忍者ブログ

それとないリクエストもあったことであり、しかも、もうすぐいま住んでいるところから引越しもするので、現在の部屋の状況を、「本の置き場」ということに焦点をしぼって記録しておきます。

ただ、前もって言っておくべきことは、リクエストをいただいたエントリのコメントでも言ったとおり、いま住んでいるところにはそれほど長く滞在しないことが分かっていたので、日本からもそれほど本を携行せず、そのうえこちらで買う本の量も控えめ、くわえて、いままで図書館から借りていた200冊ほどの本もすべて返してしまったので、ほとんど見せるほどのものは残っていない、ということです。それでも、どのように方々に本を離散させていたかについての想像はできる程度の状態ではあろうかと思います。

それでは、まず1枚目は、玄関から居間にいたる壁ぎわに並べられた本群から。

縦積みをあまり過度にしてしまうとよろしくないですが、そこにさえ気をつければ、どういう本があるかもよく分かり、かつ、目的の本にもアクセスしやすいので、この方式はなかなかよかったのではないか、と思っています。まあ、これだと、あまり量は置けないですが。(どういう本が並べてあるかについての一端は、詳細1詳細2詳細3、そして詳細4を参照してください)

つぎは、物置スペースに置いてある本。

ここにある本棚は、道ばたに捨てられていたのを保護してきたもの。収容できる本の冊数自体が少ないので、とくに考えもなく本を突っ込んでいます。もう1枚は、床に積んである分。その他、写真には撮りませんでしたが、出入り口がある1面を除いて、壁3面は1枚目の写真でのように、本が並べてあります。(本棚にどういう本が並べてあるかについての一端は、詳細1詳細2、そして詳細3を参照してください)

最後は、居間のあちこちに無分別に積んであるものたちは、べべべっと。

とりあえず、これで現在所有している本の3分の2程度が写せたのではないかと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
どもども、リクエストに答えてくださってありがとうございます。膨大な撮影、お疲れ様でした。やはり横に縦にと山積している感じですね。ぱっと見、子供がブロックおもちゃで作る秘密基地(敷居作っただけとも言う)と似ているから困る。
英書は電話帳みたいなカバーでゴロンと出てくれるからいいなぁ…。書影を見ても一瞬で何の本なのかわからないのが悲しい。

不思議と漱石と幾多郎だけがあるのもいいですね。英訳を読んだ方が幾多郎の本はすいすい読めたりするよね、っていう記事をはやしさんは前に書いていたこともありましたけど、ふと巨視的に見るとはやしさんから見て漱石と幾多郎って妙な接点あるように感じます? このへんを追って読んでた友達が「『門』(だったかな)で出てくる断崖絶壁云々のくだりは幾多郎意識してるんじゃないか…? あんまり人は言わないけど意外に接点あるのでは。和辻をはじめとして漱石の弟子筋が西田派が多かったのも偶然でもないのでは」といった言ってたことがあって、大正時代の国内新カント派の布陣なんかとも意外につながる問題なのかなあ、などと雑駁に話し合ったことがありました。
以前ダミアン・フラナガンの『日本人が知らない夏目漱石』という日本語で発表された本を読んだことがありましたが(指導教官に野口武彦などがいた)、『門』についての英訳『ツァラトゥストラ』で語られる勇者をめぐる記述を映しながら書いたんじゃないか、とかイギリス絵画への言及の関係とか(ストレイシープの主題の絵とかあるんですよね)、理論的にはどうってことないけど指摘されていて面白かった記憶があります。
(なんとはなしにぐぐったら著者HPみつけた
http://www.damianflanagan.com/DJFlan_N_lnk____.html)
そういえば、ケインズが弟子筋の(先々月に死んだ)エドウィン・マクレランの英訳した「こころ」を読んで感動しただなんて話もあったなあ。
ttt 2009/06/06(Sat)16:20:28 編集
西田と漱石が並んでいる(あるいは、これらをわざわざ日本から携行してきた)のは、まあ「たんなる偶然」ですね。ただ、あのころ(と雑駁に言ってしまいますが)の知識人群像はけっこう密につながったりしているので、意識的か否かは問わず、なにがしか通底するものを共有しているということは、あるでしょうね。とはいえ、西田と漱石を比べてどうこうということは、具体的にはよく分かりません。
はやし 2009/06/06(Sat)18:04:46 編集
実証的にはあまり根拠が無いので、妄想的なanother storyへと捏造する素材としては好きなんです。
ttt 2009/06/06(Sat)18:12:03 編集
いや、西田と漱石の関係は、可能性がないことではないとは思いますよ。ただ、ぼく個人としては、「そう言われれば、そういう面もあるかもしれない」どまりのことしか言えない、ということです。
はやし 2009/06/06(Sat)18:22:31 編集
詳細3の写真について。

カッシーラーの『人間』の裏にあるのは、ルーマン『社会システム』英語版だとみた。
英司 2009/06/06(Sat)20:27:31 編集
追記:それにしてもルーマン本がなんで物置スペースなんだよ!!! おれはルーマン専用棚をつくってきれいに並べてるんだよ!!! ほこりかぶってるって噂もあるが。
英司 2009/06/06(Sat)21:01:53 編集
詳細2にあるミニュイの本は何なんだろう…
ttt 2009/06/07(Sun)08:44:35 編集
いや、「物置スペース」ってのは、本を置く場所としてけっこう「高級」なほうですよ。他の本たちは、そこいらにほっぽりだされていたりするのですから。
はやし 2009/06/07(Sun)18:14:41 編集
漱石『文學論』のななめうしろに位置しているミニュイは、アンチ・オイディプスとミル・プラトーですね。
はやし 2009/06/07(Sun)18:15:48 編集
ということは、詳細2の右手にあるPUFの本はドゥルーズの差異と反復、スピノザ論、ヒューム論、ですか。
ttt 2009/06/08(Mon)03:10:00 編集
PUFエピメテ叢書の1冊は仰るとおり『差異と反復』です。あと2冊は、アンリの『現れの本質』とヴィユマンの『代数学の哲学』ですね(ちなみに、ドゥルーズのスピノザ論はPUFからの刊行ですが、エピメテ叢書ではありません)。
はやし 2009/06/08(Mon)18:25:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/23 Eddieodomy]
[10/23 fake lucky alhambra bracelet]
[10/23 van cleef necklace wholesale fake]
[10/23 Best Break Dancer In The World]
[10/22 van cleef and arpels sweet alhambra earrings imitation]
[10/22 AndrewEndom]
[10/22 Vitor]
[10/22 bvlgari watches for sale knock off]
[10/22 激安ブランド館時計]
[10/22 ロレックスブランド激安市場]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]