忍者ブログ

内田の研究室経由で知った。今日の朝日の朝刊に載っていた記事らしい。元ネタはリベラシオン

で、「パリ症候群」とは何ぞや、というと、希望を抱いてパリに留学したはいいけど、何やかんやに適応できずに陥っちゃう鬱病みたいなもん、らしい(「パリ」限定なのかね?)。以下、朝日の記事を内田の研究室より孫引き。

診察者の73%は女性で、20代、30代が突出する。バブル経済期には、仕送りは多いが、学習意欲が低い女性が大挙留学し、言葉の壁に跳ね返される例が相次いだ。いま危ないのは転職志望の女性たちだ。仏語を身につけ、服飾や旅行、メディア関係の『パリらしい』仕事をしたい。そんな夢想を抱いた人たちがこの街に来て打ちひしがれる。

(強調ははやしによる)


「学習意欲が低い」って、そんなやつ留学すんなよなあ。そりゃ打ちひしがれもするよ、って感じだけど、さらに、彼女たちが主に訴えることってのが、

「フランス人たちは私のフランス語を笑っている……」

「私はフランス人から好かれていない……」

「フランス人にバカにされているような気がする……」


つーことらしいんだけど、「気がする」って、いや、ほんとにバカにされてんじゃないのか?

ところで、サンタンヌ病院の人がコメント寄せてるんだけど、サンタンヌってラカンがいたとこだよね? あと、アルトーも入院してたことがあるはずで、そんなとこの人がコメント寄せてるってことは、「パリ症候群」に罹った人がサンタンヌに来院しているってことで、てことは、症状もほんとに「重篤」ってことか。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
TBありがとうございます。

そもそも外国人が綺麗なフランス語を話すことをフランス人が期待してるのだろうか?と。「今から言うのは理不尽なことだけどなー!お前ら逆に日本語話してみろよ!」と言い返せる程度に鼻っ柱が強くないと海外生活って難しいのかもしれません。
koz 2005/02/02(Wed)22:27:00 編集
kozさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

いやあ、あいつら意外と外国人も流暢なフランス語話すこと求めてきたりしません? で、そのくせ自分が日本に来てろくに日本語しゃべれなくっても全然恥じるところなく泰然としてたり……。

まあ、何にせよ、そういう鼻っ柱の強さというか、同じレヴェルで自己主張していかないと、厳しいのかもしれませんね。
はやし 2005/02/03(Thu)09:29:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]