忍者ブログ

今回は、愚直に某輸入レコ屋さんの新入荷をなぞります。さて、おれの購入音盤と、何枚かぶっているか?


 XS on Your Eyes
+
(Absolutely Kosher, 2008)

1曲目の最初のほうの雰囲気で、「サッドコア」とか「スローコア」とか呼ばれているような感じのやつかな、と思った瞬間に、けっこう刻みの細かいドラムが入ってきて、ああ、なるほど、という感じ。そうした刻みの細かいドラムと、朴訥なヴォーカルと、そして、全編にうっすら差出がましくなくかぶさるシンセの上ものが、ナチュラルな録音方法と相俟って、なかなかよいです。


 Adventure
Adventure
(Carpark, 2008)

ゲーム音楽度高し。それ以上の感想は、とくにない。


 The Door
Religious Knives
(Ecstatic Peace!, 2008)

うーん、何かすごくなつかしい印象をうけるんだけど、具体的に何を思い起こさせるがゆえにそうなのか。まあ、よくあるパタンっちゃあ、そうなんですが(と、聴いていて思ったけど、ちょっとシミーディスクものっぽのかも)。つうか、Religious Knivesって、こんなんだっけ? あとでNo Funからのやつを聴きかえしてみよう。


 Alpinisms
School Of Seven Bells
(Ghostly International, 2008)

わるくはないんだけど、女声ヴォーカルがいまいち好きになれない。売り文句だけ見ると、いかにもよさそうなんだけどね(じっさい、いくつかの曲は、けっこういい)。


 Receivers
Parts & Labor
(Jagjaguwar/Brah, 2008)

一言で言えば、ポストパンク的感触の音が随所に聴かれる盤。全体的に凡庸の感がつよく、これだったら本家(たとえば、某レコ屋さんのレヴューで名前が挙げられているあれやこれや)のほうを聴いてしまう。すなおに、いいな、と思える曲もいくつか入ってるんだけどね。


 Original Darkness
Christina Carter
(Kranky, 2008)

雰囲気満点の、じゃっかんフリーっぽいフォークで、好きかきらいかで言えばだんぜん好きな部類ではあるのだけど、いかんせん聴いた時間帯がわるかった(朝っぱらの9時過ぎ)。また夜中に聴きなおしてみよう。


 Microcastle
Deerhunter
(Kranky, 2008)

実体販売が少し先っぽかったので、iTunesストアでデジタルデータ購入(というか最近、実体販売がすでになされていても、もろもろめんどうなのでデジタルデータを購入してしまうことが多いんだけど)。で、内容は、かなりよいことはよいのだが、やっぱりアトラスサウンドのほうがよいな(というか、このディアハンターの音盤に対する「かなりよい」という評価も、アトラスサウンドの評価に引っぱられているふしがある)。


 Alight of Night
Crystal Stilts
(Slumberland, 2008)

びみょうな感じになったJ&MCというか、まちがっちゃったサーフミュージックというか(いや、そもそもJ&MC自体が「まちがっちゃったサーフミュージック」風なところがあったりするから、マイナスのマイナスで要は「サーフミュージック」ということか。そんな、ばかな)……と、こう書くと、何だかけなしてるように聞こえるかもしれませんが、これはたいへんよろしいです。好みです。というか、この人たち、他にも音盤を持っていたような気がするんだけど、見つからない。


 Na Na Ni
Frederik
(Kora Records, 2008)

全体に、地味。いや、地味であること自体は問題ないのだけど、そうした「地味さ」の底に「何か」が欲しかったところ。後半に行くにしたがってよくなってくるけど。


 High Time
Pit Er Pat
(Thrill Jockey, 2008)

某輸入レコ屋さんの表現によると「ポップでアヤシク」とのことで、ポップかどうかはともかく、アヤシいことはたしかなんだけど、そのアヤシさが、ちょっとおれの好きなそれとはずれており、あまりたのしめなかった。演奏と録音がなかなかよいだけに、ざんねん。


 Car Alarm
The Sea and Cake
(Thrill Jockey, 2008)

うーん、これ聴くんだったらFawnとかOuiを聴いちゃうよなあ。


 Caesura
Helios
(Type, 2008)

前作Ayresがすばらしかったので、わくわくしながら聴いたら、何だかEingya(いつ見てもすごいジャケ)のころに戻ってしまったかのような感じで、まあ、それはそれでわるくはないのだけど、ちょっと拍子抜け。


 Just a Souvenir
Squarepusher
(Warp, 2008)

ファーストアルバム以降、なぜだか律儀にそのリリースを買いつづけているのだけど、どのアルバムも「ぞっこん惚れ込む」と言うにはほど遠いスクエアプッシャーの最新作。今作も、まあ、よいのだけど、取り立てて言い募るほどの何かはなし。ちなみに、おれがいちばん好きなのはBig Loadaです。


というわけで、22枚中13枚かぶり(しかも、ManualとUSA Is A MonsterとWhite/Lightも購入予定なので、それも考慮に入れると、結果16枚かぶり)と、何だか有意にかぶりが多い気もするけど、購入音盤全体からの比率で考えるとそれほどでもない、かな?

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]