忍者ブログ

「わたしはひとつの他者である」ととりあえず訳される、ランボーが「見者の手紙」でなした発言をめぐって書かれたものはおうおうにして、ちょっと読むにたえないな、というものだったりする。いまここで具体的に、そうした「読むにたえない」ものを名指すことはしないが、これまで上述のランボーの発言に触発されて書かれたものを読んだ経験を総合して、そう思う。

そうした書きものでまずたえられないのが、「わたし」というものを「ひとつの他者」として放逐したように見せかけて、しっかりとその「わたし」がそこには残ってしまっていることだ。うがった見方をすれば、そういう人たちは、いま現にそうである「わたし」にどうも満足いっていないふうであり、そうした満足のいかない「わたし」を「ひとつの他者」として「わたし」から切り離しつつ、そういう身振りをする「わたし」をどこかで救おうとしている。

そういう人たちはたいてい、このランボーの発言を日本語だけでとらえ、原文に見られる「〜である」を表す動詞êtreを一人称suisではなく、三人称estに活用させているという事実を無視している。どういう捉え方にせよ、この点についてふれなければ、この発言についてあれこれ言う意味はまったくなく、上で述べたようなものは、せいぜい"Je suis un autre"という発言にふれた感想であり、ランボーの射程にはほど遠い。

それでは、ランボーはじっさい何を考え、suisではなくestを用い、Je est un autreと書いたのか? プレイヤッド全集版編者のアントワーヌ・アダムによれば、この発言はロマン派的な考え方、つまり忘我や無我といったものから切り離して解釈するべきではなく(じっさいランボーのこの発言は、ランボーがロマン派を評するなかで言われている)、そうした境位における「人がものと融合する」ことを表している、とされる。

ただ、そのような解釈では、同じくこの「見者の手紙」で出てくる「永きにわたって、甚大に、熟慮のうえでなされた、全感覚の変調」という部分と、全体として整合しないように思える(ちなみに、この部分に関しても、「熟慮のうえで」という箇所を考慮にいれず、「全感覚の変調」という部分だけ取り上げられることが多いように思う)。そのうえ、この解釈は、ランボーが"je"(わたし)という単語を、文中にもかかわらずキャピタライズして"Je"と書いている事実(ネット上で読むことのできる「見者の手紙」でも、この"Je"は"JE"などのように強調するように表されている)に関してふれるところがない。

ここで、文脈を無視した暴論(その意味で、これから言われることは、上で批判を差し向けたような「原文無視」のそれらと、ほとんど変わるところはない)を言ってしまえば、このように文中でキャピタライズして言われる"je"は、「言葉としてのわたし」なのではないか、と思われる。もちろん、この"Je est un autre"が言われる直前で、「自分がラッパであることに気づいたブリキ」の喩えが言われているように、文脈に沿えばこの"Je"はふつうに言われる「わたし」ではある。だが、ランボーは、そうした「わたし」を念頭においた発言の裏で、「わたし、なんて言っても、それはたんなる言葉に過ぎず、そこには『わたし』なんていやしねえんだ」と言っているように思えてならない。

だから、ランボーのこの発言にふれて「わたし」を救おうとする彼ら彼女らにしても、そこで「救われる」のはあくまで「言葉としてのわたし」に過ぎず、そう考えるとそうしたナルシスティックな文言にふれてしまった不快感も少しは和らぐ、というものである。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]