忍者ブログ

表題どおり。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000000S0/hayashinoblog-22/ref=nosim Star Booty
Bitch Magnet
(What Goes On, 1988)

アルビニがからんでるものなら何でも無節操に買い漁っていた中学時代に、たしかフールズメイトだかドールだかで「アルビニがプロデュース、らしい」という不確かな情報を読み、買ったアルバム。1曲目の"Carnation"の疾走感は好きで、いまだにこの曲とラストのライヴ音源はよく聴く。で、ついさっきDiscogsで彼らのことを調べて知ったんだけど、デイヴィド・グラッブスもメンバーだったのね。おそるべしアルビニファミリー。

リンク先は、"Star Booty"と2ndの"Umber"の2in1というお得盤……にいっしゅん思えるけど、マーケットプレイス価格7,000円超って、どういうことよ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008YJH5/hayashinoblog-22/ref=nosim Surfer Rosa
Pixies
(4AD, 1988)

このアルバムもアルビニプロデュースということで買ったのだけど、そのときはあれほど有名になるとはつゆも思わなかった。だから、というわけでもないのだろうけど、いまだに名盤と言われるDoolittle とかのブレイク後の音はあまり好きではない。とか言って、ラストアルバムはけっこう好きだったりするんですが。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000058DVL/hayashinoblog-22/ref=nosim Babysitters on Acid
Lunachicks
(Blast First, 1990)

上記ピクシーズのベーシストであるキムの姉御がサイドプロジェクトとして始めたブリーダーズの1st(これもアルビニプロデュース)は、ことによったらピクシーズよりも好きで、ピクシーズからの流れでそれにしようと思ったのだけど、ブリーダーズがらみでウェブをさまよっているうちに、なぜだかルナチクスの名前を発見し、「なつかしい!」ということで聴きかえしてみた。たしか彼女たちのことは、フールズメイトのスカム特集(このエントリに言及あり)で知ったはずだ。

で、その音は、と言うと、基本的にヴォーカル歌い込み系のハードロック(ちょっぴりストレンジな風味あり)で、そうわるくはないんだけど(ヴォーカルの歌唱法はソロになってからのダンジグを思いおこさせたりする)、あまり年中聴くもんでもないかな、と。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000CNFB22/hayashinoblog-22/ref=nosim Standing in the Way of Control
The Gossip
(Kill Rock Stars, 2006)

思いおこせば上記ルナチクスが出てきた当時は、ちょうどL7(この名前も劇的なまでになつかしい)なんかのガーリーバンドも出てきたりしていて、プレRiot Grrrl的な雰囲気に満ちていた。そこからの連想で、「最新型Riot Grrrl」の代表格(なのか?)としてザ・ゴシップを。

ヴォーカルのベスは恰幅がいいだけあって声量もあるんだけど、おれは声量がある歌い手さんはそれほど好きではないので、これもイマイチ、かな。あまり比べるもんでもないのかもしれんけど、この手の「スリーピース、ベースレス、女声ヴォーカル」という構成では、ヤーヤーヤーズに断然軍配が上がる(が、冷静に考えてみると、ヤーヤーヤーズも1stシングル以外は大してよくないかも)。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000000HVL/hayashinoblog-22/ref=nosim Pretty on the Inside
Hole
(Caroline, 1991)

やっぱりおれは「最新型」よりも「懐古趣味的」なものが合ってるんだな、とあまり脈絡はないかもしれないが、ホールの1stを引っぱりだして聴いた。このころのコートニーの捨て鉢なドスの利かせ方というのは、いま聴きかえしてもわるくないな。って、他のアルバムは聴いたことないんですが。

そういや、コートニーとカートの娘さん、数年前にTeen Vogueにインタヴュが載ってるのを立ち読みしたことがあるんですが(おれももの好きだ)、いまはどうしてんすかね。つうか、Teen Vogueはけっこうおもしろいんで、みんな読むべきだと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000SNUMES/hayashinoblog-22/ref=nosim Happy Birthday!
Modeselektor
(Bpitch Control, 2007)

