忍者ブログ

ある目的を達成するのに、ある程度の妥協を許してそれなりのもので満足するのではなく、あたうかぎり納得のいくものにしようとするという、ある一面から見れば「美徳」でもあるが、時間がないときには「そんなことよりあんこの部分をとっとと進めようや!」とわれながら思わざるを得ない、そういうわるいくせがまた出た。

そもそもの始まりは、OSX+NeoOfficeという環境でベースフォントをTimes New RomanにしているとŁukasiewiczのŁがきれいに出力できない、ということだった。しからば、いい機会だからTeXで書くことにしよう、と思いたったのがそもそものまちがい。ひさかたぶりにTexShopを立ちあげてみたはいいものの、いじってるうちにまたぞろいろいろと気に食わない点が出てきて、思いがけず時間をとられてしまった。

まず、提出するフォーマットは、こちらではレターサイズの用紙にダブルスペースで、というのがスタンダードだから、そうするためにusepackage{doublespace}をプリアンブルに書いて試しにタイプセットしてみると、「doublespaceなんてスタイルシートはないぞ!」と文句をたれられてしまった。ここまでは、まあ、何てことはない。どっかでdoublespace.styを見っけて、おなじみのtexmf(に該当するところ)にそのスタイルシートをぶちこめばいいだけの話だ。

ところが、上で言った「texmf(に該当するところ)」というのがくせもので、Library内にあったそれらしきところにdoublespace.styをぶちこんでも、依然として「ないぞ!」と文句を言われつづけてしまう。こうなったら、/usr/local/share/(これは、基本的にターミナルからしかアクセスできない)にあるtexmfにcpなりmvなりでスタイルシートを動かさなきゃならんのか?と思うも、「いや、そんなバカな話はあるまい」とさらに試行錯誤を重ね、けっきょく、たんじゅんにホームディレクトリ(ユーザ名がついてるとこね)にtexmfを作ってぶちこめばいいということが判明。ここまでですでに数十分の浪費。

さらに、マージンの設定やらヘッダの設定(ヘッダ部に自分の名前と、そしてページ数を右寄せで表示)やら、さらにはパーリ語やサンスクリット語をローマナイズしたときに付加される文字下のドットの調整やらにも乗りだしてしまい、上記の試行錯誤と合わせると、ゆうに1時間は本質的ではない(というのは、じっさいの本文書きとはかかわらない)作業に費やしてしまった。

というわけで、その成果物を、のちに忘れたときのためにここにメモしておき、遅れを取りもどすためにひと頑張りす(って、もう2時近くじゃねえか……)。





基本プリアンブル

 documentclass[12pt]{article}
usepackage{doublespace}
setlength{	opmargin}{0in}
addtolength{	opmargin}{-0.5in}
setlength{oddsidemargin}{0in}
setlength{evensidemargin}{0in}
setlength{	extwidth}{6.25in}
setlength{	extheight}{9in}
pagestyle{myheadings}
markright{hfill 
m ここに名前が入る quad}

こちらの一般的なレターサイズは、インチで言うと幅8.5高さ11なので、上下左右各マージンを1インチだとすると、7行目のテキスト幅は6.5にすれば右マージンは自動的に1インチになるはずなのに、そうはならなかった。ふしぎだ(ただ、まだじっさいに印字してみたわけではないから、印字してみるとテキスト幅は6.5でよかった、という話になるかもしれない)。



パーリ語・サンスクリット語の下書きドット
たとえば、テトラレンマ(tetralemma)をあらわす"catuskoti"の場合、"s"と"t"の下にドットがくるから、以下のようになる。

 catushspace{-.3em}
aisebox{-0.4ex}{.}ko
thspace{-.3em}
aisebox{-0.4ex}{.}i
(じっさいは改行なしのひとつづき)

欲を言えば、"t"の下のドットは、もうちと左にあったほうがかっこいいが、そこまでいちいち微調整もしていられまい(と言いつつ、たぶん最終的には微調整するんだろうなあ)。





つうか、こんなエントリを書いている場合ですらないのだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
皆様を歓迎して当店をご光臨賜ります。
抜群な専売店に行かなければなりません
当店の商品は正規品に対して1:1の完成度で造られています。
お客様優先、良い品質、価格激安、多い選択
※ご注文の方は、ご連絡下さい。
お客様を期待!!
a級品 URL 2017/05/20(Sat)06:22:41 編集
新品の財布の
●株式情報はいつでも更新します!
◆品質が良くて、は価格が、実物の写真が低いです!
◆経営方針:品質を重視して、納期も厳守して、第1を使いを信じます!
◆超とりわけ安い価格で、安心して、迅速で、確かで、顧客の身辺まで(に)引き渡します。
豊富な商品でそろってい最も新作もいつでも商品が到着してゆっくりと見てくださいのためです。
広大な客がご光臨賜りを歓迎します
ブランドコピーブランドN級品専門店

史上最も激安ブランドブランドコピー-即日 配送可,100%入荷。
当店は正規品と同等品質は品質3年保証でご注文から5 日でお届け致します。
レディースとメンズ激安通販専門店!品質と本物は同様です。ブランドコピー時計
全て新品、高い品質、激安 、送料は無料です( 日本全国)すべての商品は品質2年無料
カルティエ 指輪 サイズ URL 2017/06/06(Tue)10:28:17 編集
人気最新品┃特恵中┃
高級品☆┃時計┃バッグ┃財 布┃その他┃
日本最高級ブランドコピーブランド時計激安通販専門店
スイスと日本でのブランド時計コピーの生産を専門としてい.
品質がよいレプリカブランド腕時計を取扱っ ています
ご注文を期待しています!
シャネルバッグ 激安 http://www.sbagshop.com
シャネルバッグ 激安 URL 2017/06/16(Fri)05:56:46 編集
ブランドコピーブランド時計N品級激安販売-通販店

最高品質ブランドコピーブランド時計、バッグ、財布(N級品)新作最新入荷。

★100%品質保証!満足保障!リピーター率100%!
★商品数も大幅に増え、品質も大自信です。
★スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
★顧客は至上 誠実 信用。

当社の商品は絶対の自信が御座います。ぜひ一度ご覧 ください。送料は無料です(日本全国)

ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております
ロレックスs級 URL 2017/06/25(Sun)16:26:52 編集
最高レベルブランドブランドコピー品通信販売
ブランドブランドコピー専門店!業界より高級製品をご提供する。当サイトに取り扱っていない
最高品質ブランドコピーしかお出しいたしません!
コピーブランドもお取寄せ可能!
お探しのブランドコピー商品がございましたら、いつもお気軽に!
までお問い合わせください。
店舗名/会社名 東京都ブランドコピー通販社
営業時間:ご注文は365日年中無休承ります。
ブランド激安 時計 0752 URL 2017/06/27(Tue)15:37:33 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/27 カルティエ 指輪 クリーニング]
[06/27 ブランド激安 時計 0752]
[06/27 ブランド激安通販]
[06/26 バッグ ブランド激安]
[06/26 s品 n品]
[06/26 ルイビトン激安本物]
[06/26 グッチ 長財布 メンズ]
[06/26 ブルガリ カフェ 銀座]
[06/26 レディース財布 ブランド激安]
[06/26 カルティエ 結婚指輪 アフターサービス]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]