忍者ブログ

このあいだオフィスでやや年配の先生と話しているとき、ふとしたことから「そういや、おれの知ってる人が、ヴィッゲンシュタインの授業に出てたらしいよ」とのたまった。とうぜんおれは、ええっ!となって、いろいろ細かいことを問いただそうとするも、「いや、おれが自分で出てたわけじゃないから、くわしいことは知らないよ」といなされてしまった。

もちろん、かりにその先生が、ヴィッゲンシュタインの授業に出ていたその人から授業風景の話などをそれなりにくわしく聞いており、そしてその話をおれが聞けたとしても、それはまた聞きのまた聞きにすぎないわけで、じゅんすいに内容的な側面から言えば、そういう「また聞きのまた聞き」なぞせずとも、ヴィッゲンシュタインに関しては、それなり(あくまで、それなり)に信を置ける授業の記録のようなものも残っている。だから、もしそのような「また聞きのまた聞き」が成就していたとしても、たいしたことではない。

ただ、ヴィッゲンシュタインのような、ほとんど「伝説的」とも言える位置を哲学史上に得てしまい、結果、おれのようなそれなりに若い世代にとっては「文物を通して知るだけ」という人物が、「じっさいに生きていたんだ」という、ごく当たり前ではあるけど、と同時に容易に忘れられがちな事実に、否が応でも気づかせてくれる(このあいだデネットに会ったときも、「ああ、この人はクワインの授業を受けていたんだな」と思った)。

そういう「気づき」自体、たいしたことではない、というか、「そんなことぐらい、自分で気づけ」ということであるかもしれないが、やはり、そういうことがあると、その人(この場合では、ヴィッゲンシュタインやクワイン)の書いたものを読むとき、その接し方はあきらかにちがってくる。それが、いいことなのか、わるいことなのか、はたまた、どうでもいいことなのか、分からない。だが、主観的に受ける「感じ」としては、そういうのはわるくない、と思う。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
ということは、はやしさんのヴィトゲンシュタイン番号は 3 ですね。あ、論文の共著でないからだめですか。失礼いたしました。
かがみ URL 2008/09/18(Thu)13:48:10 編集
ヴィッゲンシュタインはそもそも「論文の共著」なるものが存在しない(と思う)ので、たんに「あいまみえた」ということをもってW番号認定ということでいいと思います。というわけで、ぼくのW番号は3で決定です!

それはそうと、エルデシュ以外にもこういう「お遊び番号」を付けたりすると(たとえば、ゲーデル番号、とか・・・・・・って、それじゃこちらが意図している意味合いとはちがうものになっちゃうか)、たのしいと思うんですけど、なぜだかあんま他の人ではやらないですね。もったいない。
はやし 2008/09/18(Thu)19:28:27 編集
ヴィトゲンシュタイン番号 4 に決定したかがみです。エルデシュ以外にこの手のお遊びが行われないのは、やはり彼のキャラというか個性というか人徳でしょうなあ。
かがみ URL 2008/09/19(Fri)10:21:21 編集
エルデシュはほんと、キャラが立ってますからねえ。彼の伝記も前々から読もう読もうと思ってけっきょく読んじゃあいないので、明日あたり図書館で借りてこようかな。
はやし 2008/09/19(Fri)14:25:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]