忍者ブログ

このあいだ書目だけ記載したものの補充版も含めた、借り本メモ。


ふとしたことで気になったということと、冬学期にリチャード(・ザック)がカルナップについてのセミナーを開くので、その仕込みがてら、借りた。
 The Logical Structure of the World and Pseudoproblems in Philosophy (Open Court Classics)
Rudolf Carnap
(Open Court Pub Co, 2003)

 L'Etre et le Néant
Jean-Paul Sartre
(Gallimard, 1976)

ツイッタのおれのTL上で読んでいる人がおり(というか、おれがその人に、思いのほかおもしろいので読んだらどうでしょう、みたいなことを言ったような気もする)、おれもまたぱらぱら読み返すかなあ、と借りた。ガリマールからのTEL叢書でおれは所有しており、そっちのほうが寝っ転がりながら読むには適しているのだけど、図書館には大判しかなかった。


 Logique et connaissance scientifique
Jean Piaget (de.)
(Gallimard, 1986)

これも、じっさいに所有しており、拾い読むのに最高に適しているので、こっち(というか、アメリカ)にも持ってきていたのだけど、日本に帰るときにもまた携行し、そしてそのまま日本においてきてしまったので、借りた。


以下は、先日「あとで、書き足す、かも」と言っていたもの。有言実行。


これは、副題からも察しがつくであろうとおり、「科学」と「文学(哲学)」をブランショで橋渡ししようという、まあトンデモっぽい本。ただ、おもしろそう(「何言ってやがんだ!」ともりあがれそう、という意味で)なことはたしかなので、ちょろちょろ読んでみます。


 Les icônes de la loi
Massimo Cacciari
(Christian Bourgois, 1990)

カッチャーリの書きもののなかでいちばん読んでみたかった『法のイコン』の仏訳版が古本でそれなりに安く出ていたので、とうぜん確保。で、さいしょのほうをぱらぱら眺めてみただけなんですが、翻訳のせいなのか、それとも原文がそもそもそういう具合なのか、あまりそりに合わない文体で、読むのはけっこう苦労しそう。


 Œuvres
Henri Bergson
(PUF, 1991)
 Mélanges
Henri Bergson
(PUF, 1972)

ベルグソンは、たまに無性に読みたくなるので、この2冊を手元においておけば、安心。


あと、これは借り本ではないのだけど、Les Temps Modernesの526号(1990年刊)でバディウ特集をやっており、それのバディウインタヴュと、デサンティの論文をコピーしてきた。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]