忍者ブログ

本本本本本……何でこうも、本に関する話題ばかりなんだ! おれは音がらみのエントリが書きたいのに!(って、本に関することが、一番イージーに書けるしね、って理由は分かってるのだ)

つわけで、まずは和物。

  • 物理学者、ウォール街を往く
    これはねえ、元本が出たときから何となく気になってたんだけど、値段とその気になり具合を比較した結果、買わずにスルーしていたもの。で、去年暮れ、その気になり具合とまあまあバランスする値段で翻訳が出たんで買ったんだけど……買った直後ブクオフ行ったら速攻で棚に並んでた……よくあるけれど、悲しい話です。
  • ベン・バーナンキ
    言わずと知れたFRBの新議長バーナンキ本。「日銀の幹部どもは一人を除いて全員クズだ!」とか、こういう身も蓋もない発言って、おれは好きだな。それはともかく、こういう本って、往々にして信用の置けないものだったりするんだけど、この本に関しては大丈夫でしょ。
  • 萌える男
    正直、この手の話はあんまり興味がないんだけど、ま、一応。
  • 教養としての〈まんが・アニメ〉
    興味がないついでに、もう一冊。というか、この本で紹介されているラインの〈まんが・アニメ〉(何で、こういう風にギュメが使ってあるんだろう?)は、おれもそれなりに教養のあるものだった。
  • 自我の哲学史
    「本当のことを言えば、どーでもいいことを扱った本」第三弾。ただ、この手の議論は、枝葉の部分がけっこう面白かったりする。

あと、なぜだか日経文庫を相当量買ったんだけど……それは、ま、いいでしょ。つわけで、お次は洋物。

  • A Passion for Ideas
    「いかにしてクリエイティヴな人たちは、新しきを見つけ、そしてわれわれの世界を形成するのか」とのことですが……取り上げられてる人たちがグリーナウェイやフォーサイスといった、何とも「ヌルい」人たちで……ま、そういうもんですかね。
  • Casual Lex
    Casual Sex じゃないぞCasual Lex だぞ、とあらかじめ釘を刺しておきますが……日常普通に目にする単語や言い回しに関する小ネタ集。BLOG っつーのもちゃんと載ってました(が、あんまおもろない記述)。
  • PHP and MySQL
    もう一冊ぐらいPHPとMySQLをからめた本持っときたいなあ、ということで、小一時間ほど色々見比べた結果、一番安かったこれに決定。だって、どれもこれも、あんま変わんないんだもん。
  • Structure of Economics
    立ち読みしてたら、その語り口の軽妙さと、数理的フォーマリスムのごり押し具合に巻擱く能わざるという事態になってしまい、已む無く購入。それなりに有名な中級(上級?)ミクロの教科書、ですかね。

何か忘れてるような気もするけど……ま、こんなもんで。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
はやしさん
バーナンキが言った >日銀の幹部どもは一人を除いて全員クズだ!
の「一人」って誰のことなのでしょうね。とても気になります。もし、ご存知でしたら教えてください。バーナンキのことですから、インフレ容認派かと思いますが、頭にビンと浮かびません。
原作たそがれ清兵衛 2006/01/25(Wed)21:09:00 編集
原作たそがれ清兵衛さんがご賢察の通り、「一人を除いてクズ」の「除かれた一人」は、六名から構成される日銀の金融政策決定審議委員の中で唯一インフレターゲット(なお、ごく些細な事ながら、インフレターゲットというのは「インフレ容認」とは違います)を唱えた中原伸之さんです。中原さんはイラク人質事件のときもバランスの取れたことを言っていて、おれは好印象を持っています。
はやし 2006/01/25(Wed)21:44:00 編集
それから、ついでですが、エロオヤジの特徴というのは、他人(まあ、若い人)から、「エロ」い、オヤジして「濃い」などの指摘を受けるまで、当の本人が、その事実に気がついていないことです。少なくとも私の場合はそうでした。w
原作たそがれ清兵衛 2006/01/26(Thu)01:04:00 編集
あ、現行の日銀の委員かとばかり思っていました。よくも、まあ現行の日銀に対して次期FRB総裁がこんな暴言を吐けるものだなと、ちょっと勘違いしてました。それで、ちょっと安心しました。中央銀行同士が、真正面からいがみ合うってのは、絶対に良くないことですので。
インフレターゲットについては、未だに私は日銀の主流派の肩をもっています。しかし、まあ、バーナンキがいうインフレ下のインフレターゲットってのは、分からなくもないのですが、デフレ下でインフレターゲットって、どうするのでしょうかね。未だに、その手法について、私は理解できていません。債券買いまくって、それで、駄目なら、株、土地買って、それで駄目ならどうするのか未だに疑問です。多分、家電製品でも買えって世界だと思いますが、そうなると江戸時代の藩札の世界に逆戻りですしね。
バーナンキが言う、インフレ下のインフレターゲットってのは、出来なくもないのでしょうが、しかし、「インフレ」だけでなく、その率にまで、中央銀行がコントロール可能か、また、責任を負わなくてはならないことなのか疑問です。
まあ、3%くらいのインフレ率が未来永劫 続いてくれたら、誰も文句は言わない理想状態でしょうが。
今度は、ちょっとだけ中原さんの肩をもたせてもらいますが、ちょっと量的緩和の解除を、今の日銀は急ぎすぎだと思います。
実際に、中原さんの ゼロ金利解除に対する速水総裁批判は当たっていたと思います。
今の日銀は、量的緩和の解除を、アナウンスしてからの、国債と株の値動きを見て、「これなら大丈夫」って感じで思っているのでしょうが。
小泉―竹中路線の、財政「渋ちん」路線を続けるなら、「かなりの」緩和状態を続けたほうがいいと思っています。
原作たそがれ清兵衛 2006/01/26(Thu)12:50:00 編集
はやしさんのコメントを読む限り、宮本さん、もしかして、マジレス書いていたんですか?やっぱ、俺、どうしても、宮本さんの書いておられる内容だけは、どの程度マジなのか未だに読めないです。しかし、マジにしろネタにしろ、エロオヤジ疑惑は免れないでしょう。これで、エロオヤジトリオ?
原作たそがれ清兵衛 2006/01/26(Thu)12:58:00 編集
書くところ 間違えました。すいません。
原作たそがれ清兵衛 2006/01/26(Thu)12:59:00 編集
えーと、バーナンキがこの「ジャンク発言」をしたのは2002年とのことですから、当時としてはまんま「現行の日銀」に対して発せられた「暴言」ですね。しかも、こうしたバーナンキ発言もあってか(というか、あるに決まってる)、未だに日銀としてはバーナンキのことを快く思っていないみたいですね。ま、当たり前っちゃ当たり前ですが、それもこれも「身から出た錆」じゃないでしょうか。

