忍者ブログ

3

スペクタクルは、社会それ自体として、あるいは社会の一部分として、またあるいは統一化の道具として、その身を同時に現す。社会の一部分としてのスペクタクルは何よりもまず、すべての眼差し、すべての意識を引きつける部門である。そして、まさにこの部門が分離されてあるという事実によって、スペクタクルは、弄ばれた眼差しと偽の意識が作る場となる。そして、スペクタクルが成し遂げる統一化はと言えば、それは一般化された分離の公用語に他ならない。



スペクタクルは何よりもまず、人々の眼差しや意識を引きつける「社会の一部分」として措定される。このことは今まで言われてきたことから充分理解できるであろう。

スペクタクルというものは、人々の「生のあらゆる側面から切り離され」たイメージを以って、「部分的に考えられた現実」を構成する。そして、「切り離され」てあるというそのことが、イメージの自律的な活動を許し、そこから「虚偽」が紡ぎだされる。ゆえに、そこに再帰的に向けられる眼差しは「弄ばれ」るわけだし、意識も「偽」のものということになる。

そのようなプロセスを経てなされる「統一化」は、分離され自立的となったイメージゆえに可能となるものであり、同時にそれは「偽の世界」の公用語となるのだ。

それでは、スペクタクルが「社会それ自体」として立ち現れる、とはどのような事態か?

とりあえず考えられるのは、スペクタクルがわれわれの眼差しや意識を総ざらいにしてしまい、「現実」を全域的に覆ってしまう事態としてだろう。それはもう実現してしまっているのか? それとも、あくまでスペクタクルのアジェンダとして捉えられているのか?

「社会それ自体」としてのスペクタクルについて、今はそのような疑義を提出するに留めておこう。


次へ
目次へ

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]