忍者ブログ

きのうのつづき。

「文献紹介編」と言いつつも、届いたばかりで読んでないものが大半で、しかも、世評として「これはmust read!」と言われている動物の権利に関する本もあまり知らないので、ぜんぜん参考にならないような代物だろうけど、ないよりはまし、ということで。

  • Peter Singer, Animal Liberation, Harper Collins
    これは、動物の権利に関する本としてmust readと言って差し支えないのではないでしょうか。書きぶりも、感情的な部分を抑えて(こういうトピックだと、人はついつい感情的になり、「動物の権利を尊重しないような奴はクズだ」みたいな口吻になってしまいがちなものなのです。たとえば、以下の秋田昌美『わたしの菜食生活』を参照)、淡々と「一般的に受入れられている道徳原理を認めるなら、動物の権利は認められなければならない」ということを、あまり「ぎちぎち」ということは感じさせずに、とはいえ、本質的にはぎちぎちと詰めて書いてあります。ひそかに、いわゆる「分析哲学」のひとつの「頂点」なのではないかと思ったりも。翻訳は存在するけど、絶版(もしくは品切)で古書価もお安くない。早急に復刊(もしくは増刷)するべきと思われます。

  • Peter Singer (ed.), In Defense of Animal, Blackwell
    この論文集は、上記『動物の解放』と比べると、はるかに「感情的」、つまりは「扇動的」で、そのことは「動物解放運動論」のようなセクションが全体の半分近くを占めることからもうかがえるのではないかと。

  • Steve F. Sapontzis (ed.), Food for Thought, Prometheus Books
    タイトルからも察しがつくように、一義的には哲学的ヴェジテリアニズムを扱った論文集。だから、ヴェジテリアニズムにコミットする動機、もしくはそうした立場を擁護する根拠が、せまく「動物の権利」に限定されず、たとえばフェミニズムの観点からのヴェジテリアニズム論などもあり、それはそれで興味深い。

  • David DeGrazia, Animal Rights, Oxford
    オックスフォードのおなじみ「すっごく短い入門シリーズ」の1冊。動物の権利に関して、ふつういっぱんの人が知っていればいい、いや、じっしつ知っておかなくてはならないということが、「すっごく短く」、しかも平易に書いてある。翻訳あり。

  • 秋田昌美, わたしの菜食生活, 太田出版
    近年のメルツバウの作品でも、ためらうことなく動物の権利擁護路線を全面に押し出している秋田昌美の、自身の菜食生活、そしてその底流にあるヴィーガニズムについて書かれたもの。これまでに挙げたいずれの本よりも感情的で、そういう意味でちょっと引きが入らざるを得ないのだけど、以前も言ったように、たんじゅんに自分の好きなアーティストがヴェジテリアン(もしくはヴィーガン)だから自分もそうする、という方向性も、戦略としてありだと思うので、もう少し書きっぷりを考えてもよかったのではないかと。それにしても、何でノイズの人ってヴィーガンが多いんだろ(こんなオムニバスも出てたりするし)。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]