忍者ブログ

先ほどから、リース・チャザム(Rhys Chatham)が2005年パリで開かれた白夜祭(La Nuit Blanche)出品作として400本のギターのために書いた作品A Crimson Grail を聴いているのだけど、これがほんとうに素晴らしい。聴いている最中、ほぼずーっと総毛立ちまくり。これは、絶対に聴いておいたほうがいい。

まず序章の、ふわーっと(あくまで「ふわーっ」であって「グワーッ」ではないところがポイント)音が立ちのぼるところからすぐさま「あっちの世界」に持っていかれる。つづく第2章の、終盤でドラムも加わりロック的ダイナミズムが炸裂するところもたまらない。終章では、徐々にギターが重ねられてゆき、まごうことなきWall of Soundsが形成するそのさまはまさに失神もん。さらにはいったん終わったかと思わせておいて、さらに追い打ちをかけるように轟音が回帰し、そこに観客の声が「ほとんど作品の一部」として重なる様子は、感動的と言うほかない。

……と、思わずいろいろ書いたが、そんな言葉は「そこにある音」に比べれば、贅言にも届かない。大事なのはじっさいに、揺曳する音の波間に身を浸すこと、ただそれだけだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
わたしも総毛立つかい? 
mom 2008/02/25(Mon)03:48:00 編集
それは分からん。
はやし 2008/02/25(Mon)07:50:00 編集
いまさらながら入手して聴いたのですが、一曲目が始まった瞬間に「おお!」と声をあげそうなほど感動しました。始まった瞬間にこりゃ名盤だと確信できるというのはほんと久々です。軽く畏怖を覚えるレベルだ
長谷部 2008/07/07(Mon)06:26:09 編集
エントリ本文にも書いたけど、この音盤はほんとうにしょっぱなから持ってかれるよね。そして、「あんこ」の部分も、大枠でミニマルっちゃあミニマルなんだけど、けっして退屈なそれではなく、ふだんはあまりこういう音楽を聴かない人にもじゅうぶんな訴求力を持つぐらいの起伏があり、それこそ「家族そろってたのしめる」と思うので(いや、これはさすがに言いすぎか)、もっとひろい範囲で聴かれればいい、と思う。
はやし 2008/07/07(Mon)06:44:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/24 時計スーパーコピー]
[06/24 スーパーコピーブランド]
[06/24 スーパーコピー日本時計]
[06/24 スーパーコピー日本時計]
[06/24 Michaeltob]
[06/23 cartier santos stainless steel for sale]
[06/23 cartier tank anglaise collection where to buy]
[06/23 偽物]
[06/23 日本時計スーパーコピー]
[06/23 日本時計スーパーコピー]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]