忍者ブログ

GREサブジェクトテストCS分野問題6問目。一階述語論理の問題。



で、もうすでにタイトルで答えをばらしちゃってるけど、一階述語論理で表現された式から、ある人とある人の関係を当てさせる、という他愛のない問題。

一応、自然言語ヴァージョンを書いておくと、

Aは男で、BはAとCの親で、AとCは同一人物でなく、CはDでの親である場合、AとDの関係は?

というもの。

ま、明々白々、だよね。正答率96%というのも頷ける。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
叔父さんと姪または甥の関係!


これタイトルなかったらうっかり「おじいさん」とか書いちゃってかもな…。打ち間違いにも戸惑わされたし…もしや策略?
まるき 2005/09/28(Wed)17:26:00 編集
「打ち間違え」って、すぐに気付いて訂正したんで、誰も気付いていまい……と思ってたんだけど、ばれたか。

で、「叔父」と「伯父」ってどう違うんだっけ?
はやし 2005/09/28(Wed)22:51:00 編集
おおぉ!!!
「叔父」は父母の弟で、「伯父」は父母の兄らしい!ちょっと知らんかったよこれ。
まるき 2005/09/29(Thu)16:50:00 編集
伯父と叔父って英語だと区別するんだっけ?
しないよな、確か。
兄と弟も区別しないんだもんな。
母方のおじと父方のおじを区別する言語もあるし…
今ここでC.Lストロースを引用できないんだけど…

ちなみにインドの公用語の一つであるヒンディー語では「昨日」と「明日」の区別が無い!
宮本浩樹 2005/09/29(Thu)21:00:00 編集
なぬ、「伯父」と「叔父」を使い分けること自体知らなかったのか。嘆かわしい……。
はやし 2005/09/30(Fri)02:17:00 編集
この間宮本さんと会ったときにも思ったけど、ヒンディー語ってオモロそうだよねえ。

おれ実は、学部生のときにちろっとだけサンスクリットやってるんだけど……ヒンディー語学習の上でちったあ有利かな?
はやし 2005/09/30(Fri)02:18:00 編集
 激しく今更なんだけど、以前誰かの書いた文章読本で、「「母方の叔父」という表現が時折見受けられるが、「叔父」という言葉は家系を既に含んでいるので「叔父」とのみ書くべきである」という文章を読んで、「へー、叔父と伯父って父方母方の違いなんだな」とこのエントリを見るまで信じ込んでいた私が来ましたよ、と。調べたら父母との年齢の違いじゃないか。嘘つき。
 
 ちなみに私は高校三年時にウルドゥ語科行こうかと考えたことがあります。だけど、今となってはなんでそんなことを考えたのかわかりません。
めむひ 2005/10/08(Sat)03:07:00 編集
あ、おれも「父方の兄弟は伯父、母方の兄弟は叔父」っていう説、聞いただか読んだだかしたことありますよ。ただ多数派は、父方であろうが母方であろうが、それら父母との相対年齢でスイッチング、っつーのだと思います。が、自信なし。

で、なにゆえにウルドゥ語科に行こうと? あ、自分でもその理由はもはや藪の中、なのか。残念じゃ。
はやし 2005/10/08(Sat)21:02:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]