忍者ブログ

本が見つかったので、再開。


 A Chance to Cut Is a Chance to Cure
Matmos
(Matador, 2001)

外科手術中の音とか、頭蓋骨を鳴らした音とか、何だか厄介そうなサンプルを随所に組み込んで作られたもの。ただ、そういうことを知らなければ、ポップなエレクトロニカのアルバムとして、ふつうにたのしめる、と思う。ただ、こういう「底意地のわるさ」は、たしかにノイズっぽい。


 Day of Seals
Merzbow
(Dirter Promotions, 2006)
 Amlux
Merzbow
(Important, 2004)
 Bariken
Merzbow
(Blossoming Noise, 2006)
 Black Bone Pt. 5
Merzbow
(Blossoming Noise, 2006)
 Bloody Sea
Merzbow
(Vivo, 2006)
 Hybrid Noisebloom
Merzbow
(Vinyl Communications, 1997)
 MERZBOX
Merzbow
(Extreme, 2003)
 Merzbuddha
Merzbow
(Important, 2005)
 Metamorphism
Merzbow
(Very Friendly, 2007)
 Noisembryo
Merzbow
(Releasing Eskimo, 1994)
 Pinkream
Merzbow
(Dirter Promotions, 1998)
 Pulse Demon
Merzbow
(Release, 1996)
 Turmeric
Merzbow
(Blossoming Noise, 2006)
 Venereology
Merzbow
(WEA International, 1994)

ついにこのときがやってきてしまった……。まあ、この連載を読んでくれているような人には、何の説明も要らないでしょう。もし聴いたことがない、という人がいれば、ぼくは個人的に上記からHybrid NoisebloomPulse Demon、上記以外ではRainbow Electronicsを薦めます。


 Psalm 69
Ministry
(Warner Bros., 1992)

ミニストリーは、分かりやすいように、TGの系譜に連なるものとしてNoise/Musicではその名が挙げられているんだけど(そして、「インダストリアル」が「力」とその「踏み越え」という観点から語られるんだけど)、この史観はおれ、ちょっとちがうんじゃないかと思う(そのことについては、このエントリで書いた)。ともあれ、おれにとってのミニストリーは、Twitchと(Twitchに比べるとだいぶ落ちるけど)The Land of Rape and Honeyに尽きるのであって、それ以降はどうでもいい(とか言って、いちおう耳は通しているけど)。


 Cliphop
Mokira
(Raster-Noton, 2000)

いや、モキラはいいですよ。ちょっと狙いすぎのきらいはあるとはいえ、絵に描いたようなグリッチーさで。ノイズとの関わりは、まあ、「テクノロジーの誤用」という点でしょうか。


 Electrovegetarianism
MSBR
(Pinch A Loaf Production, 1996)
 2,000 Thousends Contaminate Electronic Acid
MSBR
(Old Europa Cafe, 1994)

ご存知、と言えるかどうか、ちょっと自信がないけど、日本のノイズシーンを語るうえでやはり外せない田野さんの個人プロジェクト。ただ、田野さんは、じっさいに彼がやっていた音楽で、というより、雑誌『電子雑音』の発行をしていた、というのが大きいだろう。惜しくも2005年に死去。その死を悼んだ10枚組トリビュート盤がこちらからフリーで落とせますので、ぜひ。


 Complete
National Health
(East Side Digital, 1990)

この本、何かたまに、「そりゃあ、繋げて語ろうと思えばいくらでも語れるけど、ノイズ文脈でこれを持ち出すのはやや強引なんじゃないか?」と感じるものがあるのだけど、これもそういう1枚。まあ、カンタベリーを代表する、よいバンド、ですけどね(つうか、著者のヒガーティさんは、そうとうカンタベリー好きと見た)。


 Neu!
Neu!
(High Wire Music, 1972)
 Neu! 2
Neu!
(High Wire Music, 1973)

ノイ、ノイかあ。まあ、たしかに、そのでたらめさというか「食わせもの」加減は、ノイズと通ずるところはあるかもしれんが。


 First Live Performances
New Blockaders
(Vinyl on Demand, 2004)

ニューブロッケイダーズは、音盤を手に入れるのに苦労するかもしれないけど、ぜひ聴いてほしいですよね。つうか、アマゾンJPに取り扱いがあって、ちょっとびっくりした。


 No Record
The Nihilist Spasm Band
(Cortical Foundation, 1968)

ニヒリストスパズムバンドとは、ちょっと不幸な出会いをしてしまっていて、というのも、ノイズをけっこう中心的に聴いていた中学時代に、たしかJOJOさんが薦めていて、んでもって、¬x ~ x = xを聴いたんだけど、けっこうハードな音像を思い浮かべて聴いてしまったので、しょうじきピンとこず、それ以来あんま聴いていない、んですよね。これを機会に、聴きなおしてみよう、と思います。


 Pagan Muzak
Non
(Mute, 1999)

ノンは、ヴィジュアルがかっこいいですよねえ。とくに、"N"がひっくり返って"ИOИ"ってなってたりするところとか。それはともかくノンは、ふつうに考えてBlood & Flameか、もしくはベスト盤のEasy Listening for Iron Youthではないでしょうか薦めるなら。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
やっぱりTwitchですよね。
ところで嫌でも目をひく、メルツバウのそのBloody Seaの捕鯨反対のロゴって、割と大真面目なものなんでしょうか?菜食主義者ならさもありなんという気もするんですが、あえてわざわざ捕鯨を槍玉にあげるということを日本人がするというのは初めて見るので。皮肉にもとれないこともないんですけど。
長谷部 2008/11/23(Sun)14:20:20 編集
Bloody Seaは、じゃっかん「パロディ」的な要素が入っているかもしれないけど、ほぼ100%に近いぐらい本気、だと思う。これ以降も、たとえばイルカがらみのことに関してレコを出していたり、あまつさえTシャツまで出してたりするわけで。
はやし 2008/11/24(Mon)18:51:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]