忍者ブログ
jesu

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00076NYPK/hayashinoblog-22/ref=nosim



素晴らしい。

それだけ言えば、このエントリはもう充分だ、とも思える。

でも、それじゃあこうやって書き始めた意味もないので、音楽を言葉で説明することの無駄さ、無益さというものを噛みしめながら、少し書いてみよう。



このjesuは、GODFLESHをナーヴァス・ブレイクダウンによって解散せざるを得なかったジャスティン・K.ブロードリックが、いくつかのパートワークを経て始動させたパーマネント・ユニットだ。

ジャスティンはその音楽キャリアを、「あの」ナパームデスのギタリストとして始めた。しかし、その1stアルバムが完成する前に「速い音楽には飽きた」とバンドを離れ、HEAD OF DAVIDというスロー&ヘヴィーなバンドを始動させるもまもなく離脱。

そして、その次に始められたのが言わずと知れたGODFLESHだ。

GODFLESHは、ひたすらヘヴィーに、ひたすらスローに、という緊縛サウンドを、硬質なマシーンドラムと、ピッチシフターによってダウンチューニングされたヴォイスと、不協和を奏でるギターと、地を這うベースという構成で叩き出し続けた。

そして、上述のようにジャスティンはバンドを続けられなくなり、GODFLESHは解散を余儀なくされる。



「ドローン」、「ポスト・ロックへの接近」……ネット上でjesuに関するレヴューをいくつか見たなかで、こうした言葉を何度か目にした。

ただ、それだけでは言い尽くせぬものがある、とも思う。

一番感じるのが、GODFLESHであれほどまで重くのしかかっていた緊縛感が、嘘のようになくなっていることだ。

いや、「なくなっている」という言い方は精確ではない。その緊縛具合がGODFLESHのそれとはまるで違っているのだ。

GODFLESHの緊縛感は、凶暴な音塊の前に身を竦ませる、といった体のものだったが、このjesuの緊縛感は、ただひたすらその音塊の間に間にたゆたってればいい、といった開放感を伴っているのだ。

言うなれば、身体は動かない、だが、動かなくともいい、そのままじっとしていればいいのだ、と思わせてくれる音。



今日ぼくはこのアルバムを何回聴いただろうか?

うす曇りの中、部屋の電気も点けずにこのアルバムを聴いていると、何だか何もかもどうでもよく思えてきた。

それは、限りなく後ろ向きな思いではある。だが、そのように全てに背を向け、何もかもを放棄する、というのはこの上なく甘味なものでもある。

そして、そう思わせる音楽もあっていいのだ、いや、是非あらねばならない、と思う。

そのような音楽の、数少ない珠玉の1例である。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
なんつーんだろ、ジャスティンが吐き出す音って、ことごとく自分自身と一致する。
GF解散より前とか、FINALとか関係なくて、シューゲイザーは同じキーワードで、ましてPRなんて。
コード構成がRIDEであったとしても、「ああ、やぱ(だよね)」で安心。
即ち、なんか一つの殻が落ちた感じですか。
同じ世代として、非常にありがたい、そして、20年にもなるか?一番共感できるアーチストなわけだ。
jesuの展開はほんとに「以外」?
お花畑 2007/03/12(Mon)04:55:00 編集
やや、以外→「意外」すか。
失礼
おはな 2007/03/12(Mon)04:58:00 編集
たしかに、「吹っ切れた観」はjesuになってからのジャスティンには相当ありますね。ただ、根っこの部分はあんま変わらんな、とも思います。

それはともかく、「jesuの展開はほんとに『以外(意外)』?って、誰に言ってるんですか? 少なくともぼくは、意外には思っていませんが。
はやし 2007/03/12(Mon)19:17:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/21 Tamela]
[09/20 時計の販売]
[09/20 ブランド 時計]
[09/20 素晴らしいブランド偽物時計]
[09/20 ブランド時計コピー]
[09/20 ブライトリング時計]
[09/20 ルイ・ヴィトン激安ブランド館]
[09/19 ブランド激安市場ブライトリング]
[09/19 ロレックスブランド激安市場]
[09/19 カルティエ 時計]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]