忍者ブログ

きのうゼミのあいまの休み時間に飲み物を買いに生協に行き、会計をするためレジの列に並んでいたら、会計待ちの人が手にとって「ついでにこれも」と買わせるためにおいてある雑誌のなかにRolling Stoneがあり、"The Return of Led Zeppelin"という文字が躍っていた。

表紙はもちろん、見るたびに崩れていくロバート・プラント、見るたびに太りはするもののそれほど印象は変わらないジミー・ペイジ、そして言われなければ見ても誰だか分からないジョン・ポール・ジョーンズという、ボンゾをのぞくZeppsの3人。中身の記事は、時間がなかったのでチェックできなかったけど、部屋に帰ってきてウェブで見られるExcerptを読んでみると、ボンゾの息子であるジェイソン・ボーナムをドラムに据え、正式に"Led Zeppelin"としてライヴをやるらしい(新録をするかどうかは、この抜刷りからは不明)。

もちろん、ペイジとプラントは、アルビニをエンジニアに迎えたアルバムを出しているし(もう1枚No Quarters というのがあるけど、これはいかにも「企画もの」といった感じ)、あまつさえJPJを加えてRock and Roll Highway という得体の知れないリリースもしている。だが、そこまでやっていても、Zeppsの再結成に関しては「ボンゾがいなければ無意味」といつも突っぱねていたはず。彼らにいかなる心境の変化があったのか?(くだんのRolling Stone誌の記事によると、ボンゾの息子のジェイソンの立ち回りがでかかった、というように読める)

べつにおれはリアルタイムでZeppsを体験した世代ではないし、こういう「再結成」には、誰しもたぶんそうであるように、きわめて冷淡な反応しかとりあえずは出てこないのだが、ただ、機会があれば目にしてみたい、と思うこともたしか。シアトルやらポートランドやらにこないかね。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]