忍者ブログ

http://www.3d-mouseion.com/engels/bosch_eng.htm



ネタ元はBoing Boingのコリー・ドクトロウの投稿。

上の写真をぽちっとして飛んだ先がこのフィギュアを作っている会社のページなんだけど、見てもらえば分かる通り、ボッシュの「快楽の園」に出てくるクリーチャーたちをフィギュア化。いやあ、全部欲しいぞ! ちなみに、日本だと滋賀にある「アートワーク・インサイト」っていう会社から買えるらしい(リンク先のページの"Contact"ってところから、そこのメールアドレスとかも載ってるページに行けます)。

他にもこの会社、ブリューゲルの「天使たちの反逆」だの、グリューネヴァルトの「聖アントニウスの誘惑」だのに出てくるクリーチャーのフィギュア化も行っております。でも、グリューネヴァルトはやっぱり「磔刑図」のキリストがよかったなあ、って絶対にそれは作らないだろうけど。

それにしても、何だってこんなにコリーのやつは、おれのツボを突いてくるですか?



(追記)
オンラインで買えるとこ発見。でも……すっげー高くねえか?
さらに、横浜美術館でも買えるらしい。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
こんにちは、先日トラバもらったものです。
フィギア、あまりにもすばらしくて感動しまくりました。
フィギア好きの気持ちが初めて理解できました・・。
トモエ 2005/01/28(Fri)19:45:00 編集
trackbackありがとうございます!もう最高ですね。
当然ボッシュも大好きです。これはやばすぎる・・・でも高い。
cymru 2005/01/29(Sat)02:26:00 編集
トモエさん、cymruさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

このフィギュア、ほんと「よくぞ作ったり!」って感じですよね。「ボッシュやブリューゲルの作品に出てくるクリーチャーでフィギュアを作る」という発想自体は浮かびそうなものの、実際に行動に移したParastone社にただただ敬意を表します。

ぼくもフィギュアはあんまり興味がないのですが、こればっかりはやられた……という感じです。買うなら全部!とは思えど、やっぱりちと高いですよねえ……。
はやし 2005/01/29(Sat)03:30:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» ピーテル・ブリューゲル
16世紀のイタリアの画家。ヒエロニムス・ボスの影響を受けている。幻想的寓意画というのはほんとに良い。
URL 2005/01/28(Fri)19:39
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/23 ブルガリ ランチ]
[05/22 カルティエ 腕時計]
[05/22 グッチ 長財布]
[05/22 ブランド激安 時計 レディース]
[05/22 ブランド 財布 激安]
[05/22 BruceFUB]
[05/22 グッチ トートバッグ メンズ]
[05/21 カルティエ 6連キーケース]
[05/21 タグホイヤー 偽物]
[05/21 ブランド激安 時計 007]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]