忍者ブログ

今日本屋をうろついてたら、この間ちろっと紹介したマラブーの『ヘーゲルの未来』と並んで、『ヘーゲル論理学の真相』、『「資本」の方法とヘーゲル論理学』という本が平積みにされていた。

まあ、これきしのことで「ルネサンス」なんてのは「騒ぎ過ぎ」の謗りは免れ得ないだろうし、むしろ「ヘーゲル・ルネサンス」という名に相応しかったのは、長谷川宏が立て続けにヘーゲルの新訳をぶち放っていた頃(訳書じゃないのも混ざっちゃってるけど、許してくれい)であるとも言え、そもそも、ヘーゲルぐらいのビッグネームになると、「ルネサンス」も糞もなく、「ずーっと現役」な感じもするので、このエントリ名はやはり「看板に偽りあり」だろう。

それはともかく、おれは加藤尚武のこの本を読んだからか、どうしてもヘーゲルのことが嫌いになれず、高校から学部生にかけてヘーゲル全集を定期購読し、「ポストモダン」なやつらを相手にヘーゲル擁護の論陣を張っていた。

そうした挙措には、若いときにありがちな、「人と違うことをしてやろう」といった「ひねくれ要素」が作用していたことは否定できず、全集を読んでいるときも決して「異議なし! 全肯定!」だったわけではないのだけど、そのときから今に至るまで、ヘーゲルの、特にその弁証法の何がそんなにいかんのか、ということがよく分からないままでいる。

確かに弁証法というのは、「最初に結論ありき」といった風の、アドホックかつご都合主義的な理屈なのかもしれないが、それを言ったら理論、特に人文科学系のそれは多かれ少なかれそういうところがあるのではないか? そして、世間的に「ポストモダン」という呼称の下にまとめられることの多い人たちの「ヘーゲル(弁証法)攻撃」だって、その結果として何が残ったのか?と考えると、手放しに称揚できるようなものではない。

……って、こんなことを書くつもりは微塵もなく、「ヘーゲル本、それもその論理学についてのものが2冊も出てたよ!」という報告をしたかっただけなのだが……。

やはりおれはヘーゲルが嫌いではないらしい。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/24 時計スーパーコピー]
[06/24 スーパーコピーブランド]
[06/24 スーパーコピー日本時計]
[06/24 スーパーコピー日本時計]
[06/24 Michaeltob]
[06/23 cartier santos stainless steel for sale]
[06/23 cartier tank anglaise collection where to buy]
[06/23 偽物]
[06/23 日本時計スーパーコピー]
[06/23 日本時計スーパーコピー]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]