忍者ブログ

「最低ラインの音楽」と言った場合、それは、1)「音楽」としての成立要件ギリギリのところで成り立っている音楽、2)「音楽」の評価が仮想的にではあれ序列付けできるとして、その「最低ライン」にある音楽、のいずれかを意味する、ととりあえず考えられるが、おれが今考えているのは、そのどちらでもなく、かつどちらでもあるという「最低ラインの音楽」のことだ。

音楽というものは往々にして、その楽曲の良し悪しというものがそれを演奏する技術力に比例する、つまり、良い曲を演奏するのは難しいものだったりする。だが、低い技術力でもその水準に見合った、というか、そうした低い技術力でしかなしえないような「良い楽曲」というものがあるのではないか? そういう、「低い技術力」でしか作られ得ないような「良い楽曲」を、ここでは「最低ラインの楽曲」と呼びたい。

たとえば、ディス・ヒートという、ある意味「奇跡」のようなバンド(と呼ぶのも何となく抵抗があるのだが、とりあえず)がいたのだが、こいつらは3人中1人しかまともに楽器が出来なかったはずだ。それでも、というか、それゆえに、彼らが出す音は素晴らしい。本当に、素晴らしい。

高い技術力というのは、ともすればそのこと自体に自足しがちであり、本来的な位相での「楽曲の良し悪し」というものをどこかに置き去りにしがちである。反面、低い技術力は、「演奏」ということ以外の音楽における構成要素に比重を置く。そして、その「演奏以外の構成要素」の「楽曲の良し悪し」に対する寄与というのは、下手をすれば演奏の技術力よりも多い。

確かに、そうした「低い技術力」によって作られた「良い楽曲」というのは、反語的に「良い」と評されるようなスカミックなものか、ギミックの集積であったりする。もちろん、そういうスカムミュージックやギミックの集積も、個人的には好きであり、最大限肯定的に評価もするのだが、やはりそこに留まっていては面白くない。

そうではなく、技術力が低かろうが高かろうが、「表現する」という、脅迫的と言ってもいいプライマリインスティンクトがまずあり、そして、「そうとしか出来ない」という必然で発せられる音、言うなれば音楽に化体したアール・ブリュが聴きたいのだ。

……そういう考えのもと、昔日に「楽器が弾けないこと」を唯一の要件としてバンドのメンバー募集をしたのだが、誰一人としてこのコンセプトに食いつく人はいなかった。今もなお、ちょっと実現してみたいことではある。だが、そもそも、そのメンバー募集をかましたときからして、おれは楽器が弾けてしまうのであった……。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
あ、俺、この自慢の喉以外は楽器は弾けないよ。
全く何も弾けない、誓ってもいい。

