン・アラレちゃん・がっちゃん の関係を知らない? 漫画読まないですもんね。
Kaizer Soze 2006/06/02(Fri)05:29:00 編集
そりゃやっぱり、「通じない言葉」というのが一番ユニヴァーサルな言葉だから、です。

で、アラレちゃん、知ってますよ。でも、そんな「関係」というほどの関係を彼・彼女ら三人は切り結んでいましたっけ?
はやし 2006/06/02(Fri)05:53:00 編集
スッパマンは、いつもアラレちゃんと、がっちゃんに、適当にからかわれているだけのなに、いつも決定的ダメージをくらうという役割関係で、特筆すべきような関係でも何でもありません。
がっちゃんの、あの羽が生えて、天真爛漫に「トゥル、トゥルル、トゥラピポ」って言って飛び回る姿は好きでした。
浅田さんが、口をスッパマンみたいに「チュウー」にしながら本をかかえていて、それをがっちゃんがバリバリ食べている ハリボテを想像すると、ちょっと、笑えてきました。
Kaizer Soze 2006/06/04(Sun)22:06:00 編集
ああ、それならちゃんとスッパマン・アラレちゃん・がっちゃんの関係は把握できてます。ぼくのなかでもそういうイメージです。

で、浅田像、その案もいいですね。ただ、スッパマンは以前建造されているので、パロディというよりかは二番煎じっぽくなっちゃうのがあれですが。

それはそうと、がっちゃんの本名って「がじら」でしたっけ?
はやし 2006/06/05(Mon)12:52:00 編集
がっちゃんの本名は、「がっちゃん」でよかったと思います。「ガシラ」は、がっちゃんの破壊力の凄さにおののいた誰かがつけたあだ名だったと思います。

しかし、どうもいいのが思い浮かばないので、ほんと困っています。

では、もう一度、永遠小僧さんをお呼びいたしましょう!
Kaizer Soze 2006/06/06(Tue)22:59:00 編集
えーえんこぞおさああああああああああん。
はやし 2006/06/06(Tue)23:04:00 編集
なんで、このコーナーがついに6位に入るの?
って思って「浅田彰 京都大学」で検索かけたら、はやしさんのブログが14位でヒット。
アッキーのこと、お調べにこられた方、申し訳ありません。ほんと、ネタしか書いてなくて。
それにしても、このハリボテ作戦、バレバレって、ことですか。とほほ。
多分、アッキーにもばればれ?
しかし、アッキーは凄いなあ。
あのYUIさんコーナーを抜いてしまうのも もう時間の問題だもんなあ。
Kaizer Soze 2006/06/11(Sun)16:43:00 編集
ついにyuiさんのコーナーを抜いてしまいましたね。ほんと、自分でもここまでこのエントリが健闘するとは思ってもみませんでした。これはひとえにアッキーの底力によるものでありましょう。

で、「浅田彰 京都大学」で検索かけるとそんな上位になっちゃいますか? それ、まずいなあ。だって、計画がご破算じゃないですか!
はやし 2006/06/12(Mon)03:05:00 編集
アッキーに見つかって、万一本当のアッキーが藤崎さんのごとくご登場くだされば、こんなに面白いことはありませんが、その節は、はやしさんよろしくね。(それから、藤崎さんもよろしく!) 私は逃走しますから。アッキーのお相手は、さすがに僕じゃ、無理だと思いますので。
Kaizer Soze 2006/06/12(Mon)04:40:00 編集
この2年間で、オイラの知人の息子連中が立て続けに京都大学の理学部に入学してるんだよね。複雑系の社会科学もキョーダイの理系が出撃してくれれば…なんとか様になるかもしれん。

…それに比べて、京大の文系って、ケッコー外部から人材を輸入してるわりにはいまいちですね。オイラの個人的偏見かもしれんけど…浅田彰氏はともかく、彼を利用したヤツラの方が嫌いだね。

特に、もう引退したかもしれんが佐和何某とかいう軽量経済学者。ダイヤモンド社なんかで実務社会にも提言しているオヤジである。この御仁なんか、若い頃の数学的才能あるいは読解力だけで余生をおくってるって感じですね。だから昔、西部が批判したように、自己を喪失した文章のオンパレードなのになぜかいまだに生き延びている…。

コイツが岩波新書で書いた「経済学とは何だろう?」で、ポパーの方法論をとりあげているが、その解釈たるやもうムチャクチャ!サムエルソン、フリードマン、ロビンソンとゆ〜毛色の違った3人の経済学者を引き合いにだして…みんな主張は違うけど、ポパーの方法論の信奉者だった!って。

