忍者ブログ
博士論文を書くにあたって、「ぜったいに読むべき」というわけではないけれども「できれば読んだほうがいい」というロシア語の文献がいくつかあって、せっかくの機会だからとロシア語をぼつぼつ勉強してるんですが、スラブ語系の言語は大昔にポーランド語をかじった程度で、ロシア語の単語を見ても「これはおそらくこういう意味だな」という勘も働かず、文献の読みも遅々として進んでいません。そこで、ロシア語の「語勘」をやしなうために以下のロシア語の語源本を買いました。
1冊目は英語ということでとっつきやすいと思うんですが、いかんせん記述が無味乾燥で読んでいてあまりおもしろくありません。ただ記述が無味乾燥なだけあって収録語彙数はそれなりに多く、知らない単語に出くわしたら、ふつうのロシア語の辞書(ちなみに、ロシア語の辞書はオックスフォードのやつを使っています)を引いたあと、これを参照することにしています。ただ、語彙数は多いと言えど、たとえば ОПЕРА なんていう語源が容易に推測できる単語もけっこう立項されており、むだが多いとも言えるかもしれません。

2冊目は、もしフランス語が読めるのであれば、いちおしのロシア語語源辞書だと思います。上の英語の語源辞書とはことなり、読んでいてじつにたのしい辞書です。あと、上の英語の語源辞書にはあまり前置詞の語源が載っていないんですが、このフランス語のものには前置詞の語源もけっこう載っており、たとえば、英語の in(to) にあたるロシア語の в はもともと *un/*on というかたちで("*" はこれらの語が推定形であることを示す)そこに в が付加され *vun/*von となったのだけど、時を経るにつれ、そもそも意味をになっていたはずの *un/*on が脱落し、あとから付加された в だけが残ったという、それ自体として味わいぶかいことが語られています。

3冊目は、これはげんみつに言えば語源辞書ではなく、タイトルが示すように「語幹で増やすロシア語の語彙」といった趣きの本ですが、ひじょうによいです。たとえば、数学の「集合」のことをロシア語で множество というのですが、これは「大いに/多くの/多数」を表す語幹 мног- から来たもので、これに「集まり」を表す接尾辞 -ство が付いたものということが分かります。さらに、мног- には「ドイツ語の Menge を参照」という注記がなされており、ここで「ああ、なるほど」と思うわけです。もちろん мног- の項にも -ство の項にもそこから派生した単語が列挙されているので、語彙増やしの手がかりになります。

日本語のロシア語の辞書も、たとえば研究社や岩波などから出ているそれなりに大部のものにはそれぞれの単語にかんたんな語源の説明が付いているかもしれませんが、このように語源の説明に特化した辞書も手もとに置いておくと何かと便利かつたのしいので、ロシア語を勉強されている方にはおすすめです。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]