メンバーに入れてよ。
宮本浩樹 2006/01/01(Sun)12:34:00 編集
あ、加入する? でも、その場合の問題は、どうやって練習とか曲作りをするか、だねえ。まあ、ネット上で主に音源のやりとりをすることになるとは思うんだけど……にしても、宮本さん、何かしら楽器は用意しないと、だよ? 誰か知り合いに、あまってる楽器とかもらえたりしないかねえ。そうしたら、安いマイクだけ買ってくれば、その演奏をPCに取り込んで、おれが指定したサーバにアップ、とかでやりとりできるけど……つか、この方法、色々面白そうだな……何か、アイディアが湧いてきたぞ!
はやし 2006/01/02(Mon)21:48:00 編集
音楽を広げて捉えて「音」とした時、「言葉」から立ち上がるイマージュは、同様に「音」からも派生すると思う。例えば、今、部屋の中で聞こえてくる熱帯魚の水槽の水の循環する音はその連続性に不快感を感じる事は無い。
でも同じ連続する音でも、バスの座席で後ろの席の人がガムを噛む音には不快感を感じる。単純に考えればただの「音」なのに、快、不快を瞬間に感知してしまうのは、そのイマージュから来るものなのか? 
乱暴な論であるとあえて承知で書いてしまうけど「言葉による文章」も「音からなる音楽」も「色彩からなる絵画」もその構成によって表れたものの背後にあるのは「波動」(他に置き換える言葉が見つからないので、この言葉を使うけど)なのではないかなと思う。
で、楽器のみならずテクニックを要する表現において、テクニックよりも、それ以前に探ってしまうのが、その表現者の「センス」なんだけど、それが一般受けするかどうかは、センスの良し悪しとはカンケー無いのよね。
Sita 2006/01/03(Tue)02:42:00 編集
やっぱり楽器が無いとだめなのかぁ…。
音楽に関心持った事無いから、楽器持ってる知り合いなんて一人も居ないもんな…。
宮本浩樹 2006/01/03(Tue)10:42:00 編集
浩樹んちに多分、リコーダーとかピアニカとかあるんじゃないの?
Sita 2006/01/04(Wed)01:05:00 編集
今の子はピアニカなんだな。夏休みとか以外は学校におきっぱなしみたいだよ。
でも、ピアニカはなぁ…
宮本です 2006/01/04(Wed)10:57:00 編集
咀嚼音ってのは洋の東西を問わず、けっこう人に嫌われる音らしいですね(ナースウィズウーンドという、ノイズミュージシャンと言っていいのか何と言っていいのかよく分からない人の、神経に障る音ばかりで構築されたレコードにも、しっかりと咀嚼音がフィーチャーされていた……ちなみに、おれもこのレコードに触発され、ガラスやら黒板やらを引っかく音のみで構成された曲を作ったものです)。で、咀嚼音は「反復音」っちゃあ「反復音」だけど、その反復の粒が揃わな過ぎている、というところにも、こちらの気に障るところがあるのかもしれません(循環ポンプによって、あるいは降雨によって水が降下される音というのは、それなりに粒揃いの反復音。ガードナーなんかは、こういう「快い反復音」は1/fの「ゆらぎ」になっている、とか言うんだけど……)。

それで、「波動」(ヴァイブレーション、ってやつでさあね)とか「センス」とか、シータさんの言っていることも分かるんだけど、おれは音楽の9割9分が技術的で定量化可能の部分で決定される。もちろん、ここで言う「技術的」ってのは、その巧拙を云々するものではなく、それこそこのエントリで書いたような「技術」なんだけど。ま、その上で、そうした「おっ」と思わせるように音を配置するその手管が「センス」というものだ、ということなんだけど。

だから、おれにとってシータさんの言う「波動」や「センス」というものは、「表れたものの背後にある」のではなく、まさにその「表れたもの」の現れ方に顕在しているのです。
はやし 2006/01/04(Wed)15:19:00 編集
ん、いや、楽器がないならないで、作ればいいじゃない。それもまた、楽しいもんだよ。たとえば、打楽器系はクッキーやら何やらの缶ですぐ出来ちゃうし、弦楽器系はティッシュとかの箱に輪ゴムを渡せばいいし、管楽器は壜やらペットボトルやらで作れるし……要は、創意工夫と智慧ですよ。

で、何でピアニカいやなの? いいじゃない、ピアニカ(そういや、ピアニカ前田って今どうしてるのかなあ)。
はやし 2006/01/04(Wed)15:21:00 編集
シータさんは楽器はどです?
はやし 2006/01/04(Wed)15:22:00 編集
いや、確かにはやしさんの言うところの
―「波動」や「センス」というものは、「表れたものの背後にある」のではなく、まさにその「表れたもの」の現れ方に顕在している。
は、そうだな……。
万年筆を見て、「青い、すらっとしたもの」を見、次に「棒のようなもの」を認め、「何かの道具らしい」と考え、「何か字を書くための物」を知り、こうした解釈の積み重ねで、最後に「本質」を掴んで「万年筆」である。「それもカッコよくてセンスがいい万年筆」といった認知の方法はとっていないね。
表裏一体だ。というか全ての作業を一瞬にして行っている。で、さらにしつこく言えば、この一瞬の認識の「伝達」に興味がそそられる。

