忍者ブログ

最近、というか、学校があるときは、日々の授業やらペーパー書きやらテストの準備やらのため、まさに「追われるように」しか活字を読んでいないので、テストが終わったら、つれづれなるままに、何の目的もなくゆっくりページを繰ろうと思っている。そんな「来るべき無為なる読書」のための、候補。

  • ギリシャ悲喜劇
    「無為なる読書」にはやはりフィクティヴなものが向いている。さいわいにして、このあいだ届いた『西洋の名著』には、そうしたフィクティヴなものが相当数収録されていて、なかでも、読もう読もうとずっと思いつつまとめて読む機会がなかったギリシャ悲喜劇が1巻にまとめられているので、ありがたい。

  • 史書
    これも、『西洋の名著』にけっこう所収されている。ヘロドトス・トゥキュディデスからはじまり、プルタルコス・タキトゥスをへて、ギボンにいたる西洋史書の大伽藍。上で「無為なる読書にはフィクティヴなものが向いている」と言ってしまったが、こうした「史実」をただひたすらに記す史書というのも、無為なる読書にうってつけだ。

  • Édouard Bourciez, Élément de linguistique romane , Klincksieck
    ロマンス語論の基本書。「ロマンス語」とは、フランス語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・ルーマニア語の「ラテン語直系」の語族を言うが、そのうちのいくつかの言語を知ってるものとしては、やはりこれらの語族の俯瞰図も知っておきたい。

  • Evert Willem Beth, The Foundations of Mathematics , Elsevier
    おなじみエルセヴィアの「黄色い本」シリーズの1冊。741ページというヴォリューム、各ページに躍る数式と言うと、ほとんど「無為」どころの騒ぎではないように思うかもしれないが、そうしたものを「無為」に読むのがまた愉楽。



他にも候補はいろいろと脳裏をよぎるが、きりがないのでここら辺で止めておく。ともあれ、いずれの本も(最初に挙げたギリシャ悲喜劇を除けば)、どこから読んでもよく、そしてどこで止めてもいい、そんな本たちである。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/19 Acompanhantes de luxo no Rio de Janeiro]
[08/18 writing services company reviews]
[08/17 www.linux.co.uk]
[08/17 人気ブランドBagssjp,楽天市場 海外ブランド 腕時計bagssjp]
[08/17 http://www.flyblind.com]
[08/16 名無権兵衛]
[08/16 mezaninos em curitiba]
[08/15 ロレックスコピー]
[08/15 h0mepage.net]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]