忍者ブログ

ごく一部で話題の Semiotics of Programming(日本語版『記号と再帰』)を読む過程で記号論そのものをある程度しっかり押さえておく必要を感じたので、図書館で記号論がらみの本を借りてきた。


 Charles S. Peirce's Philosophy of Signs: Essays in Comparative Semiotics (Advances in Semiotics)
Gerard Deledalle
(Indiana Univ Pr, 2001)

パースの記号論を解説した書で、新しめ、かつ読みやすそうなものとしては、これがよさそうだったので。


 The Sign of Three: Dupin, Holmes, Peirce (Advances in Semiotics)
Umberto Eco
(Indiana Univ Pr, 1988)

だいぶ前から翻訳書の存在は知っており、気になっていた本でもあるので。


 Semiotics and the Philosophy of Language (Advances in Semiotics)
Umberto Eco
(Indiana Univ Pr, 1986)

エーコの記号論関連書籍としてはとうぜん Theory of Semiotics翻訳)をまず借りるべきなのだけど、借りられていたので、とりあえずこれを。翻訳あり。


 Sémeiotiké: Recherches pour sémanalyse
Julia Kristeva
(Seuil, 1978)

まっとうな記号論の書としてはやや「?」であるかもしれないけれど、じつは昔から好きな本であるので。翻訳あり。


 Histoire de la sémiotique
Anne Hénault
(PUF, 1997)

記号論関連書の並びに見出したので、とりあえず。


 La production des signes
Umberto Eco
(Livre de Poche, 1992)

上述のエーコ『記号論』からの抜粋仏訳。


 Théorie et pratique du signe: Introduction à la sémiotique de Chrles S. Peirce
Gérard Deledalle
(Payot, 1979)

上掲 Charles S. Peirce's Philosophy of Signs の著者による書。Semiotics of Programming の参考文献にも挙げられていたので、いちおう。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/17 american express career login]
[10/17 Serovital hgh]
[10/17 韓国 偽ブランド]
[10/17 ロレックス 時計 コピー]
[10/17 mom]
[10/17 mom]
[10/17 PatrickHek]
[10/17 ブランド激安市場タグ・ホイヤー]
[10/16 エルメスコピー]
[10/16 シャネル時計]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]