まあ、こいつの目的は、そんな古い方法論を<総括>して、クーンとかファイヤアーベントのパラダイム論を村上陽一某と一緒に担いでニューウエーブに便乗するだったのだろうと思うけど…。これって官僚的発想ですね。
藤崎達哉 2006/06/12(Mon)07:06:00 編集
佐和さんの本は、私は読んでいないに等しいので、実は何も言う資格も無いのですが、佐和さんは、もともと「学部」でなく「経済研」の人。故にか、その昔は、「学部」はマル経の先生ばかりで腐りきっているが、「経済研」は「まだまし」と言われたものです。しかし、ソ連が潰れて、マル経のセンセイに世間が価値なしと最終審判を下すや否や、この御仁が、その後釜として座って、やりたい放題だったとは知りませんでした。
浅田さんって、結構便利屋さんで、柄谷さんなんかにもいいように使われているのかも? と思います。柄谷さんの言っている「新」京都学派批判は、その枠にはまっているはずの浅田さんにも向かっているはずなのに、なんで、あんなに仲良しこよしなのか不思議です。
あと、京大の文系を擁護するわけではありませんが、経済学部の酷さは突出しており、これと、他の文系の学部を同列に論じるのは、ちょっと他学部がかわいそうな気がします。他の文系の学部の印象は「腐りきっている」というところまでは 行っていないと思います。普通の他大学の文系なみには腐っているとは思いますが。また、京大の経済学部や経済研が腐りきっているというのは、かなり、日本の経済学者全体が腐りきっているというか、あまりにも世界的にレベルが低すぎる というのに、かなり密接に関係しているとも思います。
Kaizer Soze 2006/06/13(Tue)05:35:00 編集
で、自称ポパーの弟子のジョージソロスが、CNBCで、私好みのおねえちゃんというかオバさんのマリア・バトロモと話をしていたが、書くのに気が行って、まったく聞き取れませんでした。ってどうでもええ、しょうもない話でありました。
Kaizer Soze 2006/06/13(Tue)05:45:00 編集
なんやかんやでマル系がもっとも官僚主義的ですからね…。おそらく、現在の日本の支配層って、若い頃マルクス主義って多いだろうね。ナベツネなんかそうでしょ。彼なんか、いまだにジャーナリスト気分ですが、まっとうなジャーナリスト生活していれば考えられないような個人的財産を形成した上で、自分以外に対しては<和を乱すな!>というスタンスでしょ。これって、今のレッドチャイナの考え方とあまり変わらんと思う。だから、彼も政治介入するが、自分の支配下の不祥事は隠蔽するきらいがある…。

…で、経済学についていえば、京都では場所的にも、やっぱアカデミックに経済学説なんかで断トツの業績をあげて欲しい!これは根井氏の系譜でしょうか?Kaizerさんと違って、オイラは浅田氏が嫌いではないので…経済学説研究でまっとうな成果を出して欲しいね。彼の専門は経済思想史だと思うし…。哲学系も層がムチャクチャ厚いと思いますが…どうでしょうか?

金融市場の研究をやるなら、京都では無理!、関西なら北浜で、研究室にディーリングルームを設置して実証研究やるしかないと思う。
藤崎達哉 2006/06/13(Tue)06:50:00 編集
藤崎さん
金融の研究は、東京でないと無理でしょう。大阪にある世界的な金融の機能なんて、日経平均先物くらいですし。

さてさて、藤崎さんにも、私は浅田さん嫌いと勘違いされているようで、やはり私の書き方って、相当悪いのかと思いました。はやしさんも、「浅田さん嫌いじゃない」って何度も私が言っても信じてくださらないみたいだし。いつも、浅田さんをちゃかしているだけのつもりなんですが・・・。それでこういう行為は、大阪においてはほとんどの場合、愛情表現のようにとられるのですが、日本から独立すべき都市(・・・大阪原理主義者の やしきたかじん がそう言っていまして、私も激しく賛成します。)つまり異文化大阪ののりで書きすぎると、ホント、誤解を生むようですね。

根井さんのことは良く知りませんが、お師匠の伊東さんは、経済学どうのこうのべつに、とても面白い方です。伊東さんのあの烏合の衆でも、自分の話に引き付けるあのしゃべくりにはホント脱帽です。

浅田さん50歳ですよね。もう、何もできない気がします。今、浅田さんの年を数えて、ああ、俺も、同じだけ年とったなあ と 何か 訳のわからない感慨がありました。
Kaizer Soze 2006/06/13(Tue)19:24:00 編集
佐和さんはほんとヒドいみたいですねえ。まあ、ぼくはからきし門外漢ですから、幾人かの信用できる筋からの受け売りですけど、それでもいい話は聞きませんね。

それで、浅田彰、ですけど、ぼくもカイザーさんと違って彼のことはキライじゃないし、というか、むしろ好意を抱いているほうで、忘れたころに何かまたでかい仕事でもしてくれるんじゃないか、とすこぉーしだけ思っていますが……ないですかね?
はやし 2006/06/13(Tue)22:37:00 編集
スーパーマンにケビンスペイシーが出ると知り、60でジェームスボンドをやっていた人もいるから、もしかしてと思って検索すると、
<a href="http