そして「音楽」だけど、「音」って「聴く」と同時に「見る」こともしてるかなァと思う。

楽器は、ピアノはバイエルで挫折。この前、インドの空港で、ちっちゃいタブラみたいな太鼓を叩いてる人がいて、それがすごくいい音だった。なので、今度、楽器も見てくる。
Sita 2006/01/04(Wed)22:51:00 編集
Sitaさん、バイエルで挫折でありましたか。小生もそうであります。小学校のとき、私と同じ年で、同じ先生にピアノを習っていた人は、今や某著名チェンバロ奏者でありまして、人の持って生まれた才能とは、こんなに違うものかと、ただ
ただ笑うばかりであります。
それから、太鼓は太鼓でも、小生の場合は、専門は腹づつみでありまして、結構いい音がすると自負しております。

はやしさん、先日、多忙の鬱憤晴らしに1時間だけ、家内とカラオケに行ったのですが、少なくとも「communication breakdown」は、かの、かの、かの、ロバートプラントよりも、いい感じで歌えているという評を得ました。
「俺がLed Zeppelinのボーカルだったら、不動の世界一のロックバンドになれたであろう」と言ったら、「アホ」で おしまいでしたが。
で、ボーカル兼腹づつみ ということでよろしく。

腹をぽんぽんたたいて、「あああーーーーーーーーあ」って言いながら「移民の歌」なんか歌おうものなら、こりゃ、完全に宴会芸の世界ですなあ。
原作たそがれ清兵衛 2006/01/07(Sat)21:59:00 編集
センスであれ何であれ、「よさ」をどうして感じるか、というのは興味深くもあり、難しい問題だな。というのも、ここには本当に色んな見方があり、たとえばピンカー流に、生物として持つ生存本能みたいなものに還元してそうした「よさ」(を感じる心性)を解釈することもできるし、ブルデュー流に、人為的な文化的刷り込みの結果としてそうした「よさ」(を感じる心性)を解釈することもできる。これは、どちらかが合っていてどちらかが間違い、というようなことではなく、どちらとも(「よさ」というものの領域を限定すれば)射えている、と思う。

で、「音」を「聴く」と同時に「視る」という視点、これは象徴主義的な見方? それとも、いわゆる「共感覚者」が感じるような、そういう感じ方が、ある場合には妥当する、ということかな? おれは限りなく無粋な人間なんで、そう聞くと、音楽を聴いている人のオシロを取って、視覚野の動きとか確かめてみたいなあ、と思ってしまうのだけれど。

つわけで、シータさんはその打楽器でジャムセッション参加、ということで。
はやし 2006/01/08(Sun)02:26:00 編集
かのロバート御大よりも「いい感じ」とは、それ、ものすごいですねえ。そうであれば、是非、ジャムセッションにヴォーカルで参加して欲しいものです。方法としては、まずバックトラックが出来上がったら、それに原作たそがれ清兵衛さんがヴォーカルを乗せる、というのがいいかな。もちろん、腹つづみも入れてもらって構いません。

で、おれはピアノ、「指いじめ」のハノンで止まっちまってます。
はやし 2006/01/08(Sun)02:29:00 編集
何でいわゆるJ-POPと呼ばれるものにおいて男のヴォーカルは下手なのか、というと、おれの邪推ですが、日本人の男声って、Autotune(という、ピッチ補正ソフトがあるのです)がかましにくい声質だからなんじゃないか、と思ってます。これは、実際に女声・男声両方にAutotuneで細工したことがあるから言えるのですが、女声の場合、ピッチ補正してもそれほど奇異な感じ、つまり「あ、いじったな」とはならないのに対して、男声をピッチ補正すると、「ん?」ってな感じになるのです。とはいえ、J-POPに関して言えば、「地歌」の時点でも、原作たそがれ清兵衛さんの仰るとおり、男と女には開きがあるようにも思えますね。

それはそうと、「聞いたことがない曲は、絶対に歌えない」って、普通そうじゃないですか?
はやし 2006/01/09(Mon)07:22:00 編集
たしかに、「communication breakdown」のように、まぐれで、ホームラン?ってのもありますが、家内評によると、得手不得手が激しくて、洋楽のハードロックは、結構、さまになるのですが、それ以外を歌わせると、かなりヘンだとか。(特に、日本の女性の歌を歌わせるとエロいとか。)

あと、決定的弱点は、聞いたことがない曲は、絶対に歌えないことです。

それでも、SMAPよりは絶対に上手いと思いますし、また、メジャーデビューしている日本の若いお兄ちゃんがやっているバンドのほとんどのボーカルより、「まし」である自信はありますが、でもね、まだまだ、AIKOには全然勝てない、勝てない、そんなレベルです。

