忍者ブログ

最近、まともに本を読む時間すらないさなか、若島正の『ロリータ、ロリータ、ロリータ』を少しずつ読み進めているのだけど、「小説」と名指される文章群を読む、という行為について、あらためて考えさせられる。

おれは、「小説」と名指される文章群の、その全体構造(荒っぽく言えば、いわゆる「あらすじ」と呼ばれてまとめられうる部分)を捉えるのがひじょうに苦手であり、それがゆえにか、そういう「筋」的な部分はどうでもいいと思っているのだけど、そういう「小説」の細部と細部の呼応関係、精確に言えば、呼応していると思しき部分に関しては、それなりに反応してしまう。ただ、そういう「呼応関係」の読み込みが、果たして「正当」な読みなのか、それとも、ほとんど「妄想」に数えられるような「深読み」なのか、自分でも分からなくなることが、よくある。しかし、ナボコフの一連の作品は、もちろん『ロリータ』も含めて、そういう「深読み」を安心して行使できる。

たとえば、『ロリータ』において、ハンバート=ハンバートがまだロリータに出会う以前の、まさに「大盤振る舞い」と呼びたくなるような細部の氾濫を思い起こそう。ここには、『ロリータ』のあとにつづく主題系が、惜しげもなくぶちまけられている。この、ロリータ本人にハンバート=ハンバートが出会う直前の記述の最後におかれる「まだつやつやと光っているプラムの種」に幻惑されることがなければ、『ロリータ』を読む意味などほとんどなかろう。こういう「言いすぎ」に聞こえかねない評言も、ナボコフの作品であれば言いすぎではない。そんな気がする。

ともあれ、上述の『ロリータ、ロリータ、ロリータ』(ところで、この書名で連ねられる「ロリータ」の数が、2でも4でもなく3なのはどうしてなのだろう? この理由はいくつか思い浮かぶが、そういう詮索ゲームは各自のたのしみにとっておこう)とあわせて、『注釈版ロリータ』も手に入れてあるので、細部に拘泥しつつ、ゆっくりとたのしむことにしよう。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/22 カルティエ 腕時計]
[05/22 グッチ 長財布]
[05/22 ブランド激安 時計 レディース]
[05/22 ブランド 財布 激安]
[05/22 BruceFUB]
[05/22 グッチ トートバッグ メンズ]
[05/21 カルティエ 6連キーケース]
[05/21 タグホイヤー 偽物]
[05/21 ブランド激安 時計 007]
[05/21 Мебель]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]