スーパーマン役をケビンスペイシーがやってくれたら、何か、ハリボテ浅田像作成の良いヒントが得られるかも?と思いましたが、残念。
ケビンスペイシーがスーパーマン役をできるわけないですね。w
Kaizer Soze 2006/06/14(Wed)05:45:00 編集
ケヴィン・スペイシーがスーパーマン役であろうがなかろうが、この映画自体ひどく微妙ですね。
はやし 2006/06/16(Fri)18:54:00 編集
決して、ハリウッドの「大作」=「駄作」とは言いませんが、しかし、これはどうみても「外れ」くさいですね。ケビンが主演なら、強烈なコメディーの可能性ありと思って、参考になるかなとも思ったのですがね。
ビヨンド・ザ・シーは、ノーギャラで、自腹まで切ったという話は本当だったんだなと思いました。この人、「大作」への出演は避けていましたからね。
この「大作」のギャラで、次の彼の監督作品に期待しています。
しかし、見ていて気持ちが悪くなった「レイ」があんなに評価されて、「ビヨンド・・・」がなぜ、あんなに評価されなかったのかは、ホント不思議です。
Kaizer Soze 2006/06/17(Sat)03:56:00 編集
ぼくも「ハリウッド(風)の大作」=「駄作」とは微塵も思ってませんよ。逆に、いわゆる「ミニシアター系」のさかしらな作品を観るぐらいだったら「大作」のほうがよっぽどいい、と思う節もあったりさえします。

とはいえ、カイザーさんも言う通り、この『スーパーマンリターンズ』は、「大作」云々という位相とは全然違うところ、つまり、「この期に及んでスーパーマンかよ!」ってところに「微妙さ」を感じます。まあ、じっさい観てみると「案外オモロいじゃん」って可能性も否定できないですが。
はやし 2006/06/17(Sat)10:17:00 編集
それはそうと、このエントリ、ついに二位、ですねえ。
はやし 2006/06/17(Sat)10:51:00 編集
はやしさん、結構、はやしさんのブログやその周辺に登場される方って、最近固定化が進んでいたと思うのですが、最近、ニューフェイスの方がちょっと増えてきましたね。もしかして、みなさん、アッキーで検索かけて、はやしさんのところにたどり着かれたのでしょうかね。もしそうなら、アッキーって、やっぱ、集客力抜群ってことですね。
Kaizer Soze 2006/06/28(Wed)21:49:00 編集
んーと、そもそも、最近「ニューフェイスの方」って増えてますか? それに、大体において、昔っから面子は固まっちゃってるフシはあり、そして、そのことがさらに新しい人の参入を妨げちゃってると思うのですが、まあ、それはそれ。ぼくにどうできることでもないし、そして、固定的であれ何であれ、コメントをいただけるのはありがたいことなので、そのことについて四の五のいーだの何だの言おうとは思いません。

で、検索語「浅田彰」でここに来訪する人というのは存外少なく、ここ一か月では2名程度にとどまります。それでは、どういう検索語が多いか? 「はやしのブログ」がダントツですね。
はやし 2006/06/29(Thu)02:34:00 編集
●田先生、貴殿は、そのキャラから推定して、最も向いておられる芸能界にも転出されず、そとばこまちのブタロウさんのように、公衆の面前で某大出のアホ女優をクイズで圧倒されるような姑息な真似もされず、今日まで「京大一直線」で「こそこそと」この25年余り「知」を探求されてこられました。ここに、京都大学の学風を表象する自慰的ともいえる「識」なき「知」をひたすら求められたという偉大なる無駄を称え、ここに表彰いたします。 by ファッショナブルなナンセンス好き一同の者
Kaizer Soze 2006/07/12(Wed)06:00:00 編集
何か、文句つけてばっかりで、「そんならお前が考えろよ」でしょうが、いいものを目指して精進するという観点から、あえて苦言を呈せば、もう少し刺々しさを控えめにして、「愛溢れる」感じだといいですかねえ。
はやし 2006/07/13(Thu)12:58:00 編集
スーパーマン、公開前なのに、もうDVDで観たのですが、想像を絶する「ド外れ」でありました。記憶をたどっても、こんなしょーもないのを観たのはなかなか思い出せないです。強いて言うなら、マトリックス3 か? しかし、マトリックス3 に並べるだけで、大分失礼な気がする、そんな酷さでした。これなら、金さえあれば、僕でも作れそうな気がしました。ほんと、そんな出来でした。
簾満月  2006/08/06(Sun)18:36:00 編集
いや、あれだけは、絶対に嫌になりますよ。悪いや つまらないにも、程と限度というものがあり、それを遥かに超えちゃっていますから。
簾満月 2006/08/07(Mon)05:07:00 編集
悪役ってケビン・スペイシーがスキンヘッドで登場するみたいですが「立てた小指を咥える」芝居をするんじゃないか、いや是非やって欲しい、といやが上にも期待が高まりますね
バルタン星人 2006/08/07(Mon)06:18:00 編集
マトリクスの三作目、たしかにひどかったですねえ。もう、今となっては「何がどうひどかったのか」という委細が思い出せないぐらいですが、「ひどかった」という感慨だけはしっかり残っています。でも、考えてみれば、二作目の終わり方からしてその「ひどさ」の前触れだったような。

