忍者ブログ

かるく。


 The Coral Sea
Patti Smith
(TBC, 2008)

しょうじき、こういう「副業」にかまけてないで「本業」のほうにがっつり精力を傾注してほしいと思わないでもないケヴィン・シールズが、パティ・スミスのリーディングのバックを勤めた音盤。とちゅう、「これ、けっこう退屈なんじゃないか?」と不遜にも思ってしまったが、だんだんとこちらを引きこんでしまうのだから、さすが(とはいえ、2枚つづけて聴くのはちときついやも)。


 Sunlight To Blue... Blue To Blackness
The Durutti Column
(Kooky Discs, 2008)

人知れず(って、んなことないか)地道に活動をつづけるドゥルッティ・コラムの新作。びっくりするぐらい変わらない音で、安心するやらあきれるやら。


 Black Sun Ensemble
The Black Sun Ensemble
(Camera Obscura, 2001)

某レコ屋さんの新入荷情報で、新譜が出たことを知り、そういやおれファースト(かな?)は持ってたよな、とごそごそ引っぱりだして聴いてみた。のだが、これはちと、きつい。新譜はセミアコースティックとのことで、ジョージ・ハリスンの名前(音盤はそれと名指されていないけど、まずまちがいなくこれを念頭においての参照であろう)も引きあいに出されているので、だいぶ変わったんだろうな。


 Mettle
Leila
(Warp, 2008)

もうすぐ出る(あるいは、もう出てる?)アルバムからのシングルカット。いっとき「リチャードの秘蔵っ子」みたいなハイプのされ方をしていましたが、そういう文脈で聴いちゃうと「あれ?」かもしれません。


 With Its Dark Curled 'round the Garage
Erik Enocksson
(Kning Disk, 2008)

わるくはないんだけど、うーん、ちょっと大げさというか、思わせぶりがきつすぎるんだよねえ。ただ、ヴォーカルは、けっこう好きな「身を捩らせ」系なので、そういうヴォーカライゼーションが好きな人には、おすすめできます。


 Litany of Echoes
James Blackshaw
(Tompkins Square, 2008)

どっかの音盤レヴューで、「ドゥローン的な語法も導入し……」みたいな文言を見かけていたので、じゃっかん身がまえて聴いたのですが、これがあーた、けっこういい出来でござんしたよ。むしろ、ギターを前面に押し出した曲よりも、だんぜんいいと思ってしまった(じつは、彼のギターは、あまりいいとは思わないのだ。小手先が器用なだけで、決定的にだいじな「何か」が欠落している、と思う)。


 Wildering
Kría Brekkan
(After Hours, 2008)

元ムームで、かつアニマルコレクティヴの人の奥さん(2人でアルバムを出しているが、こちらは未聴)のクリア・ブレッカンのシングル。これは、もう、Fonalの女性アーティストの音、と言えば、それで事足ります(あ、いや、けなしてんじゃないですよ)。


 Mirror Mics
Pocahaunted
(Weird Forest, 2008)

うえのクリア・ブレッカンとか、Fonal系の人たちと同様、どこか「巫女系」でありながら、それらよりもかくだんにfierce(まあ、Not Not Funからも出してるってことで、そんなこたあ言わずもがな、ですが)。これは、「Loadのサブレーベルか?」と思ってしまうようなリリースラインナップのWeird Forestから。この人たちの音盤(けっこう出てる)、集めてもいいな。


 Strawberry Wine
My Bloody Valentine
(Lazy, 1987)

プライマル(そういや、ニューアルバムがもうすぐ出るんだよね)なんかに関してもそうだけど、こういう初期のすばらしいシングル音源がそれほど容易には手に入らないというのは、「犯罪的」と言ってもいいことだと思う(MBVについてはこれで、プライマルについてはこれでその欠をじゃっかん埋めることはできるけど、MBVのやつに関しては廃盤、プライマルのやつに関しては"It Happens"と"Crystal Crescent"が入っていないという「何考えてんだ?」な選曲なので、状況はそれほどよくないことに変わりはない)。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
どうも、はじめまして。
実はこのブログでマイブラのことを知ったのですが
自分がよく行く大手レンタル店ではイズントエニシングとラヴレスしかなく、他の作品を購入しようにも滅多に見つからないか値段が高くて手が出せそうにないのが残念です。仕方が無くyoutubeで(Please) Lose Yourself In Meを聞くだけで我慢しております。ところでもうご存知かも知れませんが、最近復活したらしいマイブラ、6月の下旬にロンドンでちゃんとライブをしたようですね。事前に耳栓が配られる程の轟音ライブだったようです。
yuta 2008/07/09(Wed)00:53:06 編集
MBVは、単発アルバムがすばらしいことはyutaさんもつとにご存知でしょうが、各シングルもめっぽうすばらしく、かつ、それらは「アルバム」という単位とはちがった位相の味わいがあるので、"Isn't Anything"と"Loveless"のリマスタ盤も出たことですし、ここはひとつシングルの再発も切に望みたいところですね。

ロンドンでのライヴは、一部(おれも含む)の予想を裏切り、かなりまっとうにすごかったらしいですね。ラストはちゃんと"You Made Me Realize"地獄(あるいは「天国」)で締めたみたいですし。ここアメリカにも9月ぐらいに来るらしいので、ちょっと本気で行くことを検討しちゃってます。
はやし 2008/07/09(Wed)16:02:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]