忍者ブログ

と言っても、どこぞかの古本屋に行って、「おお、こんな本がこの値段で!」という具合に「掘り出した」わけではなく、部屋を片付けている途上で掘り出された本で、今日のところこれらを見返しながら眠りに就こう、と思った本たち。

  • David A. Levin, The Opening of Vision , Routledge
    ここで紹介した本。そのときは、「ポストモダン本」という、全然紹介になっていない「紹介」だったけど、あらためて見返すと、ジェイの『伏し目』とも連結するような本ですな。これは、時間があればちゃんと読みたい。ちなみにレヴィンさんは、『哲学者の眼差し』、『現代と視覚の覇権』、『視覚の座』など、「見ること」と「考えること」をめぐるものをいくつか書いていて、気になります。

  • André Gotz, Fondements pour une morale , Galilée
    これも上記エントリで紹介した本。そのときは「悪い意味でフランス風な本」と腐してしまったけど、あらためて見てみるとけっこうまともそうな本でした。ゴッツよ、すまん。

  • 松村一登, エクスプレス フィンランド語, 白水社
    これはねえ、けっこう探してた、というか、「あそこにあるんだろうなあ」と思いつつ、あまりに「古層」のほうなのでいつもあきらめていたものを、今日、やっとこさ掘り出しました! 白水社のこの「エクスプレス」シリーズは他にも、ポーランド語、オランダ語、ノルウェー語、ハンガリー語などを持ってますけど、いずれも必要最小限の知識を小分けに与えてくれるので、何か言語をやろうと思ったら、まずはこのエクスプレスシリーズの該当言語をざっと読んでイメージを作る、というのがいいと思います。

  • 佐藤文隆, 光と風景の物理, 岩波書店
    これは、「岩波講座・物理の世界」のなかでも指折りの名著、だと思う。空はなぜ青いのか? 夕焼けはなぜ赤いのか? 雲はなぜ白いのか? そんな、風景にまつわる素朴な疑問を通して、特定の領域に限られない「物理の面白み」というものをたっぷり味わわせてくれる。同様の書物では『光の物理』も面白い。

  • McKenzie Wark, A Hacker Manifesto, Harvard
    すっかり忘れてた
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24
27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]