モードセレクタは、一部輸入レコ屋のハイプもあって、ちょっと過大評価されてるんではないかと思いますが、新しいのが出たらとりあえず聴いとくか、程度におれも気にしてはいます。が、これは好みの問題もでかいと思うんですが、やっぱりおれはあんまモードセレクタは好きでないですねえ。あ、でも、アパラートとの共作はかなり好きだな。つうか、おれはアパラートが好きなのか。なるほどなるほど。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000VLJIRE/hayashinoblog-22/ref=nosim A1-D1
Gescom
(Skam, 2007)

上記で言及したような輸入レコ屋さんたちが、今週か来週あたりには「あのオウテカのロブとシェーンもからんでる覆面テクノユニット!」とかハイプしている様子がいまから目に浮かぶゲスコムの新作ですが、今回はかなりフロアオリエンテッドで攻めてきましたねえ。とはいえ、随所にヘンテコリンな要素が混入されており、オウテカの2人がからんでようがからんでまいが、「Skamの音」って感じです。つうか、Skamの「レーベルオペレータ」であるロブ・ホールが毎月アップしてるミックス音源は、Skamから出る予定の新作音源も何くわぬ顔でミックスされたりするんで、要チェックです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007OE1TK/hayashinoblog-22/ref=nosim Accident
Flatbacker
(ヴィクター, 1985)

ボリスのアツオ氏がユーロロックプレス上で「最近アンセムがお気に入り」とか言っていたので、「ジャパメタルっておれんなかで穴だよなあ」ということもあり、しかも、ウィキペディアの記述によると「あぶらだこがメタルをしている」かのようということなので、「これは聴いとかな」と思い聴きましたけど……これ、どこがあぶらだこなんですか? ぜんぜん違うじゃないですか。つか、この手のもんはやっぱり苦手かもしれんですねえ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009I8VZ4/hayashinoblog-22/ref=nosim Bound to Break
Anthem
(キングレコード, 1987)

で、アツオ氏の最近のお気に入りである当のアンセムを。どのアルバムが「お気に入り」なのか上記ユーロロックプレスのインタヴュでは語っていなかったので、ファンのあいだでいちばん評価が高いと言われるこれを聴いてみました。アツオ氏はこれを「クラウトロックとして聴いている」とのことですが……どこがだ! やっぱりおれにはジャパメタル、というか、オーヴァーグラウンドなメタルは不向きなようです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000294SD4/hayashinoblog-22/ref=nosim ハードにさせて
ツジコノリコ
(Mego, 2002)

耳なおしに、と言ったら、上記2バンドに失礼にあたるかもしれませんが、ここのところあらためてそうとう聴いている、ツジコノリコがメゴより2002年に出したこの3rdを。ともあれ、これはほんとうに「不朽の名作」レヴェルの傑作。アマゾンのマーケットプレイスではほぼ2万という値がついていますが、最初の2曲のためだけにでも、いや2曲目の"Give Face"のためだけにでもそれだけの額を払う価値はあるのではないか、とすら思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
cartierbraceletlove Cara, a Ally massacrou Camp Taraujo. Alguém fez as quests? Tu vai falar com os espiritos dos Taurens mortos. Tem uma Tauren que fica gritando de horror pedindo que salvem as crianças.
bracciali love imitazione http://www.classicigioielli.org/
bracciali love imitazione URL 2017/06/06(Tue)09:20:01 編集
I’m curious as to when and how Lewis “held open the door to universalism”, as it seems counter to everything I’ve ever read or heard of Lewis.
how to open hermes enamel h bracelet wholesale http://www.lemeilleurbijoux.cn/en/hermes-narrow-clic-h-yellow-gold-bracelet-replica-black-enamel-p251/
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/28 FerminBycle]
[06/27 カルティエ 指輪 クリーニング]
[06/27 ブランド激安 時計 0752]
[06/27 ブランド激安通販]
[06/26 バッグ ブランド激安]
[06/26 s品 n品]
[06/26 ルイビトン激安本物]
[06/26 グッチ 長財布 メンズ]
[06/26 ブルガリ カフェ 銀座]
[06/26 レディース財布 ブランド激安]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]