忍者ブログ
デイヴィド・グラッブス初の単行本『レコードが風景を破壊する』を読んでいたら、「パブリック・イメージ・リミテッドの『デス・ディスコ』をどの回転数で再生すればいいのかすぐには分からなかった」というエピソードが出てきて、さらに、「ただしい」回転数を突きとめはしたのだけど自分の好みは「まちがった」回転数のほうだったと書いてあって、ものすごく「ある! ある! そういうことある!」となりました。

ぼくの場合、すぐには「ただしい」回転数が分からなかったレコードというと、バットホール・サーファーズ『へアウェイ・トゥ・スティーヴン』、サン・シティ・ガールズ『ブライト・サラウンディングス・ダーク・ビギニングス』、そしてウィーン『ピュア・グアヴァ』あたりがぱっと思いうかびますが(『へアウェイ・トゥ・スティーヴン』は誰でもさいしょは迷うと思う)、とくに『ピュア・グアヴァ』にかんしては、だいぶ経ってからCDで聴いて、それまで「まちがった」回転数でずっと聴いていたことが判明してびっくりした覚えがあります。

いまだと、音楽はデジタル形式で供給されることが多く、よほどトリッキーなことをしていなければいやおうなく「ただしい」かたちですぐさま聴くことができ、そういう意味では便利で「まちがいがない」とも言えますが、そのいっぽうで、「どの回転数で聴けばいいんだろう」と試行錯誤することもレコードを聴くたのしみのひとつでもあり、さらに、たとえそれが「まちがった」ものであろうと、再生速度を自分で決められるという意味でレコードのほうが「自由度」が高いよなあと思ったりもします。(もっとも、レコードの再生速度にしたって、基本は二種類しか用意されていないので、それほど自由度が高いわけでもないですが)

もちろん、デジタル形式の音楽でも、何らかのアプリを使うことでレコードのそれ以上の自由度をその聴取にあたって得ることはできますが、そういうちょっと「特殊」とも言える方図をとらずとも、日ごろ使っている音楽再生アプリにお手軽な再生速度調整機能が付くようになればいいんですけどね。(そして、メジャーな音楽再生アプリにこぞってそういう機能が付くようになり、デジタル音源をリリースする側でも、デフォルトでは「ただしい」速度で再生されず、聴く側に試行錯誤が要求されるようになると、めんどうだけどたのしいと思う)
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/24 時計スーパーコピー]
[06/24 スーパーコピーブランド]
[06/24 スーパーコピー日本時計]
[06/24 スーパーコピー日本時計]
[06/24 Michaeltob]
[06/23 cartier santos stainless steel for sale]
[06/23 cartier tank anglaise collection where to buy]
[06/23 偽物]
[06/23 日本時計スーパーコピー]
[06/23 日本時計スーパーコピー]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]