忍者ブログ

ネット上での知り合いが寄り集まって何かやろうぜ!と言いつつ、ほとんど各人のブログへのポータルとしての使い方しかされていないAfter the Last Skyを、見た目だけではありますがこんな感じにリニューアルしようかな、と(旧ヴァージョンはこちら)。

御覧のとおり、タイトルページはそうとうええかっこしいですが、実ページは無骨きわまりないもの、となっております。

ご意見ご感想等、ございましたらぜひお聞かせください。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
俺の脳みその中の絶えず後退するニューロンのようだ。
英司 2007/03/06(Tue)21:31:00 編集
「この枠の中に実の成る木を書いてください」っていわれて、はやしさんが書いた絵なんですか。? もしそうなら、ちょっと、ヤバイですよ。
リーマン侍疲て候 2007/03/06(Tue)22:31:00 編集
トップページは荒涼とした海と空、モノクロのかすれた画像、虫喰いのようなタイプ様のフォント…。っていうイメージを持ってたから、近いものは感じるんだけどもうちょっと開けた空っていうかスペースが欲しい気がする。

文字だけの「実ページ」はいい感じだな。
ブログ部分は、更新されたものがトップにくるように(位置の変更は簡単だろから。)できないかな?

「何かやろうぜ!」と言いつつ、この何年かの間たいしたことは出来なかった…。

何かやるか?

例えば、ハイアラーキー的ではないかたちで組織化された生産装置、のような。なんらかの「価値」を産み出し、市場にその生産物を提供できるような…。
(フニャコの漫画とか、「赤い旅団Tシャツ」とか…)
宮本浩樹 2007/03/06(Tue)22:45:00 編集
木の枝というのはほんと、ニューロンみたいですよねえ。つうかじっさい、ニューロンのあの部分は「樹状突起」っつうんですもんね。似てるわけだ。
はやし 2007/03/07(Wed)01:14:00 編集
枯れ木なんで実はならないでしょうねえ。
はやし 2007/03/07(Wed)01:15:00 編集
「ちょっと開けた空っていうかスペース」というのは、もうすでにあるではないの。とはいえ、トップページの画像は、できればちょこちょこ替えていこうとは思っているので、いつかは宮本さんのイメージどおりのものが登場するやもしれません。つうか、べつにおれだけが作る理由もないんで、宮本さん(に限らず、みんな)も作ってみてはどうでしょう。

で、一番最近に更新されたブログが先頭にくるように、という要望だけど、じつはおれもそれは考えていたんだけど、言うほど簡単なことではないので、今回は見送り。ゆくゆく実装できればな、とは思っとります。

「何かやろうぜ!」の「何か」に関しては、べつにむりくりに考えてやるようなことでもないので、それこそ自生的に。おれ個人としては、組織化されておらず、そして「価値」なんてものがなくても、やりたいことをやればいい、と思う。
はやし 2007/03/07(Wed)01:32:00 編集
「何かやろうぜ!」の「何か」が浮かばない。近代成熟社会においては発想できたけれどもそれ自身はもうパテントの支配下で日向でも浴びながら寝そべっている。
では「何かやろうぜ」の「何か」は「徹底した消費者」でもいいと思うんですよ。何も生み出さない、完全消費者という有閑階級論に徹する。

ただ、「徹底たし消費者」はここでまた消費には金が必要で、僕の大切な時間の大半をむむさぼり食べる「労働市場」に強制連行されるという、それこそ「永劫回帰」状態になってしまう。つまり「永劫回帰」を苦に思わない「超人」にいい意味で成り下がることでしか選択肢はないのか?

今そうではないとおもう。実際に、こうしてはやしさんなどが、バーチャルな「場」を提供している意味(きっとはやしさんのことだから、好きだからやってるだけなんてコメントが帰ってくるはずw)をもう一度考えて、とにかく「人生の暇つぶし」をしていこうと思った。
英司 2007/03/08(Thu)13:03:00 編集
「何かやろうぜ!」が集団に対する問いかけなら、思い浮かぶのは、例えば「スティング」みたいな完全無欠の詐欺とか、ひたすらトンネル掘って……。んな事かな。
Sita 2007/03/08(Thu)14:36:00 編集
「人生の暇つぶし」ってのは、けっして後ろ向きに、ある種のニヒリズムを漂わせながら言うのではなく、最大限肯定的に言われ、そして実践されるべきもの、としてぼくは捉えています。そして、「暇つぶし」というものは、第一義的には「たのしみ」を与えてくれなければどうしようもないわけですから、立派な理念やお題目なんかは、はっきり言って二の次三の次、というものです。

もちろん、何らかの理念を抱いたり、ということは、とりたてて批難されるようなことではありません。ただ、それがある種のゾルレンとして、つまり「ねばならぬ」の強迫として身に迫ってくるとき、とてもじゃないが重苦しくてやってられない、ということにもなる(こうした事態を、ニーチェなら「重力の魔に取り憑かれている」と言ったことでしょう)。

そうした「重力の魔」から「逃れる」というのではなく、それすらも「たのしみ」に転化させるような、そういう「たかが暇つぶし、されど暇つぶし」を提供できれば、これに過ぎるよろこびはありません(って、こんなこと言ってると、それこそ「ミイラ取りがミイラに」だよな……)。
はやし 2007/03/09(Fri)05:07:00 編集
「トンネル掘って」と言えば、ベッケルの『穴』ですよなあ。あのラストシーンは、何度観ても(って言うほど観てないけど)ぞーっとする。
はやし 2007/03/09(Fri)05:15:00 編集
ものすごく個人的にですが、タイトルページというのは1クリック分余計なだけのような気がします(よく言われていることなので分かった上でやっているのだとは思いますが)。
ところで、こういうのに登録されるというか名前をよせることって、何か連帯意識なり集団帰属意識なりみたいなものがあって微妙に苦手な気持ちもあったりするのですが、それはそれでくだらない感情なのだなぁとか、いろいろな気持ちが逡巡していたり。
長谷部 2007/03/10(Sat)23:44:00 編集
じつはおれも、無意味にトップページがある、というのはそれほど好きではなくて(じじつ、ここでリンクしてあるATLSのページは、くだんのトップではなく実ページ、となっています)、でも、こういうのもありかな、とも思うので、そこいら辺はリンクしてくれる人の一存、ということで、一応作っておきました。

で、長谷部さんのとこを勝手に加えちゃいましたが、まあネットのリンクというものの性質上、それはぐっと堪えてもらう、ということで(というか、じつは、おれがいつも見ているところの更新状況が一望できるといいなあ、というだけのことで加えちゃってたりするのですが)。ただ、こうされてあることが気になって気になってしようがない、ということであれば、もちろん外しますので、ご一報を。
はやし 2007/03/11(Sun)23:40:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/19 Acompanhantes de luxo no Rio de Janeiro]
[08/18 writing services company reviews]
[08/17 www.linux.co.uk]
[08/17 人気ブランドBagssjp,楽天市場 海外ブランド 腕時計bagssjp]
[08/17 http://www.flyblind.com]
[08/16 名無権兵衛]
[08/16 mezaninos em curitiba]
[08/15 ロレックスコピー]
[08/15 h0mepage.net]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]