忍者ブログ

トマス・クーンによって提唱された「パラダイム」という考えは、たとえば相対主義的傾向のつよい人たちが「科学の絶対性」(しかし、「科学の絶対性」なぞというものを主張している科学者は、それを批判するもののファンタジーのなか以外に存在するだろうか?)を「相対化=無化」するために持ち出されがちだが(「科学と言えども『科学外』の要因によってその思考様式が規定されており、そうした『科学外』の思考様式ががらっと様変わりすると、科学に『革命』とも言うべき変化がもたらされる。つまり、科学も『科学外の信念の体系』の函数となっており、ゆえにそれは絶対ではない」)、提唱者たる当のクーン自身が、この「パラダイム」という概念をのちに撤回していることは、あまり知られていないように思える(だから、あいかわらず「トマス・クーンの言うように」という枕をともなって、この「パラダイム」が引きあいに出されつづけている)。

なにゆえにクーンがこの「パラダイム」という考えを棄てたかについては、彼のThe Structure of Scientific Revolutions改訂版を見てもらうとして、ここではごくかんたんに、かつクーンの枠組み(パラダイム?)にとらわれず、そうした「パラダイムシフト」に依拠した「科学批判」が、いかに当てにならないかを見る。

まずだいいちに、上で述べたような「科学批判」、「科学は科学外の要因によってその考えが規定されているので、絶対ではない」という議論における「科学」と「科学外の要因」は、シンメトリーな関係にあることに注意しよう。つまり、じゅんすいに言い方としては、「科学が科学外の要因を規定している」とも言える。そして、もろもろの傍証を考えると、どうもこちらのほうの可能性のほうが、「科学外の要因が科学を規定」よりも、ありうるように思える。

つぎに、科学外の「パラダイム」(これまでの言い方を引きつげば、「科学外の思考様式の規定要因」)が「転換」することによって、科学に「革命」がもたらされる、つまり、科学が歩む「道のり」(あえて「発展」という価値判断を含んだ言い方は避けることにする)は連続ではなく不連続である、という、ある意味「科学の絶対性の相対化」の補題のような見方は、仔細に「科学の歩んだ道のり」を見れば瞭然なように、たしかに科学史上ドラスティックな転換点はあるにはあったが、それでも、おおかたに関してはむしろ「連続」の側面が主であり、いたづらに「不連続性」を「絶対化」する理由は、とくに見当たらない(たとえば、「古典力学/量子力学」という対を、あたかも排反的であるように扱い、「古典力学→量子力学」という「移り変わり」があったかのように語られたりするが、言うまでもなく、古典力学は量子力学の登場によって「廃棄」されたわけでもなんでもない)。

というわけで、それがどういう文脈においてであれ、「パラダイム」という言葉がクーンの名前をともなって出てくる書きものは、要注意です。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
「知と勇気のパフォーマンス」だっだかな??、社会党が90年代にそんなスローガンを掲げていたことがありました。これについては流石の私も全く訳がわからんと思ったものでした。しかし、これって、よくよく考えてみると明らかにポストモダンの影響下の「言葉」ですね。
「パラダイム」についてですが、これも「テクスト」同様に、流石に学生のころから もうちいと簡単に表現できるだろうと思いました。「パラダイム」は「考え方(の枠組み)」、「テクスト」は「書きもの」で十分、分かるだろうと。
ポストモダンって、ほんと、なんか、新語というか言葉好きで、その言葉をさも有難そうに神棚に祭っているみたいで、今から思えば非常に滑稽ですね。上の、社会党のスローガンみたいに。
ぷっつん大吉 2008/07/26(Sat)12:34:15 編集
「パフォーマンス」って言葉が、何やら特殊な意味づけをともなって使われていた時期もありましたねえ。

と、それはともかく、クーンの「パラダイム」に関しては、それがどう呼ばれていようと、その内包自体が問題になるので、「テクスト=書きもの」という「呼び方の問題」と同系列には論じられないと思いますが、現象として眺めると、たしかに「パラダイム」という呼称そのものがキャッチーだった、ということは、多分にあるようなには思いますね。

「言葉に惑溺する」という姿勢についてですが、べつだんポストモダンにかぎらず、なべて大陸哲学の言説というのは、そういう面がつよいように感じます。
はやし 2008/07/27(Sun)10:59:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[10/23 Eddieodomy]
[10/23 fake lucky alhambra bracelet]
[10/23 van cleef necklace wholesale fake]
[10/23 Best Break Dancer In The World]
[10/22 van cleef and arpels sweet alhambra earrings imitation]
[10/22 AndrewEndom]
[10/22 Vitor]
[10/22 bvlgari watches for sale knock off]
[10/22 激安ブランド館時計]
[10/22 ロレックスブランド激安市場]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]