ところで、J−POPなるもの、なんで、男のボーカルにあれだけ音痴らしき人が多くて、女性には結構上手い人が多いのかとても不思議ですね。男と女の平均値が、これだけ違う世界もめずらしいと思います。

中島美嘉・・・たまには笑え
小柳ユキ・・・上手いのだから、早く復活してくれ! 18歳で30歳の貫禄を、また、見せてくれ(今なら、23歳で40歳の貫禄か?)
AIKO、持田香織・・・あんな無茶な発声してたから、喉つぶして、昔の歌がちゃんと歌えんだろう。

って、また文句を書いていますが、皆さんそれなりにお上手だと思います。
原作たそがれ清兵衛 2006/01/09(Mon)12:07:00 編集
ボードレールの「馨と 色と 物の音と かたみに答ふ。―――龍涎、麝香、安息香、燒香の音樂。」もしくはルドンの言うところの
「やや灰色、主な色調が三つ乃至五つ、その配置がリズミックにもしくは対位法的におこなわれている―――遁走曲へのアナロジー」
といった〈共感覚〉は、よく解る。なぜかって言うと、本を読むときも頭の中では、書かれている事が、パラパラパラと三次元のイメージとして立ち上がってくるから。
言葉も読むと同時に視ている。但し、本の場合は「視易い」本と、「視難い」本がある。
日常意識=感覚が、「本質」認知の上に成り立つといった関連を考えても、その「認知」にはすごく興味がある。
Sita 2006/01/11(Wed)17:45:00 編集
聴覚情報と視覚情報との関連について、象徴主義的なそれと共感覚者が抱くそれとは分けて考えるべきだとは思うけど(象徴主義は聴覚情報であれ視覚情報であれ、各情報間のAna-logosを、つまりSym-boliqueを「措定」するが、共感覚者はそうした「各情報間」の垣根を一挙に乗り越える)、こと言語情報と視覚情報の関連について言えば、「理論」とのかかわりでちょっと考えてみたいことがある。というのも、つまり、「理論Theory」というのはまさに「見ることtheorein」を下敷きにしている……。

それはともかく、「日常意識=感覚が、『本質』認知の上に成り立つといった関連を考えても、その『認知』にはすごく興味がある」というくだり、やや分かりづらし。俄かには認められないような前提がここに持ち込まれているように思うのだけど、如何?
はやし 2006/01/12(Thu)22:50:00 編集
あ、なるほど、「共感覚者」ってのを、syn-esthesiaっつーのではなく、あえて言えばcommon senseの持ち主、っつー感じで捉えていたのか。何とはなしに噛み合っていないような気はしていたけど……。

にしても、「日常意識=感覚が、『本質』認知の上に成り立つといった関連を考えても、その『認知』にはすごく興味がある」という記述は「分かりづらい」ものとしておれには立ち現れてしまう。

で、その「分かりづらさ」をパラフレーズすると、1)「日常意識=感覚」がその上に成り立つ、と言われているところの「『本質』認知」というのが何なのか、分からない、2)その上で、「その『認知』」と呼ばれているものの内実がはっきりしない(言語情報から視覚情報を「連想」する、といった、そういう「認知」のこと?)、って感じで、要は、1での「『本質』認知」ってのが躓きの元、かな。
はやし 2006/01/13(Fri)02:03:00 編集
はやしさんのコメントを読んで、何故、「象徴主義」もしくは「サンボリスト」と「共感覚」を分けているのか、そして尚且つ「共感覚」に「者」を付けて「共感覚者」としているのかが、解らなかった。
何故なら、サンボリストが作品に対して述べている「共感覚」に纏わる発言や体験というものは、特殊なこととは、捉えていなかったので、はやしさんのコメントで「共感覚者」と括られる「感覚」であることをさっき、調べて初めて知った。

