忍者ブログ

けっこうよく見るテレビチャンネルにAnimal Planetというのがあって、そのチャンネルでGrizzly Man Diariesというドキュメンタリ番組の宣伝をやっていた。

その宣伝をさいしょに見たときは、「人と動物(この場合、クマ)とのあたたかい交流を描いた番組なんだな」と思っていたのだけど、何度かその宣伝を見るうちに、どうも寂寞感の度合いがつよすぎるような気がしてきた。そういう目で見返すと、宣伝中に出てくるテロップの"He gave his life to tell"というのの過去形がみょうに引っかかってもくる。そこで、お決まりどおり検索をかけてみると、この番組の「主役」であるTimothy Treadwellという人は、彼の愛するクマに殺され、あまつさえ食べられてしまった、ということが判明した。

けっきょく宣伝のみならず本編も見たのだけど、やはり、と言うか何と言うか、たんなる「人と動物のあたたかい交流を描いた」というにとどまらぬ「へヴィーさ」を湛えたものだった。たとえば・・・・・・と語りだすとキリがないので、誤解されることを承知のうえ言い切ってしまうと、そこには、「剥き出しの野生」とでもいったものが、「テレビ番組」という宿命的に作られてあるしかない画面のはしばしから滲んでいるのだ(もっとも、こうした感慨は「クマ好きな人がけっきょくクマに食われて死んでしまった」というこちらの前提知識に拠っているところが大きいことは、否定できないが)。

そういう「剥き出しの野生」を見せつけられると、「文明/野生」という二項対立をこえて、「人間/動物」という(その存立基盤がきわめてアヤシゲな)区分について考えさせられる。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
祝・初書き込み!!とうとうパソコンを購入し、覚束ない手付きでキーを叩いています。

石野卓球の近所に「〇〇牛を食わす店」みたいなのがあって、行ってみたところ他にお客はおらず、デッカイプロジェクターで延々AnimalPlanetが流されていたらしいよ。やだねー。
2008/09/13(Sat)23:56:55 編集
アニマルプラネットは、けっこう手加減なく動物が食われてるとことか、食われたあとの残骸とか、あと、動物に襲われた人の悲惨な姿とかを移したりするので、そういうのを見ながら牛肉を食べるのはかなりきついと思われる。
はやし 2008/09/14(Sun)17:05:55 編集
祝、祝!!(つーかそもそもこれって他人に書いてもらうことだよな…)
希更 2008/09/14(Sun)22:57:47 編集
めでたいめでたい。
はやし 2008/09/15(Mon)12:58:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/20 はやし]
[10/20 はやし]
[10/17 mom]
[10/17 mom]
[09/22 はやし]
[08/27 名無権兵衛]
[08/23 はやし]
[08/16 名無権兵衛]
[07/01 はやし]
[07/01 はやし]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]