忍者ブログ

昔ヘーゲル全集を定期購読していたとき、「よくこんなものを定期的に買って読むねえ」と言われたので、「ジャンプとかを毎週買って読むようなもん」と応えたら、「やな感じ」と言われたのだが、じっさいそうなのだからしょうがない。おれにとって哲学書や哲学研究書、とくに大陸系のそれは、ほとんどマンガのようなものだ。

マンガ、というのは、ほとんどマンガを読まないおれの偏りまくった思いこみで言うと、一時を楽しく潰せればいい、そんなものだ。ときに、そうしたマンガから一生を左右するような影響を受けたりするかもしれないが、それはそれ。基本的には「あー面白かった」でいいのである。

それは哲学書や哲学研究書でも同じこと。そこから心胆を寒からしむる衝撃を受けることもないではないと思うが、「へー」とか「ふーん」とか、ときには「んなアホな」とツッコミをいれながら面白く読めればそれでいい。

そんなふうな哲学(研究)書たち。

  • Avec Spinoza (Pierre Macherey, PUF)
    言わずと知れた『資本論を読む』の共著者マシュレによるスピノザ研究本。マシュレのスピノザ本としては『ヘーゲルかスピノザか』が有名だけど、これはけっこう最近出た、スピノザに関する書き物を集めたもの。スピノザのテクストそのものを読み解く第一部と、「スピノザと〜」というふうに他の哲学者との比較対照をする第二部に分かれている。その第二部では、ラッセル、ハイデガー、アドルノ、フーコー、ドゥルーズ、ネグリなんていう名前が見える。

  • Etudes leibniziennes (Yvon Belaval, Gallimard)
    これも上のスピノザ本とほとんど同じような構成で、ライプニッツ自身の概念について書かれた部分と、ライプニッツと誰かの関係について書かれた部分からなる。ただ、一番面白そうなのは、最後に付け足しのように添えられている、ライプニッツを介した計算機論、そして音楽論だな。

  • La philosophie de Gilles Deleuze (Jean-Clet Martin, Payot)
    これはたしか訳本を持っていたはずなのだが……読んでない。今回買ったこれはポッシュ版で携行も楽チンなので、ちゃんと読んでみよう。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/19 Acompanhantes de luxo no Rio de Janeiro]
[08/18 writing services company reviews]
[08/17 www.linux.co.uk]
[08/17 人気ブランドBagssjp,楽天市場 海外ブランド 腕時計bagssjp]
[08/17 http://www.flyblind.com]
[08/16 名無権兵衛]
[08/16 mezaninos em curitiba]
[08/15 ロレックスコピー]
[08/15 h0mepage.net]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]