つまり、分かりづらいと書かれたくだりの文章は、共感覚=日常意識=感覚を前提としてだったのだが、ちょっと今ビックリしてしまっているところなので、頭が整理されるまで、ちょっと待ってね。
Sita 2006/01/13(Fri)12:26:00 編集
〈共感覚〉については、「象徴主義と世紀末芸術」(種村季弘訳 ハンス・H・ホーフシュテッター著)を読んで、その言葉を知っていた(つもり)だったのだけど、自分の持つ体験に還してもその知覚の仕方をサンボリスト特有のものとは考えていなくて普通の感覚と思ってた。つまり、はやしさんが「共感覚者」と表記するまでは、〈共感覚〉が何であるかという捉え方として「通様相(crossmodal)知覚」や「共有感覚対象(common sensible)」などとの違いまでは把握していなかったという事。なのでビックリしたという訳。
さらに突っ込んで調べてみると、はやしさんが、「象徴主義的なそれ」と「共感覚者的なそれ」と何故分けたのかが、分かった。でもって、何故、「脳」を出してきたかも。

で、「『本質』認知」に関しては、井筒さんの記述を引用すると――われわれの日常意識の働きそのものが、実は大抵の場合、様々な事物事象の「本質」認知の上に成り立っているのだ。日常的意識、すなわち感覚、知覚、意志、欲望、思惟などからなるわれわれの表層意識の構造自体の中に、それの最も基礎的な部分としてそれは組み込まれている。――とある。「認知」という言葉は、「「本質」を感覚によってどのように「捉える」のかという仕組みに私は興味がある。」という意味合いであったのだけど、言葉足らずだよね。

今回ひとつ、おべんきょうになったのは、「言葉」の意味を明確に知らないと、その解釈がトンチンカンな方向に向ってしまうという事。それで、思い出したのが、この前はやしさんが、似顔絵を描こうとした時に、その人物の顔のパーツを正確に思い出そうとして、それを組み合わせようとしてた姿。(笑)
Sita 2006/01/13(Fri)19:39:00 編集
ああ、何から何まですれ違い、だったのね。でも、これは偏にシータさんの責、というわけでは当然なく、「共感覚(者)」というものを「万人にとって了解ずみ」なものとして使い続けていたおれにも「すれ違い」の責はある。

シータさんも言うように、ある解釈主体内で「言葉の意味」を明確に知っている、というセマンティカルな知識も重要だけど、ある言葉が「どう運用されるか」ということについてのプラグマティカルな知識、というか、コンセンサスも必須、だよね。たとえば、問題の「共感覚」という言葉であれば、その語感からいかにも「共通(共有)感覚」という意味合いが感じ取られてしまうわけだから。

それで、「本質認知」の話だけど、おれはまず、「日常意識(の働き)」がそうした「本質認知」の上に成り立っている、ということ自体、よく分からない。というのもそれは、「自明」と言うには程遠く、幾重かの論証を経て初めて、「そうかも」というレヴェルにやっと辿り着ける、といったものだから。それにはまず、「本質認知」の、それこそ「本質」を、そして、「そもそも本質とは何か」ということを問題とせざるを得ず……ちょっと俄かに処理できる問題とは思えない……ので、シータさんの『意識と本質』の読書メモの進捗を俟ってからの応答、ということにしましょう。

で、最後の「逸話」、なかなか皮肉なアレゴリーになっているような……あ、もちろん、シータさんが「皮肉」を言っている、ということではさらさらなく。
はやし 2006/01/14(Sat)03:46:00 編集
この話しって結構凄いことじゃ無いかと思うんだ。

ATLSの議論板に引っぱったから、あっちでやろうよ!
宮本浩樹 2006/01/17(Tue)20:00:00 編集
共感覚者について「語る」ことは出来るけど、「論じる」ことは、どうかな? まあ、そこから敷衍して、感覚一般、そして、ここでちょっと触れられている「本質」なんかについてだったら、ある程度「議論」という鉛槧に乗せられるかもしれないけど。
はやし 2006/01/17(Tue)20:22:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 共感覚(色聴)
まいど!!最近、ブログが楽しゅうてたのしゅうて 仕方がない、のりまるちゃんやで!!(爆) 目が冴えて仕方ない、AM6 皆ちゃん、音楽を聴いていて、その音楽が 色で見えるっちゅう事はありませんか?? (情景とかをイメージするのとは違う。) 例
URL 2006/02/19(Sun)19:01
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]