忍者ブログ

ここ1週間のうちに届いた本たち。


 Foucault 2.0: Beyond Power And Knowledge
Eric Paras
(Other Pr Llc, 2006)

フーコーの講義録をこっちに持ってこようと思いつつ、すっかり忘れてしまったので、フーコーの講義もカヴァーしているらしいこの本でお茶をにごしておこうかと。フーコーの講義録のそのいくつかをきわめていい加減に読んだ(「読んだ」という言葉を使うのもほんとうはあつかましいことではあるのだが、ともあれ)かぎりでの印象で言うと、そこでのフーコーは狭義に謂うところの「政治学」と呼ばれる言説にきわめて近い語りをしていたりするので、その著作に拒否反応を示してしまった人でも、それほど抵抗なく読めるのではないか、と思う。


 Game Theory and the Social Contract I: Playing Fair
K. G. Binmore
(Mit Pr, 1994)
 Game Theory and the Social Contract II: Just Playing
K. G. Binmore
(Mit Pr, 1998)

さて、ここからが真打ち。

この本は、そのタイトルを見てもらえれば分かるとおり、社会契約論をゲーム理論的道具立てで「止揚する」とでもいった内容。その「止揚」の過程で、「社会契約論」と言えばすぐさま想起されるホッブズ・ロック・ルソー的なそれが批判され、従来「社会契約」というコンセプトには対立的とされてきたヒュームやスミスといった人たちの考えも導入しつつ、社会契約、そしてそこから副次的に問題になることどもが扱われる。

とにかく、アマゾンの立読み機能なり書店でじっさいに立読みするなりして目次を見てもらえればすぐさま感得されるであろうとおり、すごく、すごくおもしろそうな本です(じっさい、さいしょの章の「ロールズを非カント化する」という魅力的なタイトルが付けられた節を読んでいるところなのだけど、すこぶるおもしろい)。

ちょっと長いけど、この本を通してゲーム理論を学ぶ、というのもありなんじゃないかな。


 Playing for Real: A Text on Game Theory
Ken Binmore
(Oxford Univ Pr, 2007)

で、この本は、上記『ゲーム理論と社会契約論』のビンモアによる、ゲーム理論の教科書。

けっこう大きめの版型で、かつページ数も約640ページと、かなりがっつりしているけど、表紙にもあしらわれているテニエルの挿画が随所に挟み込まれていることからも知られるように、語り口もそうとう軽妙で、通読するのもそれほどの難事業でないのではないかと(って、おれじしんまださいしょのほうを読んでいるだけなので、大きなことは言えませんが)。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
一瞬集合論の本かと思いました >Playing for Real: A Text on Game Theory
かがみ URL 2008/08/15(Fri)19:07:45 編集
このビンモア本は見てくれも「あの本」と似たような感じで、厚さはちょっと負けていますが、高さは買っており、見た瞬間に「でかい本だなあ」と思いました。
http://orc.lolipop.jp/image/gameset.jpg

ただ、紙質はビンモア本のほうがだんぜん軽いものなので、寝ながら読もうと思えば読めるぐらいの重さです。

あと、表紙の感じが、LISP本のようにも思いました。
はやし 2008/08/16(Sat)16:27:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24
27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]