忍者ブログ
ぼくは選挙というものにいちども行ったことがない。今後もたぶん行くことなないだろう。理由はかんたん。めんどくさいから。(だいたい、投票するとなれば、候補者たちの公約をそれ自体として吟味したのち、候補者たちの過去の実績等をかんがみてそれら公約の実現可能性を算定し、そして、それぞれの候補者たちについて、ある公約が実現されたあかつきにもたらされる利益をその公約がそれを提唱する候補者によって実現される可能性で重みづけしたものの和をとらねばならず、そんな労力に見あうほどのリターンが投票行動にあるとはとてもじゃないけど思えない)

だから、かりに、もし、選挙権が売り買いされるようになったら、ぼくは嬉々としてそれを売りに出すだろう。荒唐無稽? そうかもしれない。でも、山形浩生のこの一文を読むと、選挙権の売買ってのはそこまで荒唐無稽なアイディアじゃないと思われてくるし、それに、システムとしてもあんがいいいようにも思う。

選挙権の売買の是非を問うような選挙があったら、それには行っちゃうかも。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
オイラも1回しか行ったことがない。
藤崎達哉 2015/01/28(Wed)06:57:45 編集
費用対効果低すぎですよね。
はやし 2015/01/28(Wed)15:16:16 編集
山形浩生のエントリーでいうと、 あの 「投票に行った人間に500円渡したら投票率上がるんじゃない」 ってやつも頷けるなと。 日本だと毎回選挙の度に若年層の投票率の低さに言及がされるけど、 多分これやったら投票率は普通に7割位は行くと思ってたり。
内海 2015/01/29(Thu)15:00:02 編集
ああ、そういうことも言ってましたね。いずれにせよ、人間というのは基本的に現金なものですから、投票行動をいくばくなりともましなものにするには、単刀直入に金の力にものを言わせるというのがいちばんの近道、なのかもしれません。

あと、投票にかかわる量的な面ではなく質的な面で言うと、これも件の記事で山形さんが言っていることですが、投票する人に「投票適性試験」みたいなものを受けさせてそれの結果によって投じる一票を重みづけ(受けない場合は素点)というのもいいんじゃないかな、とけっこう本気で思います。(そして、投票権が売り買いされる場合の相場も、この試験の点数が考慮される)
はやし 2015/01/29(Thu)21:09:00 編集
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]