忍者ブログ

トマス・ピンチョンの『重力の虹』は、色んな意味での読みがたさ、たとえば、端的に分厚いだとか、がんばって読んでも何が書いてあるのかイマイチ分からない、といったことが災いして、ものすごく有名なわりにものすごく読まれていないという不幸な状況におかれている。

もちろん、「何が書いてあるのか分からない」ということに関しては、以前も紹介したワイゼンバーガーによる注釈本で何とかならないことはないのだが、そうなると今度は、ただでさえ分量的に難儀なのに、それにさらにページ数が上乗せされることになり、この方途はけっこうな好き者以外にはあまり勧められない。

そんなにっちもさっちもな状況を打破するようなとんでもない本が、去年の暮れに出ているのを知った。ニューヨーク在住のパンクな画家ザック・スミスが、『重力の虹』のペンギン「20世紀の古典」エディションの1ページ1ページに完全対応させて挿絵を描いた狂気の作『図解で分かる! 重力の虹』(意訳)がそれだ。

もちろん、この挿絵集だけで「『重力の虹』がすべて分かる」ということにはならない。というか、はっきり言って絵だけ見ても、対応する『重力の虹』のページで何が起こっているのかまったくもって分からない。ただ、「よく分かんねえ!」と呪詛の言葉を吐きながら義務的にページを繰るより、とりあえず該当ページを読み、「よく分かんねえなあ」とぼやきつつこの挿絵集に眼をやって、文字情報と視覚情報の相互交感を楽しむほうが、分からないなりにもいいのではないだろうか。また、さいしょっからこの挿絵集だけを見て、気になった絵があったらそれに該当する原書ページを読んでみる、というのも、なかなかオツな楽しみ方だ。

そんなわけで、けっきょくこの挿絵集も「好き者」向け、なのかもしれないが、ザックのドローイング自体もわるくないし、それ単体でもなかなかのものだと思うので、気になるかたはちらっとでも覗いてみるといいかもしれません。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/28 FerminBycle]
[06/27 カルティエ 指輪 クリーニング]
[06/27 ブランド激安 時計 0752]
[06/27 ブランド激安通販]
[06/26 バッグ ブランド激安]
[06/26 s品 n品]
[06/26 ルイビトン激安本物]
[06/26 グッチ 長財布 メンズ]
[06/26 ブルガリ カフェ 銀座]
[06/26 レディース財布 ブランド激安]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]