それで、バーナンキの言うに限らず、インフレターゲットというものは、実際にインフレになるかどうかはともかく、「インフレにするぞ!」という中央銀行の宣言のもと、それに向けた各種オペレーションをしていく、という、ある意味「心理戦」みたいなところがややあって、確かにそれはそれでどうだろう、と思わないでもないんですが、ただ、かの有名な「バーナンキの背理法」を見る限り、デフレ下でもインフレに持っていけることは、十二分な論理的整合性を以って示されている、と思います。「そんな論理的整合性だけで経済が動くか!」という批判もあるようですが(ぼくはこういうことを言う人たちを「経済政策的ニヒリスト」と呼んでいます)、逆に、ロジカルにオペをしないとすればじゃあどうすればいいのか、聞いてみたい気もします。

また、「『インフレ』だけでなく、その率にまで、中央銀行がコントロール可能か、また、責任を負わなくてはならないことなのか」とのことですが、これは日銀法にも明記されている、「中央銀行の責務」に他ならなくないですか?

何にせよ、現在の福井日銀も、当初予想されていた速水路線継承どころではなく、ほとんどまんまインタゲ路線で、ま、納まるところに納まるのでは、と思っています(そうは言っても、諸々が軌道に乗るには、それなりの年月が要るでしょうが)。
はやし 2006/01/27(Fri)01:51:00 編集
確かに、宮本さんの書込みというのは、一読それがネタなのかマジなのか分かりづらいものではありますが、基本的にぼくはすべて「マジ」として受け取っています。ただ、そういう見極め難い書込みというのは、往々にして酔っ払って書いている、との証言もあり、どうしたもんかな、ではありますが。

にしても、原作たそがれ清兵衛さん、本当に言われるまで、「濃い」というのはともかくとして、ご自分の書込みが(時として)「エロ路線」である、との自覚がなかったんですか? もし、本当にそのような自覚がなかったとすれば、それはそれで洵に慶賀すべきことだ、と思います。
はやし 2006/01/27(Fri)02:00:00 編集
あ、厳密に言うと、これほどエロいと、みんなに思われているとは思っていなかっただけってことです。つまり内容的に、笑い>エロ だと自分では思っていたのが、実は指摘されてエロ>笑い って気づいたってことです。

すいません。
>かの有名な「バーナンキの背理法
って、知らないので、どこか書いてあるところでも教えていただけると幸いです。
原作たそがれ清兵衛 2006/01/27(Fri)02:11:00 編集
「ちなみに、バーナンキの背理法、およびインフレターゲット=リフレ経済政策については以下を参照」という文言、およびURLを入れ忘れました。ここです。
<a href="http

で、原作たそがれ清兵衛さんの書込みが「笑い>エロ」なのか、「エロ>笑い」なのか、ちょっとぼくには判断が付きかねますので……誰か公平中立な第三者(って誰じゃ!)にジャッジを委ねたい、と思います。
はやし 2006/01/27(Fri)02:27:00 編集
Νight family devottions were prߋbably the most necheѕsary elements of Lee and Larry?s day.
Daddy learn part of the ѕtory of Jesus coming
at Christmkɑs whiсh is where he learn yeaгly throughοut December
so thеy would know the true motive for Christmas,
to rejoice the birrth of Jesus. At the finish of it, Lee requested,?Daddy, did Jesus get a party yearlу
with presents and a ⅼown too?
http://www.linux.org URL 2017/08/12(Sat)08:45:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/17 www.linux.co.uk]
[08/17 人気ブランドBagssjp,楽天市場 海外ブランド 腕時計bagssjp]
[08/17 http://www.flyblind.com]
[08/16 名無権兵衛]
[08/16 mezaninos em curitiba]
[08/15 ロレックスコピー]
[08/15 h0mepage.net]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[08/15 韓国コピー]
[08/15 ブルガリ時計]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]