忍者ブログ

ここに、これまで「ロック/ポップス編」、「ノイズ編」、そして「エレクトロニカ編」とお送りしてきた2009年度音盤ベストのラストとして「ドローン/アンビエント編」をお送りする。

「ドローン/アンビエント」というものは、選びはじめてみると、今年このジャンルに属するものをたくさん聴いたということもさることながら、ノイズや、そしてエレクトロな作品とその境界を接するものが多く、そのけじめをどうつけるべきか思い悩んだこともあり、これまででいちばん選ぶのに時間がかかった。

ざんねんながら、このジャンルの音盤は日本ではそれほど入手が容易ではないので、入手先リンクは1つの例外をのぞいて、すべて省いた。気になる向きは、ぜひ検索等して、版元にちょくせつ注文してほしい。どれも、それだけの労をとる価値のある作品ばかりだから。


 Essential Elements
Altar Eagle/Pillars of Heaven/Caligine/High Wolf
(Stunned Records, 2009)

収められたアーティストのどれもよいのだけど、おれの好み的には1曲目の Altar Eagle がいちばん好きだ。入手はもはやむずかしいのかもしれないけど、Digitalis Limited から出ているテープもぜひ聴いてみたい。


 Diving into the Pineapple Portal
Brother Raven
(Gift Tapes, 2009)

ジャケからも容易に察せられるとおり、ひじょうに気持ちのいい作品。どんよりと、どこまでも沈みこむようなものも大好きだけど、個人的嗜好としてはやはり、このジャケのように、「周りはまだ薄暗いけど、でも、東の空がうっすらと明るくなってきている」というような作品が好きだ。ドローン一辺倒といったものではなく、ひじょうにカラフル。


 Autumn Fire Blues
Pete Fosco
(Digitalis Limited, 2009)

これも、(あまり)湿ったところのない、気持ちのよいドローン。比較的ポップでもあるので、あまりドローンを聴き慣れていない人にも聴きやすいと思う。


 CMBCMEINAPTD
Infinite Body
(Teardrops Records, 2009)

思わず「シューゲイズ・ドローン」と呼びたくなる作品。これも上記 Pete Fosco と同様、カラフルなポップさがあるので、それなりに広い層にすすめられると思う。


 Truth & Distance
Concern
(Digitalis Recordings, 2009)

これも、暗く湿っぽいところのない、聴いていてひじょうに気持ちのよいドローン。何だか同じようなことばかり言っていて、あまり参考にならず、すみません。


 Taradiddle
Scott Tuma and Mike Weis
(Digitalis Recordings, 2009)

ゆったりと奏でられるフォーク・ドローン。おれはあまりラーガっぽいもの(たとえば、露骨にシタールが入っているようなやつとか)は好きではないのだけど、これはそういうラーガっぽい瞬間もあれど、うまい具合に全体になじんでいるので、よい。1曲1曲も短く、曲によってはほんとにフォーキーだったりするので、ひじょうに聴きやすい。


 Capri
Celer
(Humming Conch, 2009)

ここからは、やや暗黒度合いが高まってくるドローンを。

さて、この Celer は、それほど端的に湿り気や暗さが前面に出ているわけではないけれど、でも、お世辞にも「明るい」とは言えない、そんな作品。ただ、そんなことはどうでもよくなるぐらい完成度的にはものすごく、約30曲入っているにもかかわらず、ほとんど捨て曲なし。ドローンだアンビエントだという枠組みを外しても、今年聴いたもののなかでかくじつにベスト10には入る。必聴。


 Red Rainbows
Noveller
(No Fun Productions, 2009)

この Noveller は、それほど「暗黒」という感じではなけれど、どの曲もしょうじきそれほど「明るい」とは言いがたい。が、そうした「明るい/暗い」は、好みの問題にこそなれ、作品のよしあしにはまったく関係ないことは言うまでもなし。そして、Noveller のこの作品は、ベストに選ぶぐらいだから当たり前だけど、ひじょうに完成度の高いよい作品。ラスト曲には Carlos Giffoni も参加。ちなみに、このなかで(たぶん)ゆいいつアマゾンジャパンで入手できる。


 Split
Gnaw Their Tongues/Lunar Miasma/Mrtyu/Xela
(Insult Recordings, 2009)

おれの大好きな Xela は、単独作を今年は4作リリースしているのだけど、ここではあえてそれら単独作ではなく、このオムニバスをあげる。Xela の出来は言うまでもないが、他の収録アーティストのいずれの作も、ひじょうによい。


 Little Earth
Ajilvsga
(Peyote Tapes, 2009)

Digitalis Limited から、10本組テープ作品を出した Ajilvsga の、これは小ぶりな作品。ここであげたベストのなかではいちばん暗黒度が高い。ただ、たんに暗黒なわけではなくどちらかと言えば「リリカル」と言ったほうが適当かもしれない。



また、このベストについても、これまでと同様、8tracks で「抜粋版」を作った。注文する際などに参考にしていただければ、あるいは、じゅんすいにこれだけでたのしんでもらえれば、うれしい。


これまでの2009年度音盤ベスト、およびその 8tracks 抜粋版。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
ひじょーーにどれも欲しいんですが、金の問題もさることながらamazonで手に入らないものはなかなか入手できなさそうで残念です
長谷部 2009/12/27(Sun)22:21:53 編集
アマゾンじゃなくても、国内で手に入らないではないみたいなんで、がんばって探してみましょう。でも、テープリリースのものの入手はちょっときびしいかもね。
はやし 2009/12/29(Tue)10:56:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]