忍者ブログ

Devenir digne de l'événement, la philosophie n'a pas d'autre but...

G. Deleuze et F. Guattari, Qu'est-ce que la philosophie?, p. 151

こういう本が出たことに刺戟されて、おれもけっこうな以前からこの2人の政治=神学に関する含蓄的からみあいについて気になっていたので、ネットでそこいらのことを調べているときに(この「スピノザ=ホッブズの、政治=神学をめぐる含蓄的からみあい」についても、近日中にそのリサーチの成果を公開する予定)、『理論と出来事』なる「いかにも」な名前を持つジャーナルを発見した。

とりあえず最新号のページを見てもらうと、まず、上で抱いたような「いかにも」な印象を裏付けるかのように、DGの『哲学とは何か』(の英語版)から"Philosophy's sole aim is to become worthy of the event"という言葉がエピグラフとして引かれているのが目に入る(この言葉自体について、いろいろと言いたいことはあるけど、それはぐっとがまんしよう)。

つぎに、じっさいの目次のほうに目を移すと、「ニーチェと思考の新たなイメージ」やら「LSD(という)出来事:ラリってないバディウ」やら、そうした「いかにも」感が、どんどんどんどん強くなっていく。さらに、過去のバックナンバーにも目を通すと、これはもうまちがいなく、いわゆる「ポストモダン」と言われる思想ラインの、政治と、そして美学をめぐるジャーナルだな、ということで、おれにとってはけっこうど真ん中。くやしいけど。

つわけで、この『理論と出来事』7巻4号所収のホッブズ政治=神学論「強い主権、弱いメシア」を読もうと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]