で、スーパーマンリターンズ、そう言われると見てみたくなるのが人情、というものです。いずれ機会があれば見てみます。
はやし 2006/08/07(Mon)12:31:00 編集
バルタン星人さん、実は、結構、ケビンって、アドリブで監督のOKをとっちゃう人なので、ホントに、せめてドクターイーブルの真似でもして欲しかったのですが、それも無しでした。
しかし、なんで、こんな映画に出たのでしょうね。
仮説1 お金がなくて、次の映画を撮る資金を得るため
仮説2 ビヨンド・ザ・シー で、ケイト・ボスワースを個人的に気に入っていて(・・つまり、立派なエロおやじ的意識で気に入っていて)、頼むから競演させてくれと頼んだ。

いや、どうせ、ケイト・ボスワースが出ているなら、ビヨンド・ザ・シーでケビンが見せてくれた、極めつけのオヤジキス=ケイト・ボスワースの口をパクリと本当に食べんかばかりに貪るようなオヤジキス を見せてくれて、それで、もう一度笑わせてほしかったです。
簾満月 2006/08/07(Mon)20:55:00 編集
「程と程度を超えたつまらなさ」、ますます気になります。これはdon't miss it!ですね。
はやし 2006/08/08(Tue)01:02:00 編集
かつてのベタなハリウッドネタだと「近々離婚するので慰謝料が必要」ってのが「仮説3」。
60年代を代表する名女優エヴァ・マリー・セイントが出ているのにはビックリ、ケーリー・グラントもマーロン・ブラントもとっくに鬼籍に入っているし、あのくらいの歳になると「恐いものなし」でしょうけど。ハル・ベリーは「折角オスカー取ったのに、いくらなんでもキャットウーマンはないだろう」と思ったら見事にこけたし、「プラトーン」のウイレム・デフォーも「スパイダーマン」に出演する際には「俳優生命を賭けて」みたいな話で結構リスク高いんじゃないかと思いますけど。あ、でも彼の国には「ラズベリー大賞」という粋なはからいがありますし…っても貰っても嬉しくないか.
バルタン星人 2006/08/09(Wed)06:14:00 編集
トニー賞、アカデミー賞、ラジー賞と男優賞で3冠王になったらおそらく前人未到?の世界でしょうが、しかし、スーパーマンの出来が悪いのは、あくまで、作品の問題であるので、ラジー賞はケビン個人ではもらえないと思います。
しかし「このしょーもない作品でも、お前がもう少し考えて演技したら、作品がラジー賞を受賞しなかった」という理由での、男優賞の受賞なら・・・・・・、そんな訳ないですね。
しかし、ケビンのカットとセリフが全部短かすぎて、あれじゃ、演技のしようもないなあって感じで、ちょっとケビンに同情もしています。
簾満月 2006/08/09(Wed)22:11:00 編集
しまった、軽量のさわさんが、もう首になったのを てっきり忘れてました。おかげで?、アッキーも首にもなるわけで。で、造形大って、こりゃもう、浅田さんご自身に自ら「鏡像」じゃなかった胸像でも作っていただいて、飾るしかないですな。時既に遅し、残念無念。「1.5流の人間しか作れんようになった」って、そりゃ、浅田さんが元祖でしょ!ちゅうの。
ぷっつん大吉 2008/05/12(Mon)04:24:00 編集
胸像云々については ラカンの「鏡像段階論」にひっかけた 駄洒落にすぎませんので誤解なきよう願います。というか、誤解されるおそれもほとんど皆無かと思いはしますが・・・。
ぷっつん大吉 2008/05/12(Mon)04:44:00 編集
アッキーが京都造形大の大学院長(!)に就任したとの報にふれたとき、よっぽどそれについてエントリを書こうかと思ったのですが、ともあれ、こちらがぼやぼやしているあいだに京大をはなれてしまいましたねえ。ただ、依然「卒業生」であることに変わりはないので、他大にうつったとはいえ、京大に(ハリボテ)胸像を設立される権利はあるのではないかと。
はやし 2008/05/12(Mon)08:57:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]