忍者ブログ

忍者に引越してきてから、初、かな。


 Rarities of Piano Music 1996
VA
(Danacord, 1997)

これは、ここでもちょろっと言ったように、けっこうたのしみにしてたんだけど、ちょっと期待はずれだったなあ。全体に破綻のない曲ばかりで、おれの好きなタイプの曲(無調とそうではないのの、あやういバランスのうえに成り立ってるような、そんな曲)があまり入っていなかった。


 Requia & Other Compositions for Guitar Solo
John Fahey
(Vanguard, 1967)

というわけで(ということにはぜんぜんなってませんが)、大好きなフェイヒイを。たまに、「悪魔に魂を売ったかのような」とか何とか、そんな評言がなされるアーティストがいたりしますが、おれにとってフェイヒイがいちばんそれに近いです。何と言うか、悪魔かどうか知らんけど、「何か」が憑いている。そんな感じ。


 Going to Where the Tea Trees Are
Peter von Poehl
(Bella Union, 2007)

ジャケからの想像では、ちょっと(だいぶ)電気仕掛けなサイケものかな、と思っていたんだけど、大はずれ。1970年代初頭っぽいSSWものというか、昼下がりのドラマっぽいところはこれを連想させたりもする、そういう作。ただ、ところどころ、じっさいに「電気仕掛けなサイケ」っぽい部分もあったりもするので、ジャケからの音予想は、当たらずとも遠からず、と言ったところ。どの曲も、けっこう暗め。


 With Our Arms Wide Open We March towards the Burning Sea
Glissando
(Gizeh, 2008)

これも暗い。もっとも、暗いのはきらいではないので(むしろ、けっこう好き、と言ってもいい)、そういう点ではウェルカムなんだけど、何と言うか、あからさまに暗い感じにしようとしているのが、やや減点対象。いや、でも、わるくないです。というか、けっこういい。


 Courtesy and Good Will Toward Men
Harvey Milk
(Relapse, 2006)

超々々神盤」なんて言われちゃあ、これは聴かないわけにはいきますまい。音はもう、そのような大絶賛に恥じぬ出来なんですが、こういうの「ポスト・メタル」って言うんですか? 何か、あんまりメタル要素は感じられなかったんですが。あ、だからこそ「ポスト」なのか。


 Snow Cover
Hybernation
(Rednetic, 2007)

これは、おれんなかで直球な「ニカ」ですね。バック(と言うには前面に出すぎている観もあるけど)にゆったりとしたパッドシンセが響き、そのなかでひそかに細かい刻みのリズムが鳴っている、という。わるくはない、というか、好きな音なんですが、しょうじき新味に欠けることは否定できないので、「大推薦!」ってんでは、ざんねんながら、ないです。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]