忍者ブログ

先ほど、と言っても数時間前、昨日チャット大会をやらかしたにもかかわらず、また、シータさん、そして永遠小僧さんという面子でチャットをしてたときのこと、おれが「逃避行動の一環としてひさかた小説でも読もうと思うんだけど、何かオススメある?」と聞いたら、永遠小僧さんが「ピンチョンの新作は注文済み?」と言ったので、ああ、そういや新作出るんだったな、と忽然と思い出し、チャット終了後しばらく、その新作Against the Day (12月発売という予定が早まって、もうすでに入手可)に関しては言うに及ばず、ひろくピンチョン一般に関する情報集めにネットを逍遥していた。

それにしても、ピンチョンというのは特異な作家だ。だいたい、その存在が疑問視されているところからして真っ当ではない。世に知られた写真はほんの数葉、卒業したはずのコーネル大学に在籍記録はなし、その作品自体に詰め込まれたマテリーの雑多さが呼び起こした「こんなもん、一人で書けるわけない」という評価が相俟ってかような風聞が出てきたのだろうが、ともあれ、何だかよく分からないながらも「らしいな」と思わせてしまうところがこのエピソードにはある。

そういう「ゴシップ」的なものに加え、その作品自体も、というか、その作品こそがピンチョンという作家の「特異性」をよく表している。アメリカ文学界においてその作品は屹立している、と言うと何かヒロイック過ぎてそぐわぬが、事実、それら作品群が名実ともにClassicな位置を得ているにしても、というか、であるからこそなお一層、それら作品群にはout of placeな感じを受けてしまう。初期の短編(『スローラーナー』)から始まって、「あの」という形容辞を付けるにふさわしい『重力の虹』を経て、ややレイドバックした、とはいえそれでもエクストラヴァガンザなMason & Dixon まで、それぞれの作品の風味はまったくと言っていいほど違えど、「ポリフォニー」なんていう言葉がきれいごとに聞こえるぐらいの雑多さと猥雑さが依怙地なまでにつらぬかれている。

そんな「雑多さ猥雑さ」が今回のAgainst the Day では行くところまで行ったという観がある。くわしくは、ここで読めるピンチョン自身の紹介文を読んでほしいが、ニコラ・テスラ、ベラ・ルゴーシ、そしてグルーチョ・マルクスがゲスト出演する小説が、「ぴーんと一本筋の通った小洒落たもの」だとはとても思えない。重複になるが、この小説があつかう時代と場所を先のピンチョンの紹介文から引けば、「コロラドの労働問題から世紀変わり目のニューヨークに、ロンドンからゲッチンゲンへ、ヴェネチアからウィーンへ、バルカン、中央アジア、謎のツングースク隕石事件のシベリア、革命期メキシコ、戦後のパリ、サイレント時代のハリウッド、そして厳密にはまったく地図に登場しない場所」とのことだから、何をか言わんや。

つか、ツングースカ大爆発事件!?

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
ピンチョンは挫折したなー。面白いと思ったのは文庫のスローラーナーに所収の「秘密のインテグレーション」くらいで、私のノウミソではおっつきませんでした。
ともあれはやしさんが小説なんて!感想プチ期待です。
めむひ 2006/11/27(Mon)22:19:00 編集
ツングースカ大爆発事件の『事件』に突っ込むべきなんだろうかとしばし思案
めむひ 2006/11/27(Mon)22:26:00 編集
いやあ、「ピンチョンはいつも読みかけ」というのが読書人としての正しい姿でしょう(ほんとか)。で、かく言うおれも、「ちゃんと読んだ」と言えるのは『スローラーナー』と『競売ナンバー』ぐらいなんで、ほんとはこういうエントリ自体投下するのはどうか、なんだけど、恥知らずにも書いてみました。

あと、「ツングースカ大爆発事件」、これねえ、そもそも山形先生ヴァージョンの「ツングースク隕石事件」ってのが引っかかって、たしかに、あの「事件」は隕石どーのこーのって話があることも知ってはいるけど、一般には「ツングースカ大爆発」が通り名でしょー、てな具合で、とかなんとか。

で、おれだって小説ぐらい読もうと思うときぐらいありますよ! ただ、いつも読もうと「思うだけ」でじっさいに行動に移されることは少ない……んで感想もあまり期待しないでください!
はやし 2006/11/27(Mon)22:42:00 編集
ピンチョンの重力の虹はいつかは原文で…と思ってますけど、邦訳の競売ナンバーも積んでる状態なんで相当先になりそう。てか、新作出るんですね。まだ書いてたことに驚き。
長谷部 2006/11/27(Mon)22:50:00 編集
昔、確かピンチョンだったと思うんですが、「ヴァインランド」というドデカイ本があったと思うんですがが(間違ってたらごめんなさい)、部屋のどっかに埋もれてます。
ジャック・どんどん 2006/11/27(Mon)23:16:00 編集
『重力の虹』を原文で、脅すわけじゃないですけどけっこうキツいですよお。おれ自身、大学入りたてぐらいのときにトライしましたけど、100ページも進まぬところで討ち死にしました。何か、こう、全体の絵が見えづらい感じで。
はやし 2006/11/28(Tue)21:18:00 編集
『ヴァインランド』、ピンチョンっすね。つうか、今アマゾンで確認して知ったんですが、「併読用栞ひも2本付き」というのがいいですね!
はやし 2006/11/28(Tue)21:20:00 編集
さきほどポストを覗いたら、重力の虹きてました!多分もっとはやくきてたんでしょうけど、ポストあんまり覗かない人なので気付くのおそかったですが、本当ありがとうございます。邦訳入手して、読み比べながらよんでみようかな。でも下巻がすごくプレミアついてるし、なんかこの前のエントリのこともあって、新訳か何かがでるんじゃないかとも思い、とりあえず上巻だけ注文してみました
長谷部 2008/02/18(Mon)10:42:00 編集
あ、無事届いたか。よかったよかった。何ぶん、去年末に帰国して、また年始にこっちにとんぼ返りという感じだったから、自分で送れず、「本がごろっと届いただけ」という無骨さだったろうけど(ほんとうはちこっと一筆添えたりなぞできればよかったのだけど)、まあ、ものが手に入れば基本的にはオッケーだろうので、いいことにしよう。

にしても、ほんと、下巻の古書価高騰ぶりには、おどろくを通りこして、あきれるよね。まあ、光文社古典新訳からかどうかはともかく、佐藤(良明)さんの新訳が出ることを祈りつつ、読み進めてください。もし、翻訳と対照させても分からんとことかあったら、読書会のほうにページ作って書いておいてもらったりすると、おれもいっしょにたのしめていいかもしんない。
はやし 2008/02/18(Mon)23:57:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24
27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]