忍者ブログ

マルクスが『資本論』第2版あとがきにおいてヘーゲルの弁証法を「ヘーゲルにあっては、弁証法が逆立ちしてしまっている」と批判し、それを「直くしなければならない」と言ったのは有名な話である。しかし、そのようなマルクスの評言をはたして額面通りに受けとってよいものかどうか。

マルクスはヘーゲルの弁証法を「現実を観念Ideeの外的発現äußere Erscheinung」として捉えているとして批判する。そして自身のそれを「観念的なものIdeelleは、人間精神のうちに反映された現実にすぎない」ものとして捉えるとし、それに対比させる。

たしかに、ヘーゲルの書きものはそのいずれをとっても最終的に、話の「オチ」が観念的なところにいきがちなのは、否定できない。だがいっぽう、『法権利の哲学』のつぎのような文言を見ると、マルクス言うところの「観念の外的発現」というヘーゲル弁証法の特徴は、ひとひねり加えて解釈される必要があるように思える。

すべての人はどうあがこうが、「時代の子」たるをまぬがれえません。哲学とてその例外ではなく、その思考のうちに時代の刻印が押されています。哲学がそのいとなみの行なわれる現代世界を超越できると考えることは、人が時空を超えてロードス島でジャンプできると考えるのとおなじくらいばかげたことです。(Werke. Band 7, S. 27.)

このような「現実」認識を持つ人間が、はたしてマルクスの言うような「現実」把握をするものだろうか。どうも、そのようには思えない。

考えうべきひとつの「弁証法解釈」のひとつの可能性は、「ヘーゲル弁証法は、カント的ツイスト、つまり、『世界を見る側の視座によって世界の見え方が規定される』という前提を持つ」というものである。つまり、「思考のうちの刻印によって世界の見え方が規定される」ということが「観念の外的発現」というマルクスの批判を招致したのではないか、ということだ。

となると、ヘーゲル弁証法を端的に「観念論」として片づけることはできまい。と同時に、「認識の時代拘束性」ということをもって、「相対主義者ヘーゲル」という像を打立てることにも、躊躇がある。

けっきょく、ヘーゲル弁証法をちゃんと理解し、それに正当な評価を下すには、斯様な「伝言ゲーム」からは「一抜け」し、その書きものをきちんと読むしかない。


マルクス『資本論』の引用は、MEW第23巻を利用した。文中の『資本論』からの引用はすべてその27ページからである。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/23 Eddieodomy]
[10/23 fake lucky alhambra bracelet]
[10/23 van cleef necklace wholesale fake]
[10/23 Best Break Dancer In The World]
[10/22 van cleef and arpels sweet alhambra earrings imitation]
[10/22 AndrewEndom]
[10/22 Vitor]
[10/22 bvlgari watches for sale knock off]
[10/22 激安ブランド館時計]
[10/22 ロレックスブランド激安市場]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]