忍者ブログ

毎年、哲学者年刊 Philosopher's Annual が9月になると、前年度に公開された哲学論文からベスト10を選ぶという企画をやっており、今年も2008年度の哲学論文ベスト10が発表されたんですが、そのなかから随時2本ずつ読んで、かんたんな内容紹介と感想をちんたら書き連ねていこうかと思います。

ちなみに、「ベスト10」といっても、それらのなかで順位づけがされているわけではなく、いきおい、ここでの読む順番も論文の出来を反映したものではありません。


擬念と信念(タマル・サボー・ゲンドラー)[PDF]

「信念」とは通常、それを抱いているその人は「真である」と思っていることについてのものであり、そして、そうした信念にもとづいた行動も、その「真である」ということを元にしたものとなっている。ところが、如上のような信念とは異なり、「偽である」と本人は思っている命題を「真である」と解釈したうえでなければうまく説明できない行動をとるときがある。それが「擬念 alief」と呼ばれるものであり、著者はこの論文でそうした概念の必要性を説いている。

ひじょうに読みやすく、おもしろい論文であり、論文の書き方としてもおおいに参考になる。(ただ、じゅんすいに「哲学論文」という感じではなく、認知系の論文と捉えたほうが妥当なような気もする)


帰結主義なき功利主義: ジョン・スチュワート・ミルの場合(ダニエル・ジェイコブスン)[PDF]

哲学業界の主流な解釈では、功利主義というものは必然的に帰結主義を意味する、ということになっている。つまり、あるものごとの善悪を判断する場合、功利主義に則れば、そのものごとが全体の利得を促進させるとき、そしてそのときのみ「善」と判断されるわけで、ゆえに、あるものごとが内在的、あるいは同じことだがそのもの自体として「善」であるかどうかという問いの立て方は意味がなく、もっぱらそのものごとが引き起こす帰結=効果に着目して判断が下されるものとされる。著者は、こうした功利主義についての伝統的解釈に真っ向から反対し、功利主義、とくにミルのそれは帰結主義的ではない、と論じる。

ひじょうにこくのある論文であるが、「いかにも哲学論文」といった体で、読んでいてそれほどおもしろいものではない。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]