忍者ブログ
浅田彰はマルクスの『資本論』について「どう考えても寝っころがって読むように書かれているし、そういうふうに読むとばつぐんにおもしろい」というようなことを『逃走論』のなかで書いていた。ここで『資本論』は、ぼくにとってもあなたにとっても、そして浅田彰にとっても「寝っころがって読むべき本」とされているのだけど、ぼくには、『資本論』が浅田彰にとって「専門にかかってはいるけどど真ん中というほどではない本」であったがゆえにそれはひとしお「寝っころがって読むべき本」としてあったように思われる(たしか、浅田彰の専門はゲーム理論で、そして、現代的なマルクス経済学のとり扱い(とくに「分析的マルクス主義」と言われるそれ)にあってはゲーム理論が重要な役わりを果たすことがおおい)。

このあいだ「欲しいけど高い本」として紹介したバートランド・ラッセル著作集第5巻『プリンキピア・マテマティカに向かって』はまさに、ぼくにとって「専門にかかってはいるけどど真ん中ではない本」であり、ゆえに寝っころがって読まれるべきものだ。ただ、くだんの本を学校の図書館から借りてきたのだけど、分厚さもあることながら、使われている紙がそれなりの上質紙で、そのことも本の重さに拍車をかけており、寝っころがって読むことはほとんど不可能のように思われる(いまこころみに重さを計ってみたら、1.8 kg あった)。だから、それを寝っころがって読めるようにするためには、(1) えっちらおっちらスキャニングする、(2) 電子書籍版を買う(そして、あまり実現可能性のないものとして (3) 腕力を鍛える)ということが考えられるのだけど、(1) は「そんな時間あるのか」という感じだし、(2) は「電子書籍にほとんど4万もつぎこむのはいかがなものか」と思ってしまい、けっきょくふりだしに戻る。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
⊂)・×・)⊃ つ[三三]つ (はやし) ←4) ハヤシッフィーが持って本をささえる
ハヤシッフィー 2015/10/05(Mon)17:12:53 編集
それはすごくいいアイディアかもしれない。

(と、同時に、やはり何かたくらみがあるのでは、とも思ってしまう)
はやし 2015/10/06(Tue)13:38:36 編集
重力の弱い星に行けば寝っころがって読めますよ
名無権兵衛 2015/10/08(Thu)18:01:37 編集
それも名案ですが、電子版を買うよりお金がかかってしまいそうですね。
はやし 2015/10/08(Thu)19:58:35 編集
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24
27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]