忍者ブログ

Shellacの7年ぶり(!)のアルバムExcellent Italian Greyhound を聴いていたら、何だか無性にTravis BeanのTB-500が欲しくなってきた。

ご存知のようにこのTB-500というのは、ネック素材にアルミニウムを採用しており、それゆえ非常に金属的な音がする。「ギターの音色を語るのに、『木の暖かみが……』とか、そういう言辞(だけ)をひるがえすのはもういい加減やめにしようや!」と常々思っているおれとしては、まさにうってつけの逸品である。

ただ問題なのはやはり、現在はもう生産していないので入手が非常に困難なこと。しかも、まさしくアルビニ御大のおかげ売買価格が絶賛高騰中というオマケつき。

べつにおれはアルビニフリークでもないわけで(いや、ちょっとそうかな)、とりたててTB-500に固執する理由もなく、アルミ素材、もっと広くは木をあまり使っていないギターであれば、Velenoだっていいわけだが……って、Velenoも現在は生産しておらず(追記。Velenoはいまでも生産中でした。にしても、お値段9,000ドルっつうのはなあ)、値段もそれなりで(というか、へたをすればTravis Beanより高かったりする)、あんま状況は変わらんのだな。他にアルミを使ったギターと言うとTokai Talboが思いうかぶけど、あのボディシェイプはちょっとなあ。うーむ。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
これ、昨日試聴してた!
で、下のエントリのnuuroは「リチャード」っぽいというよりも「はやし」っぽい。
Sita 2007/06/13(Wed)08:20:00 編集
おお、ちょうど試聴してたとこでありますか。おれは、けっこう昔からアルビニものは欠かさずチェックしてたくちなんで、Shellacもその流れで聴いてるんだけど、初アルビニがShellacの場合、はたしてどういう受けとりがされるものか、ちょっと気になるところであります。

で、そうそう、nuuroにキャッチされた理由は、たぶん「自分の作る音に似てるから」というのはあると思う。リチャードはあまり「遠い感じ」ではないしね。
はやし 2007/06/14(Thu)06:02:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]