忍者ブログ

昨日のエントリを書いているとき、Ars longa, vita brevisという言葉がふと浮かんだ。

この言葉は言うまでもなく、ヒポクラテスに帰せられているもので、日本では「青年老いやすく、学成りがたし」というべつな言葉に引きよせられ、「藝の道はながく、人の世というみじかい時間では修めきれないぐらいのものである」というふうに解釈されがちである。だが、この言葉は、ほんとうにそういったことを意味しているのだろうか? これはむしろ、「藝(学)」と「人の生」というそれぞれの「息のながさ」を言っている、のではないだろうか?

つまり、こういうことである。人の生、というのは、きわめてはかないもので、ある例外的な場合をのぞいて、誰かある人が生きていた、ということは、ごくみじかい時間しか記憶にとどめられない。それに反して、arsと呼ばれる「藝」ないしは「学」は、そうしたはかない人の生のはるか遠くまで、その「生」を持つ。もちろん、何かがarsだからと言って、それだけで無条件に「息のながさ」が保証されるわけではないだろう。つまらぬarsは、ごく短時間のうちに忘却の闇に去っていく。だが、平均的に言えば、誰かある特定の人が世の人びとの記憶に留まりつづけるよりも、arsが時空を超えて生きつづける、というほうが、まったく容易に思える。

もちろん、そうであるからと言って、arsは尊く、人間は卑しい、とは言うまい。そもそも、arsというものが「人のわざ」である以上、そうした「人」が卑しければ、そこから生まれるarsが尊い、ということはありえない。だが、そうした尊卑を超えて、arsにたずさわるものは誰しも、「人の生」を超えた、ある意味「超時間的」な何かを夢見るのだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
あっしの好きな読み人知らずの詩があります。
−−−−−−−−
皆は彼に、それはできっこないといった。
微笑しながら、彼はまっすぐそれに向かっていった。
そしてできっこないことに取り組んだ。
そしてそれはできなかった。
−−−−−−−−−
日暮れて道長し
あっしはどちらかというと、研究者が何をのこしたかより、なんでそれをやろうとしたか?という人間的な側面に興味があります。困ったもんです。
ジャック・どんどん 2007/05/31(Thu)08:05:00 編集
人目にふれることなく、ひっそりと息を潜めていたり、人目に曝されていても、着目されていなかったり、創り手の生死にかかわらず、静かに呼吸しているようなarsを見つけられたら至上の喜びであるけれど、それは又そのarsに呼応する眼力を持たねば為されないことで。
Sita 2007/06/01(Fri)10:42:00 編集
どんどんさんが引いてくれた詩、いいですね。こういう「向こう見ずさ」というのは、何かあることに打ちこむというに際して、やはり非常に大事なものです。何かができるかどうかなぞ、前もっての理屈からでは分からない。やってみて、やはりできなかった、ということになっても、それはそれで重要な「成果」でもありますし。

また、研究における「なぜ?」という観点、これも非常に大切なことで、極言すれば、「なぜ?」が分からなければ「何」も分からないものだ、と思います。だから、上記エントリでは研究対象の「何」が、それの遂行主体であるものから切り離されたかのように読めるかもしれませんが、そうではなく、あくまでそれらはセットとして考えたほうが、ペダゴジカルにも都合がよいでしょう。もっとも、そうした行為主体がindifferentになる位相というのもあるであろうことも否定しませんが。
はやし 2007/06/01(Fri)16:22:00 編集
見出される対象がarsの場合に限らず、「発見の論理」とでも言えるものはなかなか興味深く、そして考えるべきことがあるんだけど、一口にそれについて何かを言うのはいまは控えておきます。今後ゆっくりと、それに関して何か言えればな、と思うとります。
はやし 2007/06/01(Fri)16:31:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]