忍者ブログ

この間の「買った本紹介エントリ」で、「ほんとはあと一冊、『小ぶりで薄い』どころではなく、『重厚長大』もいいとこな『兇器本』を買ってるんだけど、それは企業秘密」だなんて秘密めかしちゃったけど、今日はその「兇器本」について。

で、その「兇器本」はMain Currents of Marxism っていう本なんだけど、これがインデックスなどを含めると1,300ページぐらいの、ほんとに兇器になりうるくらいの重量のあるもの。それを、外出の際にも携行して、電車の中とかの隙間時間に拾い読みしてるんだけど、これが実に面白く、かつよく分かる。

構成としては大きく三部に分かれていて、そのそれぞれが「創始者たち」、「黄金時代」、そして「崩壊」と名づけられているんだけど、ページ数もすごいだけあってスコープも広い。「創始者たち」ではマルクスについてのみならず、マルクスに先立ち、マルクスの思想に流れ込む潮流を、古代ギリシアからざざざっとサーヴェイしている。ただ、ポーランド語原書の刊行が1978年とやや古いだけあって、あまり最近のマルクス主義者動向についてはちょっと薄い。とはいえ、最近のことは何となく朧げに知っていたりもするから、全然問題なし。

なにぶん、本当に「拾い読み」しかしていないので、まとまった記述に関して云々はできないけど、書きっぷりについてだけ言うと、「客観描写」と「意見の表明」がかなりストリクトに分けられているので安心して読める。もちろん、1,300ページほどの本とはいえ、その領域やそれに関わるあれやこれや勘案すると、一つひとつの出来事をそれなりに突っ込んで、というわけにはいかないわけだけれど、それが逆に全体の見通しをよくさせていると思う。

この本、翻訳出せばそれなりに売れると思うんだけど、出さないのかな? それとも、おれが知らないだけで、ひっそりと出ていたりするんだろうか?

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/16 mezaninos em curitiba]
[08/15 ロレックスコピー]
[08/15 h0mepage.net]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[08/15 韓国コピー]
[08/15 ブルガリ時計]
[08/15 ブランド偽者]
[08/15 ベルメゾンネット]
[08/15 素晴らしいブランド偽物時計]
[08/15 偽ブランド]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]