忍者ブログ

勉強したりとか本読みながら、バックで流していた音。ほぼ、聴いてた順通り。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000060M6/hayashinoblog-22/ref=nosim
Sound Restores Young Man
Cynthia Dall
(Drag City, 2002)
この人たち、というかこの人、Kill Rock StarsのコンピFields and Tracks でEric's Songという曲を聴いて、ちょっと憂いのある、やや音程ズレ気味な女性ヴォーカルっつー、もうど真ん中なものだったんで、即入手。KRSのコンピではフォークっちい音だったんだけど、このアルバムではもっとロック寄り。どっちかっつーと、フォークっちいほうが好みなんだが・・・・・・ともあれ、いいアルバムです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00004TJXN/hayashinoblog-22/ref=nosim
Electric Birds
Electric Birds
(Deluxe, 2000)
Mille PlateauxからのGradations に比べると、まだ「進化途中」というか、荒削りな感じがするけど、それでも極良質なチリチリしたエレクトリックチューンを聴かせてくれます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00026WSR0/hayashinoblog-22/ref=nosim
white2
Sunn O)))
(Southern Lord, 2004)
轟音ギターに激遅テンポ、という、MelvinsとかEarthとか、いわゆる「スラッジ」とか「ドープもの」と呼ばれるやつです。最近では、「パワーアンビエント」とか言うとか言わないとか・・・・・・。ともあれ、好きじゃない人には退屈で仕方がないだろうけど、好きな人には堪らない一品となっております。もちろん、おれは堪らないクチです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000080GF/hayashinoblog-22/ref=nosim
Firmament III
Main
(Beggars Banquet, 1996)
何と言うか、上のSunn O)))のような「パワーアンビエント」の極北と言うか・・・・・・一応、生楽器を使ってるらしいんだが、どう聴いてもエレクトリックノイズにしか聴こえんというつわもの。これが何でまたベガーズバンケットから、とも思うんだが、気にしない気にしない。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000001PVX/hayashinoblog-22/ref=nosim
Jessamine
Jessamine
(Kranky, 1994)
これも、sunn)))やMainのようにけっこうヘロヘロな音響サイケ。でも、歌ものだし、ビートもちゃんと入ってるしで、上記2バンドよりなんぼ聴きやすいか、という感じだと思う。でも、そういうsunn)))とMainの流れで聴いちゃうと、「ちょっとヌルいかなあ」と思わないでもない。ただ、ギターの音なんて「MBVじゃん!」ってなもんで、そういうシューゲイジンな音が好きな人にはオススメ(ただし、ドリーミーはドリーミーだけど、若干「悪夢」なドリーミーさ)。つうかKrankyって、「ちょっと外したMBV」みたいなの、多いよね。Flying Saucer Attackとか。追記! Flying Saucer Attackって、KrankyじゃなくってVHFだったわ! わりいわりい!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000773594/hayashinoblog-22/ref=nosim
Otto Spooky
Momus
(Cherry Red, 2005)
sunn))やらMainやらJessamineやら、こんな極北なもんばっか聴いてたら人間ダメになる!と思い、ここは何かポップなもので・・・・・・という思惑のもと、モーマスの新作をチョイス。つか、チェリーレッドってまだあったの? ま、それはいいとして、ところどころで聴かれる、ちょっと「和」な風味のメロディ、これ、どうなんですか? おれは正直、アウト。めむひさんの意見を聞いてみたい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000075IF/hayashinoblog-22/ref=nosim
Pioneers of the Hypnotic Groove
VA
(Warp, 1991)
口直しとして、モーマスも何かイマイチだなあ、ということで、ここは初心に帰るべし!と取り出した一枚。今をときめく(のか?)ワープの最初期のコンピ。「ブリープ」とか呼ばれていた音が詰まっています。肝はやっぱり、スウィートエクソシストの矩形波丸出しサウンドでしょう! あの頃は、何か騙された、ってぐらい、ブリープものを集めてたなあ。それはともかく、LFOはやっぱかっこいいわ。残るだけはある。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
えーと、なんだろ、MBVとかペイル・セインツが好きだった者としては、スラッジとかドープものの音は惹かれるものがありますが、よく知らない(ジャンル名から音が浮かばない)んでとりあえずsunn)))とJessamineはチェックね、って感じ?とか、そういやふらいんぐそーさーあたっくはどーもアンビエント度高すぎたし音密度低いし、もう少しメロディアスで轟音なほうがいいやとかそんな感じであります。モーマスも最近のは知らないですけど、高校時代からモーマスの「和」へのおもねりみたいなのはキモチワルく思ってました。そんなんよりブリティッシュさを出したほうが日本では受けるってばさー。消費者心理をわかってないなーもう(そういう問題かね?) わたしゃモーマスはドントストップザナイトからの三枚が最高でソニックユースはグーって人間ですから。ええ。
めむひ 2005/12/20(Tue)02:08:00 編集
ドープものとかスラッジとか、果てはブラックメタルまで「これってシューゲイズだよ!」と予てから言ってるんだけど、われながら「詐欺だよなあ」と思う……。いや、自分ではそうした音楽に、シューゲイズ(とくにMBV)に通底するものを感じるんだけど、そういう感じ方は一般的ではないかなあ、とも自覚してる。でも、それはそれとして、ドープやスラッジは、ぐちゃぐちゃのどろどろなので、オススメです(何だそれ)。ただ、あーんまりメロディアスではないかも。で、おれなんか、モーマスもソニックユースも、ほんっとに最初期しか認めん!という偏屈オヤジなんで、何をか言わんや、です。でも、モーマスの和メロは止めて欲しいよねえ。ほんと、分かってない。
はやし 2005/12/20(Tue)19:24:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» THE MELVINS [A Senile Animal]
20年以上もアンダーグラウンドで活動し続けるヘヴィ・ロック・トリオ、ザ・メルヴィンズ。 オリジナル・アルバムや各メンバーのソロ・アルバム、さまざまなアーティストとの共演盤を含めるとリリースしたアルバムは既に20枚を超える。多過ぎてどれをチェックしたら良いか分からないくらいのリリース量です。 しかしここ数年メルヴィンズの活動が凄い!90年代のグランジ旋風により一時メジャー・レーベルのAtlanticからアルバムをリリースしていたりもしたが、それ以降の活動量がハンパない。つまりマイク・パットンのレーベルIpecac...
URL 2006/11/03(Fri)21:27
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/28 FerminBycle]
[06/27 カルティエ 指輪 クリーニング]
[06/27 ブランド激安 時計 0752]
[06/27 ブランド激安通販]
[06/26 バッグ ブランド激安]
[06/26 s品 n品]
[06/26 ルイビトン激安本物]
[06/26 グッチ 長財布 メンズ]
[06/26 ブルガリ カフェ 銀座]
[06/26 レディース財布 ブランド激安]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]